「ホンダN-ONE」、4つのスタイルを備えて新登場

2017.12.21 自動車ニュース
「ホンダN-ONEスタンダードL」。ボディーカラーは「サーフブルー」。
「ホンダN-ONEスタンダードL」。ボディーカラーは「サーフブルー」。拡大

本田技研工業は2017年12月21日、軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」をマイナーチェンジし、同年12月22日に発売すると発表した。

「N-ONEセレクト」。ボディーカラーは「アッシュグリーン・メタリック&ブラウン」。
「N-ONEセレクト」。ボディーカラーは「アッシュグリーン・メタリック&ブラウン」。拡大
「N-ONEプレミアム ツアラー」。ボディーカラーは「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」。
「N-ONEプレミアム ツアラー」。ボディーカラーは「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」。拡大
「N-ONE RS」。ボディーカラーは「サンセットオレンジII&ブラック」。
「N-ONE RS」。ボディーカラーは「サンセットオレンジII&ブラック」。拡大
「N-ONEスタンダードL」のインテリア。
「N-ONEスタンダードL」のインテリア。拡大
「N-ONE RS」のインテリア。
「N-ONE RS」のインテリア。拡大

今回のマイナーチェンジでは、「スタンダード」「セレクト」「プレミアム」「RS」という、イメージの異なる4つのタイプを設定したほか、軽自動車初となる遮音機能付きフロントウィンドウガラスの採用や、遮音材や吸音材の配置の最適化などにより、静粛性の向上を図っている。

ホンダのプレスリリースによる各タイプの特徴は以下の通り。

【スタンダード】
「シンプルながら機能的。インテリアは見やすさと使いやすさにこだわり、すっきりと端正に仕上げました。」

【セレクト】
「こだわりを感じさせる上品な佇(たたず)まい。ブラウンとクロームメッキで仕上げたエクステリアと、ブラウンに統一したインテリアは、上品さとぬくもりを表現しました。」

【プレミアム】
「洗練された上質さと重厚感を表現。随所にあしらった加飾と黒に統一されたインテリアで上質に仕上げました。」

【RS】
「精悍(せいかん)かつスポーティー。走りのポテンシャルを感じさせる流麗なフォルムに、アクセントとして赤を取り入れたスポーティーなインテリアで、操る喜びを表現しました。」

豊富なボディーカラーも特徴のひとつで、スタンダードには基本色9色と2トーンカラー7種類が、セレクトには2トーンカラー5種類が、プレミアムには基本色6色と2トーンカラー7種類が、RSには2トーンカラー6種類が、それぞれ用意される。

機能装備の強化も図っており、紫外線と赤外線をカットする「360度スーパーUV/IRカットパッケージ」を採用したほか、室内に急速充電対応タイプのUSBジャックを2個追加装備している。

価格は「スタンダード」(FF車)の120万0960円から「プレミアム ツアラー」(4WD車)の177万2280円まで。

(webCG)

関連キーワード:
N-ONE, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-ONE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る