ダイハツが「タント」を一部改良、特別仕様車も設定

2017.12.18 自動車ニュース
「タントX“リミテッドSAIII”」
「タントX“リミテッドSAIII”」拡大

ダイハツ工業は2017年12月18日、軽乗用車「タント」を一部改良し、販売を開始した。

「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”」
「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”」拡大
 
ダイハツが「タント」を一部改良、特別仕様車も設定の画像拡大

今回の改良では、4カ所のカメラで車両の前後左右を映すことで、クルマを真上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出せる「パノラマモニター」を採用した。

価格は「L」(FF車)の122万0400円から「カスタムRS“トップエディションSAIII”」(4WD車)の187万3800円まで。

また、新たに特別仕様車として「タントX“リミテッドSAIII”」および「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”」を設定。両側パワースライドドアやパノラマモニター、LEDヘッドランプを標準装備しながら、ベースモデルから前者が6万4800円高、後者が3万2400円高と、お買い得な価格設定としている。

特別仕様車の価格は以下の通り。

  • タントX“リミテッドSAIII”:148万5000円(FF車)/160万9200円(4WD車)
  • タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”:168万4800円(FF車)/180万9000円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
タント, タントカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ タント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 基本性能を飛躍的に高めた「DNGA」モデル第1弾
    新型「ダイハツ・タント」発売
    2019.7.9 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年7月9日、軽乗用車「タント」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。ダイハツの新世代のクルマづくりの方針「DNGA」を採用することで、従来モデルからクルマとしての基本性能を大幅に高めている。
  • 第574回:軽自動車にもADASの波が到来!
    新型「ダイハツ・タント」の運転支援システムを試す
    2019.6.7 エディターから一言 先進運転支援システム(ADAS)の採用が急速に進む軽自動車。ダイハツの基幹車種である新型「タント」も、その例外ではない。同車に搭載されるアクティブクルーズコントロール(ACC)と、パーキングアシストの出来栄えに、軽自動車用ADASの“今”を見た。
  • 「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」に2タイプの特別仕様車 2019.4.22 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年4月22日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に特別仕様車「ホワイトアクセントリミテッドSAIII」および「ブラックアクセントリミテッドSAIII」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る