フォルクスワーゲン、先進機能を標準装備した「パサートヴァリアント」の限定車を発売

2017.08.30 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI エレガンスライン テックエディション」(パイライトシルバーメタリック)
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI エレガンスライン テックエディション」(パイライトシルバーメタリック)拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年8月29日、ステーションワゴン「パサートヴァリアント」に先進機能や安全装備、コネクティビティー機能を特別に標準装備した限定車「パサートヴァリアントTSI Eleganceline Tech Edition(エレガンスライン テックエディション)」を300台限定で発売した。

「パサートヴァリアントTSI エレガンスライン テックエディション」(マンガングレーメタリック)
「パサートヴァリアントTSI エレガンスライン テックエディション」(マンガングレーメタリック)拡大
デジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」が標準で装備される。
デジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」が標準で装備される。拡大
純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」ではジェスチャーコントロールが可能。
純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」ではジェスチャーコントロールが可能。拡大
235/45R18サイズのモビリティータイヤ(パンクしにくい構造を持つシールタイヤ)と、専用デザインの8J×18アルミホイール。
235/45R18サイズのモビリティータイヤ(パンクしにくい構造を持つシールタイヤ)と、専用デザインの8J×18アルミホイール。拡大

「テクノロジーパッケージ」などを標準装備

今回導入されたパサートヴァリアントTSIエレガンスライン テックエディションは、「TSIエレガンスライン」をベースに、ジェスチャーコントロール機能付き純正ナビゲーションシステム「Discover Proパッケージ」や、「TSIハイライン」以上のグレードでのみ選択可能な「テクノロジーパッケージ」などを標準で装備したもの。特別装備は以下の通り。

  • テクノロジーパッケージ(デジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」、ダイナミックライトアシスト、駐車支援システム「パークアシスト」、アラウンドビューカメラ「エリアビュー」、電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」)
  • Discover Proパッケージ(フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」<SSDナビゲーションシステム、VICSワイド対応、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジTV受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントロール、「Volkswagen Media Control」アプリケーション対応>、モバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」<コネクティビティー機能「App-Connect」、テレマティクス機能「Guide & Inform」>、リアビューカメラ「リアアシスト」、ETC2.0対応車載器)
  • ダイナミックコーナリングライト
  • ヘッドライトウォッシャー
  • 235/45R18 モビリティータイヤ/8J×18アルミホイール(専用デザイン)

販売台数は300台(パイライトシルバーメタリック:150台、マンガングレーメタリック:150台)の限定。車両価格は449万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
パサートヴァリアント, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • フォルクスワーゲンが新型SUV「T-Roc」を世界初公開 2017.8.24 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年8月23日(現地時間)、新型コンパクトSUV「T-Roc」を世界初公開した。フォルクスワーゲンにとって第4のSUVとなるT-Rocは、「ティグアン」よりもひと回り小さなボディーを持ち、成長著しいコンパクトSUV市場へと投入される。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI Rライン/パサートTSIハイライン【試乗記】 2015.7.16 試乗記 通算で8代目となる新型「フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント」に試乗。全方位的に進化して、実用性やクオリティーが一段と高まったというミドルサイズ“ワーゲン”のゴキゲン具合やいかに? 試乗会からの第一報。
ホームへ戻る