ホンダが「オデッセイ」をマイナーチェンジ

2017.11.16 自動車ニュース
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」拡大

本田技研工業は2017年11月16日、ミニバン「オデッセイ」にマイナーチェンジを実施。同年11月17日に発売すると発表した。

「オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」のリアビュー。
「オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」のリアビュー。拡大
今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムの「ホンダセンシング」が標準装備された。
今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムの「ホンダセンシング」が標準装備された。拡大
2列目プレミアムクレードルシート。
2列目プレミアムクレードルシート。拡大

今回のマイナーチェンジでは、運転支援システム「ホンダセンシング」を全グレードで標準装備化。ハイブリッド車については前走車追従機能付きクルーズコントロールを全車速対応とし(これまでは30km/h以上)、渋滞時などにおける運転負荷軽減を図った。

エクステリアについても手を加えており、フロントのバンパー、グリルの意匠を変更したほか、LEDフォグライトを標準装備。同時に、これまで「アブソルート」と標準モデルとで異なっていたデザインを一本化した。

このほかにもアルミホイールに新規デザインを採用。また、ボディーカラーには「コバルトブルー・パール」「プラチナホワイト・パール」の2色を新設定し、全7色のラインナップとした。

一方インテリアでは、一部グレードに設定される2列目プレミアムクレードルシートに大型ヘッドレストを採用。また足元にスマートフォンやペットボトルなどを収納できる小物入れを追加した。

価格は、ハイブリッド車が375万円から415万円、ガソリン車が298万円から365万3600円。

(webCG)
 

関連キーワード:
オデッセイ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ オデッセイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダが「ステップワゴン」を一部改良 「スパーダ」に「わくわくゲート」非装備車を設定 2020.1.9 自動車ニュース ホンダがミドルクラスの箱型ミニバン「ステップワゴン」を一部改良。ハイブリッド車のグレード名に「e:HEV」を採用したほか、「スパーダ」「e:HEVスパーダ」の2グレードにはっ水はつ油加工のシートを装備。「わくわくゲート」非装備車の設定も拡大している。
  • モデューロの技が生きるミニバン2台を試す 2018.12.21 Moduloの25年史<PR> 長年培ってきた“匠の技”を生かし、誰もが夢中になれるクルマを目指して開発されたコンプリートカー「モデューロX」。今回は、家族で乗れるミニバン2台をピックアップし、最新モデューロならではの走りを堪能した。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ 2018.2.5 Honda車と過ごすプレミアムな休日<PR> 多人数が快適に過ごせて、ドライバーも走りを楽しめる。「ホンダ・ステップワゴン」は、そんな欲張りな希望を見事に両立させた、画期的なミニバンといえるだろう。“家族のプレミアムな笑顔”を求めてドライブに出掛けた。
ホームへ戻る