ダイハツが「タント」を一部改良、特別仕様車も設定

2017.12.18 自動車ニュース
「タントX“リミテッドSAIII”」
「タントX“リミテッドSAIII”」拡大

ダイハツ工業は2017年12月18日、軽乗用車「タント」を一部改良し、販売を開始した。

「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”」
「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”」拡大
 
ダイハツが「タント」を一部改良、特別仕様車も設定の画像拡大

今回の改良では、4カ所のカメラで車両の前後左右を映すことで、クルマを真上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出せる「パノラマモニター」を採用した。

価格は「L」(FF車)の122万0400円から「カスタムRS“トップエディションSAIII”」(4WD車)の187万3800円まで。

また、新たに特別仕様車として「タントX“リミテッドSAIII”」および「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”」を設定。両側パワースライドドアやパノラマモニター、LEDヘッドランプを標準装備しながら、ベースモデルから前者が6万4800円高、後者が3万2400円高と、お買い得な価格設定としている。

特別仕様車の価格は以下の通り。

  • タントX“リミテッドSAIII”:148万5000円(FF車)/160万9200円(4WD車)
  • タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAIII”:168万4800円(FF車)/180万9000円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
タント, タントカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ タント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション/ノート オーラG FOURレザーエディション【試乗記】 2021.6.15 試乗記 「日産ノート」ベースのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」が登場。パワーアップした「e-POWER」や3ナンバー化された専用ワイドボディー、上級路線を目指したというこだわりの内装や装備など、注目すべきポイントの仕上がりを、テストコースで確かめた。
  • KTM 1290スーパーアドベンチャーS/1290スーパーアドベンチャーR【試乗記】 2021.6.16 試乗記 オンオフを問わない走りが特徴の「KTM 1290スーパーアドベンチャー」がフルモデルチェンジ。KTM製アドベンチャーモデルのフラッグシップは、全面刷新を経てどのようなマシンに進化したのか? ハイテクで武装した3代目の実力を試す。
  • 日産ノートX FOUR(4WD)【試乗記】 2021.6.14 試乗記 「日産ノート」に追加された4WDモデル「X FOUR」に試乗。自慢の「e-POWER」に最高出力68PSの後輪用モーターを組み合わせた最新パワートレインは、簡易的な四駆システムを用いた先代モデルとはまったく次元の異なる走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る