ダイハツが「タント」を一部改良、特別仕様車も設定

2017.12.18 自動車ニュース
「タントX“リミテッドSAIII”」
「タントX“リミテッドSAIII”」拡大

ダイハツ工業は2017年12月18日、軽乗用車「タント」を一部改良し、販売を開始した。

「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”」
「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”」拡大
 
ダイハツが「タント」を一部改良、特別仕様車も設定の画像拡大

今回の改良では、4カ所のカメラで車両の前後左右を映すことで、クルマを真上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出せる「パノラマモニター」を採用した。

価格は「L」(FF車)の122万0400円から「カスタムRS“トップエディションSAIII”」(4WD車)の187万3800円まで。

また、新たに特別仕様車として「タントX“リミテッドSAIII”」および「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”」を設定。両側パワースライドドアやパノラマモニター、LEDヘッドランプを標準装備しながら、ベースモデルから前者が6万4800円高、後者が3万2400円高と、お買い得な価格設定としている。

特別仕様車の価格は以下の通り。

  • タントX“リミテッドSAIII”:148万5000円(FF車)/160万9200円(4WD車)
  • タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”:168万4800円(FF車)/180万9000円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
タント, タントカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース