「LFA」スペシャル版、ニュルを7分14秒64で走破

2011.09.07 自動車ニュース

スペシャル版「レクサスLFA」が、ニュルで7分14秒64を記録

トヨタ自動車は2011年9月7日、ニュルブルクリンクにおいてスーパースポーツ「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」のテスト走行を実施したと発表した。

「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」は、スーパースポーツ「レクサスLFA」のスペシャルバージョン。
サーキット走行を前提に、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)でできた大型フロントスポイラーや固定式大型リアウイング、専用のサスペンションやホイールで武装したうえ、4.8リッターV10エンジンの出力も560psから571psへと高められている。

現地時間の8月31日、LFA開発の部隊となったドイツのニュルブルクリンク北コースにおいて走行テストが行われ、7分14秒64のラップタイムが記録された。
ステアリングを握ったのは、レーシングドライバーの飯田章氏。使用されたタイヤは、同車に標準で装着される予定の「ブリヂストンPOTENZA RE070」とのことである。

タイムアタックの様子は、こちらのオンボード映像で確認できる。
(※再生にはWindows Media Playerが必要です)

(webCG 関)

ニュルブルクリンク北コースを走る「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」。
ニュルブルクリンク北コースを走る「レクサスLFA ニュルブルクリンク パッケージ」。 拡大

「LFA」スペシャル版、ニュルを7分14秒64で走破の画像 拡大
今回タイムアタックに臨んだ、飯田章氏(後列左)ほか開発スタッフ。
今回タイムアタックに臨んだ、飯田章氏(後列左)ほか開発スタッフ。 拡大

関連キーワード:
LFA, レクサス, -->, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRC F“パフォーマンスパッケージ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.23 試乗記 「限界走行性能の最大化」や「意のままに操れること」を目標に、徹底的に磨き込まれた「レクサスRC F」。その崇高な求道精神で“理想の走り”は実現できたのか? トップグレードの“パフォーマンスパッケージ”で確かめた。
  • レクサスRC F/RC【試乗記】 2019.6.6 試乗記 パワフルなV8エンジンから足まわり、そして空力性能と、あらゆる点に改良が加えられた高性能スポーツクーペ「レクサスRC F」。最新型の到達点を確かめるべく「RC350」や「RC300h」とともに富士スピードウェイで試乗した。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
  • メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2021.1.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
ホームへ戻る