「ホンダN-ONE」、4つのスタイルを備えて新登場

2017.12.21 自動車ニュース
「ホンダN-ONEスタンダードL」。ボディーカラーは「サーフブルー」。
「ホンダN-ONEスタンダードL」。ボディーカラーは「サーフブルー」。拡大

本田技研工業は2017年12月21日、軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」をマイナーチェンジし、同年12月22日に発売すると発表した。

「N-ONEセレクト」。ボディーカラーは「アッシュグリーン・メタリック&ブラウン」。
「N-ONEセレクト」。ボディーカラーは「アッシュグリーン・メタリック&ブラウン」。拡大
「N-ONEプレミアム ツアラー」。ボディーカラーは「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」。
「N-ONEプレミアム ツアラー」。ボディーカラーは「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」。拡大
「N-ONE RS」。ボディーカラーは「サンセットオレンジII&ブラック」。
「N-ONE RS」。ボディーカラーは「サンセットオレンジII&ブラック」。拡大
「N-ONEスタンダードL」のインテリア。
「N-ONEスタンダードL」のインテリア。拡大
「N-ONE RS」のインテリア。
「N-ONE RS」のインテリア。拡大

今回のマイナーチェンジでは、「スタンダード」「セレクト」「プレミアム」「RS」という、イメージの異なる4つのタイプを設定したほか、軽自動車初となる遮音機能付きフロントウィンドウガラスの採用や、遮音材や吸音材の配置の最適化などにより、静粛性の向上を図っている。

ホンダのプレスリリースによる各タイプの特徴は以下の通り。

【スタンダード】
「シンプルながら機能的。インテリアは見やすさと使いやすさにこだわり、すっきりと端正に仕上げました。」

【セレクト】
「こだわりを感じさせる上品な佇(たたず)まい。ブラウンとクロームメッキで仕上げたエクステリアと、ブラウンに統一したインテリアは、上品さとぬくもりを表現しました。」

【プレミアム】
「洗練された上質さと重厚感を表現。随所にあしらった加飾と黒に統一されたインテリアで上質に仕上げました。」

【RS】
「精悍(せいかん)かつスポーティー。走りのポテンシャルを感じさせる流麗なフォルムに、アクセントとして赤を取り入れたスポーティーなインテリアで、操る喜びを表現しました。」

豊富なボディーカラーも特徴のひとつで、スタンダードには基本色9色と2トーンカラー7種類が、セレクトには2トーンカラー5種類が、プレミアムには基本色6色と2トーンカラー7種類が、RSには2トーンカラー6種類が、それぞれ用意される。

機能装備の強化も図っており、紫外線と赤外線をカットする「360度スーパーUV/IRカットパッケージ」を採用したほか、室内に急速充電対応タイプのUSBジャックを2個追加装備している。

価格は「スタンダード」(FF車)の120万0960円から「プレミアム ツアラー」(4WD車)の177万2280円まで。

(webCG)

関連キーワード:
N-ONE, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2021.4.5 試乗記 すっかり大きくなったMINIシリーズのなかでも一番大きいのが「MINIクロスオーバー」だ。ラインナップで唯一のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「クーパーS EクロスオーバーALL4」に試乗し、最新モデルの仕上がりを試した。
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.3.25 試乗記 三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に、「アウトランダー」ゆずりの電動パワートレインを搭載したPHEVが登場。ハイテクの電動四駆と引き締まった高剛性ボディー、おうようなクルマの挙動が織り成すその走りは、三菱製4WD車の伝統を感じさせるものだった。
ホームへ戻る