第453回:ヴェラールの美しさの秘密を探る
ランドローバー社のクリエイティブディレクターにインタビュー

2017.10.25 エディターから一言
ランドローバーでクリエイティブディレクターを務めるマッシモ・フラスチェッラさん。
ランドローバーでクリエイティブディレクターを務めるマッシモ・フラスチェッラさん。拡大

レンジローバーブランドの特徴であるラグジュアリーさと優れた走破性能を受け継ぎながら、無駄を排した美しいデザインが自慢の「レンジローバー ヴェラール」。ランドローバーのクリエイティブディレクター、マッシモ・フラスチェッラさんにその見どころを聞いた。

使用しないときはドアパネルに格納される“デプロイアブル・ドアハンドル”。
使用しないときはドアパネルに格納される“デプロイアブル・ドアハンドル”。拡大
「レンジローバー ヴェラール」は「reductionism」(リダクショニズム=還元主義)という考え方に基づいてデザインされている。
「レンジローバー ヴェラール」は「reductionism」(リダクショニズム=還元主義)という考え方に基づいてデザインされている。拡大

シンプルな中に美を見いだす

――レンジローバー ヴェラールのスタイリングは、しばしば「reductionism」(リダクショニズム=還元主義)という考え方に基づいてデザインされたと説明される。このリダクショニズムとは何か。

フラスチェッラさん:ランドローバー社のデザインはこれまでもシンプルであることを特徴としてきましたが、ヴェラールではそのシンプルさを“次なる次元”に高めました。ヴェラールではエクステリアデザインを構成するラインやディテールなど、いらないものを削(そ)ぎ落としていき、主だったキャラクターを形作るラインだけを残しました。例えば、使用しないときはドアパネルに格納される“デプロイアブル・ドアハンドル”は還元主義を顕著に反映したものと言えます。インテリアも同様で、スイッチ類の数は最低限に抑え、シンプルに徹しています。

――同じくリダクション(削減)するにしても、過去と現在ではどう違うのか。

フラスチェッラさん:過去においては、クロスカントリー4WD車としての機能性により重きを置いたデザインになっていたと思います。今も機能性の高さという点では変わりはありませんが、デザインにエモーショナル(感情的)な面が表現されているのが違っています。以前、われわれのお客さまは、ランドローバー車が「必要だから」買ってくださった。でも、今はそれだけではなく、「欲しいから」購入してくださるお客さまも数多くいらっしゃる。そういう違いがあるのではないでしょうか。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールR-DYNAMIC HSE(D180)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.5 試乗記 レンジローバーファミリーに第4のモデル「ヴェラール」が登場。未来感あふれるデザインと先進技術とを融合させた、ラグジュアリーSUVの個性とは? ディーゼル車の最上級グレードである「R-DYNAMIC HSE(D180)」に試乗した。
  • 新型グランドツアラー「マクラーレンGT」登場 2019.5.16 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは2019年5月15日(現地時間)、ニューモデル「マクラーレンGT」を発表した。同モデルは従来のスポーツシリーズ、スーパーシリーズ、アルティメットシリーズに並ぶ位置づけになるという。
  • 第2回:ディスカバリー スポーツで知る認定中古車の魅力 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 上質なクルマをお値打ち価格で手に入れたいというわがままに答えてくれる、正規ディーラーの認定中古車。その実力を確かめるべく、「ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立」を訪問。「ディスカバリー スポーツ」の試乗を通して実際にクオリティーを確かめた。
  • メルセデス・ベンツS560eロング(FR/9AT)【試乗記】 2019.4.25 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」のプラグインハイブリッド車が大幅改良を受け、名前も新たに「S560eロング」となって登場。EV性能を大幅に向上させた“電気でも走れるSクラス”の姿に、時代を経ても変わらない最上級メルセデスの姿を見た。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールSE(P380)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.20 試乗記 「スポーツ」や「イヴォーク」に次ぐ新たなレンジローバーファミリーとして生まれた、ラグジュアリーSUV「レンジローバー ヴェラール」。優美なスタイリングに秘められた走りの質を、3リッターV6ガソリンモデルで吟味した。
ホームへ戻る