世界限定650台、「シボレー・コルベット」の65周年記念モデル登場

2017.08.31 自動車ニュース
「シボレー・コルベット グランスポーツCarbon 65 Edition」
「シボレー・コルベット グランスポーツCarbon 65 Edition」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年8月31日、「シボレー・コルベット」に特別仕様車「Carbon 65 Edition(カーボン65エディション)」を設定し、同年9月1日より注文を受け付けると発表した。

「コルベットZ06 Carbon 65 Edition」
「コルベットZ06 Carbon 65 Edition」拡大
 
世界限定650台、「シボレー・コルベット」の65周年記念モデル登場の画像拡大
 
世界限定650台、「シボレー・コルベット」の65周年記念モデル登場の画像拡大
 
世界限定650台、「シボレー・コルベット」の65周年記念モデル登場の画像拡大
 
世界限定650台、「シボレー・コルベット」の65周年記念モデル登場の画像拡大

今回のCarbon 65 Editionは、2018年にコルベットが誕生65周年を迎えることを記念した限定車。全世界で650台のみが販売され、日本市場にはそのうち「グランスポーツ」が5台、「Z06」が3台の計8台が割り当てられる。両グレードとも7段MTと8段ATが選択可能。

名前の通り各所にカーボンパーツが多用されるほか、内外装をさらにスポーティーに彩る装飾が随所にあしらわれる。また、センターコンソールにはシリアルナンバーを記したプラーク(バッジ)が装着される。

特別装備の内容は以下の通り。

【エクステリア】

  • 専用ボディーカラー(セラミックマトリックスグレーメタリック)
  • 専用フェンダーストライプ&ドアグラフィック
  • ブラックペインテッドマシングルーブアルミニウムホイール(グランスポーツ:“カップスタイル”、Z06:“ブレードスタイル”)
  • ブルーペインテッドブレーキキャリパー
  • ヴィジブルカーボンファイバーグランドエフェクト*(ヴィジブルカーボンファイバーフードインサート、ヴィジブルカーボンファイバールーフパネル&ブラックアウトルーフデカール)
  • ヴィジブルカーボンファイバーリアスポイラー&クオーターインテークダクト
  • カーボンファイバーホイールセンターキャップ
  • カーボンフラッシュバッジ*
  • カーボンフラッシュペインテッドドアミラー

【インテリア】

  • 専用インテリアカラー(ジェットブラック<スウェーデッドマイクロファイバーインサート付き>)
  • 限定車シリアルナンバー付きプラーク
  • ジェットブラックスウェードラップドインテリア(ブルーステッチ)
  • カーボンファイバーステアリングホイールリム&グロスカーボンファイバーインテリアトリム
  • コンペティションスポーツシート *(スウェーデッドマイクロファイバーインサート付き)
  • Carbon 65 Edition専用シルプレート

(*はグランスポーツに特別追加装備)

価格は以下の通り。

  • コルベット グランスポーツCarbon 65 Edition:1349万2440円(MT)/1366万2000円(AT)
  • コルベットZ06 Carbon 65 Edition:1576万0440円(MT)/1593万円(AT)

(webCG)

関連キーワード:
コルベット, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
ホームへ戻る