第59回:「EV化の流れは止まらない」のウソ

2017.09.19 カーマニア人間国宝への道

ディーゼルが消えるってホント!?

このように支払総額255万円にて3年落ち2.4万km走行の「BMW 320d」を買った不肖ワタクシですが、購読している日本経済新聞には、不穏なことばかり書いてある。

「英仏が2040年に内燃車の国内販売を禁止」
「中国も内燃車全廃の時期を検討中」
「止まらないEVシフト」

世界はEV化に向けて完全に舵を切っている。その発火点となったのはフォルクスワーゲンのディーゼル不正。EV化の進展によって真っ先に消えるのはディーゼルエンジン。そのような論調だ。

本当ですか!?

もはやディーゼルに未来はなく、EV化は誰にも止められない。そのように断言されているように強く感じる今日この頃ですが、これ書いてる日経の記者サンは、次は絶対EV買うって決めてるんでしょーか?

よく「充電設備がもっと充実すればEV化は進む」といった記事も読みますが、EVって自宅に充電設備があることが前提だよね。そうじゃないと、しょっちゅう充電スタンドで急速充電しなきゃならないから。急速充電は電池の寿命を縮めるともいうし(テスラは例外とも?)。

とにかく持ち家で自宅に車庫がないとEV化はムリっつーか「はぁ?」って感じなわけですけど、日本の持ち家比率は61%。うち戸建ては55%。61%×55%で、EV化は33%が目一杯つーことになる。

もちろん、EVの販売比率は現在まだ0.6%に過ぎず、それが33%になりゃ「EV化は止まらないぞワッショイ!」って感じだけど、日本も2040年に内燃車禁止! とか政府が言い出したら、それこそ「はぁ?」と言うしかない。

筆者の愛車“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
日本経済新聞では連日のようにEV化に関する記事が掲載されている。果たして、真っ先に消えるのはディーゼルエンジンなのか!?
日本経済新聞では連日のようにEV化に関する記事が掲載されている。果たして、真っ先に消えるのはディーゼルエンジンなのか!?拡大
BMWのディーゼルエンジンもなくなってしまうのか!?(写真=池之平昌信)
BMWのディーゼルエンジンもなくなってしまうのか!?(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • スバルが「WRX S4/STI」の改良モデルを発表 2019.5.14 自動車ニュース スバルは2019年5月14日、スポーツセダン「WRX S4/STI」の改良モデルを発表した。同年6月27日に販売を開始する。ハイビームアシストの作動車速を従来の40km/hから30km/hとし、トランクの開閉方法を変更。ボディーカラーには新色を導入している。
  • メルセデスAMG C63 S(FR/9AT)/AMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.17 試乗記 急速にラインナップを充実させつつある、メルセデスのハイパフォーマンスブランドAMG。その中核を占める2台のスーパーセダン「C63 S」「E63 S 4MATIC+」にサーキットでむちをあて、日常走行ではわからない実力に触れた。
ホームへ戻る