「プジョー207スポーティアム」300台限定で発売

2011.08.25 自動車ニュース

プジョー、「207」の特別仕様車「スポーティアム」を300台限定で発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトハッチ「プジョー207」シリーズのエントリーグレード「207スタイル」をベースにスポーティな装備を追加した限定車「207 Sportium(スポーティアム)」を、2011年9月10日に発売する。

「207スポーティアム」は、昨2010年にもプジョーブランド創業200周年記念限定車として限定170台が販売されたモデルで、今回一部装備が追加・変更され、再び販売されることとなった。

同モデルの特別装備内容は以下の通り
●エクステリア
・17インチアロイホイール「ホッケンハイム」
・パノラミックガラスルーフ
・エグゾーストパイプ・フィニッシャー
・「Sportium」エンブレム
・アルミペダル&フロント・ドアステップガード
・バックソナー
・スーパーティンテッド・リアサイド&リアガラス
●インテリア
・シート表皮(ファブリック/人工皮革のコンビネーション)
・ダッシュボードアクセントトリム
・革巻きスポーツステアリング
・クルーズコントロール

パワートレインに変更はなく、1.6リッター直列4気筒 DOHCエンジンと4段ATの組み合わせ。ボディーカラーは、ビアンカ・ホワイト、オブシディアン・ブラック、アデン・レッド、オアシス・ブルーの全4色が用意される。

価格はベース車より15万円高い214万円。300台限定での販売となる。

(webCG)

「プジョー207スポーティアム」
「プジョー207スポーティアム」 拡大

関連キーワード:
207, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 207 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
ホームへ戻る