おめでとう、累計生産台数1億台突破
「ホンダ・スーパーカブ」が世界中で愛される理由とは?

2017.10.25 デイリーコラム

本田宗一郎のこだわりから生まれた独自の機構

日本の街角でおなじみの働くバイクである「ホンダ・スーパーカブ」。ハンドルを握ったことはなくとも、郵便配達や店屋物の出前などを通じて、日本に住む人は生活の中で必ずどこかでカブのお世話になっているといっても過言ではない。そんなわれらがカブは、なんと来年で生誕60周年。人間でいえば還暦を目前にした今年10月、累計生産台数1億台突破という偉業を成し遂げた。

スーパーカブの歴史を振り返ると、その誕生は「スバル360」と同じ1958年。二輪メーカーとして軌道に乗り始めたホンダが、補助エンジン付き自転車「カブ」を発展させた小型実用バイク「スーパーカブC100」を発売したことに始まる。実用車としての使い勝手を追求し、乗り降りのしやすい低床式バックボーンフレームに、乗り心地や走破性などのトータルバランスを考慮し、既製品のなかった17インチサイズのタイヤを新開発して装着。メカニズムも特徴的で、運転を容易にするクラッチレバーレスの自動遠心クラッチ機構に、高出力と低燃費、耐久性をも兼ね備えた新開発の50㏄ 4ストロークOHVエンジンを備えていた。

これらの機構は、ホンダの創業者・本田宗一郎のこだわりから生まれたものであった。その理由は、出前のおかもちを持ちながら、片手運転ができるクラッチレバーレス構造にしたかったから。そして、宗一郎自身が欧州へ視察旅行に出向いた際、早朝、配達に使われる2ストロークの小型バイクの騒々しさが気になったことから、生活に密着したバイクこそ、静かでなくてはならないと考えたからだった。そんな“ホンダイズム”にあふれた初代は、発売されるやすぐに人気を集め、ホンダのメーカーとしての発展を支えた。

1958年に発売された「ホンダ・スーパーカブC100」。最新モデルにも通ずるフォルムがすでに完成されている。
1958年に発売された「ホンダ・スーパーカブC100」。最新モデルにも通ずるフォルムがすでに完成されている。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダが「スーパーカブC125」に新色のブラックを設定 カラーバリエーションを3種類に拡大 2020.6.12 自動車ニュース ホンダが「スーパーカブC125」のカラーバリエーションを拡大。これまでの「パールニルタバブルー」「パールカデットグレー」に加え、新たに「パールシャイニングブラック」を追加設定した。発売は2020年7月31日、価格は40万7000円としている。
  • ホンダCT125ハンターカブ(MR/4MT)【レビュー】 2020.10.17 試乗記 “ハンターカブ”と呼ばれた往年の名車のイメージを受け継ぐ、ホンダの小型オートバイ「CT125ハンターカブ」。ポップでワイルドな見た目だが、実際の走りはどうか? 舗装路と未舗装路の両方で試してみた。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る