ホンダが「オデッセイ」をマイナーチェンジ

2017.11.16 自動車ニュース
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」拡大

本田技研工業は2017年11月16日、ミニバン「オデッセイ」にマイナーチェンジを実施。同年11月17日に発売すると発表した。

「オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」のリアビュー。
「オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」のリアビュー。拡大
今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムの「ホンダセンシング」が標準装備された。
今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムの「ホンダセンシング」が標準装備された。拡大
2列目プレミアムクレードルシート。
2列目プレミアムクレードルシート。拡大

今回のマイナーチェンジでは、運転支援システム「ホンダセンシング」を全グレードで標準装備化。ハイブリッド車については前走車追従機能付きクルーズコントロールを全車速対応とし(これまでは30km/h以上)、渋滞時などにおける運転負荷軽減を図った。

エクステリアについても手を加えており、フロントのバンパー、グリルの意匠を変更したほか、LEDフォグライトを標準装備。同時に、これまで「アブソルート」と標準モデルとで異なっていたデザインを一本化した。

このほかにもアルミホイールに新規デザインを採用。また、ボディーカラーには「コバルトブルー・パール」「プラチナホワイト・パール」の2色を新設定し、全7色のラインナップとした。

一方インテリアでは、一部グレードに設定される2列目プレミアムクレードルシートに大型ヘッドレストを採用。また足元にスマートフォンやペットボトルなどを収納できる小物入れを追加した。

価格は、ハイブリッド車が375万円から415万円、ガソリン車が298万円から365万3600円。

(webCG)
 

関連キーワード:
オデッセイ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ オデッセイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • ジャガーFタイプRダイナミック コンバーチブルP300(FR/8AT)【試乗記】 2020.9.23 試乗記 「ジャガーFタイプ」のマイナーチェンジモデルに試乗。連れ出したのはオープントップモデル「コンバーチブル」の2リッターターボエンジン搭載車。実はこの比較的ライトなグレードこそが、ジャガーの導き出した令和の時代を走るスポーツカーの最適解だ。
  • 三菱エクリプス クロス<PHEV>プロトタイプ(4WD)【試乗記】 2020.10.19 試乗記 三菱のコンパクトSUV「エクリプス クロス」が大規模なマイナーチェンジを受けた。ボディーサイズの拡大やデザイン変更などトピックは多いが、なんといってもメインはプラグインハイブリッドモデルの追加設定だ。発売前のプリプロダクションモデルでその仕上がりを確かめた。
  • マツダMX-30 2020.10.8 画像・写真 マツダの新世代商品群第3弾となる「MX-30」がいよいよ発売された。特徴的なセンターオープン式の「フリースタイルドア」を備えた新たなクロスオーバーSUVの姿を写真で詳しく紹介する。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
ホームへ戻る