第59回:「EV化の流れは止まらない」のウソ

2017.09.19 カーマニア人間国宝への道

ディーゼルが消えるってホント!?

このように支払総額255万円にて3年落ち2.4万km走行の「BMW 320d」を買った不肖ワタクシですが、購読している日本経済新聞には、不穏なことばかり書いてある。

「英仏が2040年に内燃車の国内販売を禁止」
「中国も内燃車全廃の時期を検討中」
「止まらないEVシフト」

世界はEV化に向けて完全に舵を切っている。その発火点となったのはフォルクスワーゲンのディーゼル不正。EV化の進展によって真っ先に消えるのはディーゼルエンジン。そのような論調だ。

本当ですか!?

もはやディーゼルに未来はなく、EV化は誰にも止められない。そのように断言されているように強く感じる今日この頃ですが、これ書いてる日経の記者サンは、次は絶対EV買うって決めてるんでしょーか?

よく「充電設備がもっと充実すればEV化は進む」といった記事も読みますが、EVって自宅に充電設備があることが前提だよね。そうじゃないと、しょっちゅう充電スタンドで急速充電しなきゃならないから。急速充電は電池の寿命を縮めるともいうし(テスラは例外とも?)。

とにかく持ち家で自宅に車庫がないとEV化はムリっつーか「はぁ?」って感じなわけですけど、日本の持ち家比率は61%。うち戸建ては55%。61%×55%で、EV化は33%が目一杯つーことになる。

もちろん、EVの販売比率は現在まだ0.6%に過ぎず、それが33%になりゃ「EV化は止まらないぞワッショイ!」って感じだけど、日本も2040年に内燃車禁止! とか政府が言い出したら、それこそ「はぁ?」と言うしかない。

筆者の愛車“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
日本経済新聞では連日のようにEV化に関する記事が掲載されている。果たして、真っ先に消えるのはディーゼルエンジンなのか!?
日本経済新聞では連日のようにEV化に関する記事が掲載されている。果たして、真っ先に消えるのはディーゼルエンジンなのか!?拡大
BMWのディーゼルエンジンもなくなってしまうのか!?(写真=池之平昌信)
BMWのディーゼルエンジンもなくなってしまうのか!?(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • アウディが「RS 3スポーツバック/セダン」を2年ぶりに導入 2020.7.21 自動車ニュース アウディ ジャパンは2020年7月21日、ハイパフォーマンスモデル「RS 3スポーツバック/セダン」を再導入すると発表した。同モデルの販売は約2年ぶりとなり、RS 3スポーツバックは同年8月18日、RS 3セダンは同年9月15日に発売される。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
ホームへ戻る