ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編)

2017.11.09 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING」に試乗する。今の日本のモータリゼーションの、ひとつの象徴ともいえるN-BOX。それがある生活は、谷口的にはアリかナシか?

この細いAピラーは絶賛モノだ!

当連載で初めての軽自動車、ホンダN-BOXカスタムG EXターボの室内をチェックする谷口。その評価はどうなのだろうか。後席の高い居住性と、570mmものスライド幅を誇るスーパースライドシートに対する関心の高さから察するに、決して悪くはなさそうだ。

続いて谷口は運転席に着いて、インパネまわりを一通りチェックした後、「あれは、何ですか」と、助手席Aピラーの根元に据え付けられた小さなミラーを指さした。車両の左側直下を映すサイドビューサポートミラーのことだ。旧型N-BOXにも付いていた装備だが、より見やすいように改良が加えられている。こんな小さな工夫すら、新型ではしっかり進化しているのだ。そして谷口は、新型N-BOXの、とりわけ細くしつらえられたAピラーを指して絶賛した。

「Aピラーは自動車というものができて以来、ドライバーの視界を常に遮り続けてきたわけです。でも、この細いAピラーは素晴らしい。前方視界がものすごくいい」
N-BOXに対する谷口の評価は、ここでまた1段階、いや2段階上がったように感じられた。

しかしである、しばしの試乗を終えて戻ってきた谷口の表情に、さっきとは打って変わって厳しいものがあったのを、筆者は見逃さなかった。
「このクルマの一般的な使い方を考えたら、箱根のワインディングロードで試乗するのがいいかどうか、そこは議論があると思いますよ。でもね、それにしたって、このハンドリングに太鼓判は押せないなあ。僕としては」
谷口は、一体なにを訴えているのだろうか。

 
ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編)の画像拡大
 
ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編)の画像拡大
 
ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編)の画像拡大
ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1790mm/ホイールベース:2520mm/車重:960kg/駆動方式:FF/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ/トランスミッション:CVT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:104Nm(10.6kgm)/4800rpm/タイヤ:(前)165/55R15 (後)165/55R15/価格:194万9400円
ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1790mm/ホイールベース:2520mm/車重:960kg/駆動方式:FF/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ/トランスミッション:CVT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:104Nm(10.6kgm)/4800rpm/タイヤ:(前)165/55R15 (後)165/55R15/価格:194万9400円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • 第157回:涅槃だぜN-WGN! 2020.1.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第157回は「涅槃だぜN-WGN!」。2019年の注目モデルを前に、国民車構想が再燃。新型「ホンダN-WGN」は、カーマニアが求める国民車になれるか? ディーラーでのプチ試乗を通じて導き出した、その答えとは?
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダが新型「N-ONE」の情報を先行公開 外観のイメージはそのままに中身を刷新 2020.9.11 自動車ニュース ホンダが2020年秋にモデルチェンジする「N-ONE」の情報を先行公開。新型は丸・四角・台形を基調とする従来モデルのエクステリアデザインを踏襲。モデルラインナップは「オリジナル」「プレミアム」「RS」の3種類で、RSにはターボ+6段MT仕様も用意される。
ホームへ戻る