「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実仕様の第2弾

2017.10.03 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン テックエディション2」。ボディーカラーは「アトランティックブルー」。
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン テックエディション2」。ボディーカラーは「アトランティックブルー」。拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2017年10月3日、7人乗りコンパクトミニバンの「ゴルフトゥーラン」に特別仕様車「Tech Edition 2(テックエディション2)」を設定し、300台の台数限定で販売を開始した。

こちらのボディーカラーは「ゴルフトゥーラン」には初設定となる「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」。
こちらのボディーカラーは「ゴルフトゥーラン」には初設定となる「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」。拡大
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実仕様の第2弾の画像拡大
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に装備充実仕様の第2弾の画像拡大

今回のテックエディション2は、ゴルフトゥーランの「TSIコンフォートライン」をベースに、安全装備や快適装備の充実が図られたモデルである。VGJが2017年6月に発売した「ゴルフトゥーラン テックエディション」が好評を博したことから、第2弾として設定された。

テックエディションの安全装備に加えて、車線変更を安全にサポートする「サイドアシストプラス」と出庫時の後方安全確認をサポートする「リアトラフィックサポート」を標準装備。このほかシートヒーターと、衝突軽減ブレーキ機能を備えた「パークディスタンスコントロール」も追加装備する。

特別装備の内容は以下の通り。

  • セーフティーパッケージ(レーンキープアシストスステム「レーンアシスト」、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」、レーンチェンジアシストシステム「サイドアシストプラス」、リアトラフィックアラート<後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能>、プリクラッシュブレーキシステム「フロントアシスト」<歩行者検知対応シティーエマージェンシーブレーキ機能付き>)
  • シートヒーター(運転席/助手席)
  • パワーテールゲート(挟み込み防止機能、「イージーオープン」機能付き)
  • 駐車支援システム「パークアシスト」
  • パークディスタンスコントロール(フロント/リア、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付き)
  • ヘッドライトウオッシャー/ヒーテッドウオッシャーノズル(フロント)
  • 純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」
  • (SSDナビゲーションシステム、VICSワイド対応、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジTV受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントロール、Volkswagen Media Controlアプリケーション対応)
  • モバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」(コネクティビティー機能「App-Connect」、テレマティクス機能「Guide&Inform」)
  • アップグレードパッケージ(LEDヘッドライト<オートハイトコントロール機能、LEDターンシグナル>、3ゾーンフルオートエアコンディショナー<運転席/助手席/2列目独立調整、自動内気循環機能付き>、アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター<花粉/ダスト除去外気導入フィルター>、シルバールーフレール、205/60 R16タイヤ、6.5J×16インチアルミホイール)

ボディーカラーは「アトランティックブルー」と、ゴルフトゥーランには初設定となる「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」の2色が用意される。それぞれ限定150台で、価格は386万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフトゥーランフォルクスワーゲン 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン2.0 TDI SCR(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.8.1 試乗記 いよいよ日本へのディーゼルモデル導入を開始したフォルクスワーゲン(VW)。その第2弾となる「ゴルフトゥーラン」のTDIモデルに、本国ドイツで試乗。間もなく日本に導入されるディーゼルミニバンは、“アウトバーンの国”ならではの長距離ランナーだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」にディーゼルモデルを設定 2018.8.30 自動車ニュース フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」にディーゼルモデルを設定し、間もなく発売すると発表した。エンジンは最高出力150ps、最大トルク340Nmの2リッターディーゼルターボで、トランスミッションには6段DSGが組み合わされる。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2018.8.24 試乗記 ホンダの次世代環境対応車「クラリティ」シリーズに、第3のモデル「クラリティPHEV」が登場。プラグインハイブリッド車としての高い性能を、制約の多いセダンボディーでかなえた同車に、技術オリエンテッドな“ホンダらしさ”を見た。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6MT)【試乗記】 2018.8.27 試乗記 デビュー以来最大規模の改良を受けたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。新開発の1.8リッターディーゼルエンジンと新しい足まわりの織り成す走りは、従来モデルからどのように進化を遂げたのか? ちょっとマニアックなMT仕様で、その実力を確かめた。
ホームへ戻る