「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」がマイナーチェンジ

2017.12.25 自動車ニュース
「トヨタ・ヴェルファイアZG」(写真左)と「アルファード エグゼクティブラウンジS」(同右)
「トヨタ・ヴェルファイアZG」(写真左)と「アルファード エグゼクティブラウンジS」(同右)拡大

トヨタ自動車は2017年12月25日、マイナーチェンジしたミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を発表した。2018年1月8日に販売を開始する。

今回のマイナーチェンジで、バンパーやコンビランプのデザインが変更された。写真は「アルファード エグゼクティブラウンジS」のもの。
今回のマイナーチェンジで、バンパーやコンビランプのデザインが変更された。写真は「アルファード エグゼクティブラウンジS」のもの。拡大
「アルファード」の最上級グレード「エグゼクティブラウンジS」のコックピット周辺部。シルバー木目調の専用パネルが装着される。
「アルファード」の最上級グレード「エグゼクティブラウンジS」のコックピット周辺部。シルバー木目調の専用パネルが装着される。拡大
「アルファード エグゼクティブラウンジS」のインテリア。ブラック&ホワイトの2トーンカラー仕立てとなる。
「アルファード エグゼクティブラウンジS」のインテリア。ブラック&ホワイトの2トーンカラー仕立てとなる。拡大
3.5リッター「2GR-FKS」エンジンを搭載する「ヴェルファイアZG」。このエンジンと8段ATとの組み合わせは、トヨタ初。
3.5リッター「2GR-FKS」エンジンを搭載する「ヴェルファイアZG」。このエンジンと8段ATとの組み合わせは、トヨタ初。拡大
「ヴェルファイアZG」のフロントまわり。
「ヴェルファイアZG」のフロントまわり。拡大

より安全に、より快適に

今回のマイナーチェンジでは、プリクラッシュセーフティーやレーントレーシングアシストなどがセットになった予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備された。さらに、リアクロストラフィックアラートやブラインドスポットモニターを標準装備またはオプション装備として用意するなど、安全運転支援の強化が図られた。

内外装にも、変化が見られる。エクステリアでは、前後のランプやフロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュなどの意匠を改め、個性を強調。ゆとりのセカンドシートを備えるエアロ仕様として、新たな最上級グレード「アルファード エグゼクティブラウンジS」と「ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZ」が設定された。これらは、ブラック&ホワイトのインテリアカラーが採用されるほか、シルバー木目調の専用加飾やプレミアムナッパ本革シート(防汚処理加工)が与えられ、先進的でモダンな室内空間が表現されている。

走りに関わる部分では、構造用接着剤の使用範囲を拡大するとともに、高剛性ガラス接着剤を用いるなどしてボディー剛性をアップ。操縦安定性と乗り心地が向上したとアピールされる。パワートレインは、3.5リッターV6モデルのエンジンがこれまでの「2GR-FE」ユニットから「2GR-FKS」に、6段ATは8段ATに変更された。

価格は、グレードごとにアルファードとヴェルファイアとで同額。2.5リッターガソリンエンジン車が335万4480円から436万2120円まで。3.5リッターガソリンエンジン車は463万2000万円から718万3080円まで。ハイブリッドモデルは436万円から750万8160円までとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
ヴェルファイア, アルファード, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴェルファイア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・シエンタ(前編) 2015.7.9 画像・写真 12年ぶりに一新された、ミニバン「トヨタ・シエンタ」の姿を写真で紹介する。
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
ホームへ戻る