ホンダが「オデッセイ」をマイナーチェンジ

2017.11.16 自動車ニュース
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」拡大

本田技研工業は2017年11月16日、ミニバン「オデッセイ」にマイナーチェンジを実施。同年11月17日に発売すると発表した。

「オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」のリアビュー。
「オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」のリアビュー。拡大
今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムの「ホンダセンシング」が標準装備された。
今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムの「ホンダセンシング」が標準装備された。拡大
2列目プレミアムクレードルシート。
2列目プレミアムクレードルシート。拡大

今回のマイナーチェンジでは、運転支援システム「ホンダセンシング」を全グレードで標準装備化。ハイブリッド車については前走車追従機能付きクルーズコントロールを全車速対応とし(これまでは30km/h以上)、渋滞時などにおける運転負荷軽減を図った。

エクステリアについても手を加えており、フロントのバンパー、グリルの意匠を変更したほか、LEDフォグライトを標準装備。同時に、これまで「アブソルート」と標準モデルとで異なっていたデザインを一本化した。

このほかにもアルミホイールに新規デザインを採用。また、ボディーカラーには「コバルトブルー・パール」「プラチナホワイト・パール」の2色を新設定し、全7色のラインナップとした。

一方インテリアでは、一部グレードに設定される2列目プレミアムクレードルシートに大型ヘッドレストを採用。また足元にスマートフォンやペットボトルなどを収納できる小物入れを追加した。

価格は、ハイブリッド車が375万円から415万円、ガソリン車が298万円から365万3600円。

(webCG)
 

関連キーワード:
オデッセイ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ オデッセイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • BMW X7 xDrive35dデザインピュアエクセレンス(4WD/8AT)【試乗記】 2020.1.29 試乗記 大仰な“キドニーグリル”に象徴される華美な装飾に目が行きがちだが、「BMW X7」の本質は単なるおしゃれ系SUVではない。広々としたキャビンとBMWならではの軽快な走りを両立したこの超大型SUVは、人も荷物も詰め込んで使い倒したくなる魅力にあふれていた。
  • ダイハツ・ロッキーG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.27 試乗記 2019年11月の誕生以来、好調なセールスを記録するコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」。人気の秘訣(ひけつ)を探るべく、AセグメントではSUVでも珍しいフルタイム4WD車に試乗。“市場のスキマ”に投入されたニューモデルは、ダイハツらしい、生活に寄りそう良作だった。
  • 第159回:ビバ! ポンコツ147 2020.1.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第159回は「ビバ! ポンコツ147」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるアルファ・ロメオ車とは? 30万円以下で購入した中古モデルで、シアワセなカーライフを送っている、あるクルマ好きの生態に迫る。
ホームへ戻る