ホンダが「オデッセイ」をマイナーチェンジ

2017.11.16 自動車ニュース
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」拡大

本田技研工業は2017年11月16日、ミニバン「オデッセイ」にマイナーチェンジを実施。同年11月17日に発売すると発表した。

「オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」のリアビュー。
「オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」のリアビュー。拡大
今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムの「ホンダセンシング」が標準装備された。
今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムの「ホンダセンシング」が標準装備された。拡大
2列目プレミアムクレードルシート。
2列目プレミアムクレードルシート。拡大

今回のマイナーチェンジでは、運転支援システム「ホンダセンシング」を全グレードで標準装備化。ハイブリッド車については前走車追従機能付きクルーズコントロールを全車速対応とし(これまでは30km/h以上)、渋滞時などにおける運転負荷軽減を図った。

エクステリアについても手を加えており、フロントのバンパー、グリルの意匠を変更したほか、LEDフォグライトを標準装備。同時に、これまで「アブソルート」と標準モデルとで異なっていたデザインを一本化した。

このほかにもアルミホイールに新規デザインを採用。また、ボディーカラーには「コバルトブルー・パール」「プラチナホワイト・パール」の2色を新設定し、全7色のラインナップとした。

一方インテリアでは、一部グレードに設定される2列目プレミアムクレードルシートに大型ヘッドレストを採用。また足元にスマートフォンやペットボトルなどを収納できる小物入れを追加した。

価格は、ハイブリッド車が375万円から415万円、ガソリン車が298万円から365万3600円。

(webCG)
 

関連キーワード:
オデッセイ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ オデッセイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • ホンダ・オデッセイ アブソルート EX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.15 試乗記 2013年11月に発売された「ホンダ・オデッセイ」のスポーティーグレード「アブソルート」に試乗。すっかり普通のミニバンらしくなった5代目オデッセイだが、実際に走らせてみると、ライバルにはないとがった個性を持ち合わせていた。
  • トヨタ・ヤリス プロトタイプ【試乗記】 2019.11.13 試乗記 “小さなクルマ”の既成概念を超えるべく、プラットフォームからパワートレイン、足まわりに至るまで刷新された新型「トヨタ・ヤリス」。発売前のプロトタイプ試乗会でわかった、その出来栄えは?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
ホームへ戻る