フォルクスワーゲン、100%EVの「e-ゴルフ」を発売

2017.10.20 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」
「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2017年10月19日、「ゴルフ」の電気自動車(EV)版である「e-ゴルフ」を発表し、同日、インターネットの専用サイトを通じて受注を開始した。注文受け付けは同年12月25日までで、年末から納車を開始する。

 
フォルクスワーゲン、100%EVの「e-ゴルフ」を発売の画像拡大
 
フォルクスワーゲン、100%EVの「e-ゴルフ」を発売の画像拡大
 
フォルクスワーゲン、100%EVの「e-ゴルフ」を発売の画像拡大
急速充電ソケットは、ガソリン車の給油口と同じ位置に設置される。
急速充電ソケットは、ガソリン車の給油口と同じ位置に設置される。拡大
普通充電のソケットは、フロントグリル内に設置される。
普通充電のソケットは、フロントグリル内に設置される。拡大

e-ゴルフは、「ゴルフGTE」「パサートGTE」「パサートヴァリアントGTE」に続き、VGJが手がける4番目の電動化車両にして、初の100%電動化車両である。

容量35.8kWhの駆動用バッテリーをフロア下部に搭載しており、最大航続距離は301km(JC08モード)。このバッテリーは普通充電(3kWと6kWに対応)のほか、CHAdeMO規格の急速充電にも対応している。電気モーターは最高出力136ps(100kW)、最大トルク290Nmを発生する。

シフトレバーで調整可能なブレーキエネルギー回生システムを備えており、通常の「D」レンジでは、走行抵抗を極限まで減らすコースティング(滑走)走行を優先。シフトレバーを左に倒して「D1」「D2」「D3」の順にシフトすると、回生ブレーキが強くなり、より積極的に充電を行う。さらに、最も回生ブレーキが強力な「B」レンジも用意される。ドライビングプロファイル機能も備えており、「ノーマル」「エコ」「エコ+」の3つのモードが選択可能。モーターの出力やエアコンの制御などを変更して、航続距離を調整できる。

モバイルオンラインサービスの「Volkswagen Car-Net」にはEV専用機能が追加されており、充電ステーション検索や、予約充電サービスの「e-Remote」が利用できる。

先進安全装備については、最新のゴルフファミリーと同等のものを備えており、渋滞時追従支援システムの「トラフィックアシスト」や歩行者にも対応する緊急ブレーキの「フロントアシスト」などによりドライバーをサポートする。

ボディーカラーは「ピュアホワイト」のみの設定。ブルーの差し色やC字型のLEDポジションランプにより、フォルクスワーゲンの電動化車両であることをアピールしている。

価格は499万円。「平成29年度 クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金制度」の対象となっており、購入後の申請によって30万1000円の補助を受けられる。

(webCG)

関連キーワード:
e-ゴルフ, フォルクスワーゲン, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • フォルクスワーゲンcross up!(FF/5AT)【試乗記】 2015.9.11 試乗記 この楽しげなルックスは理性ではなく感性でこそ選ぶべき! 「フォルクスワーゲンup!」をベースに、足もとをSUV風に仕立てたゴキゲンなニューモデル、「cross up!(クロスアップ!)」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
ホームへ戻る