ホンダ・シビック タイプR(後編)

2018.01.04 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダ・シビック タイプR」に試乗する。ハンドリングもエンジンも大絶賛の谷口だが、ひとつだけ気になるところがあるという。谷口が指摘する、新型タイプRの弱点とは何か?

ダンパーのセッティングに異議あり!

「そうそう、自動ブリッピングみたいな機能、ついていますよね」
新型ホンダ・シビック タイプRの試乗を終えた谷口信輝に、新装備のレブマッチシステムについて尋ねると、そんな答えが返ってきた。レブマッチシステムとは、シフトダウン時にクルマがエンジン回転数を自動的に上昇させ、ヒール・アンド・トウなどの高度なテクニックを使わなくても素早くスムーズにギアチェンジができる機能のことである。

「最初は気づかなかったんだけれど、『もしかして?』と思って試してみたら、自動的に回転数を合わせてくれた。ヒール・アンド・トウに自信のない人は、これを使えばブレーキングに集中できるようになるから、とってもいい装備だと思いますよ。仕上がりも、何年か前にほかのメーカーに積まれていたものより全然いいし。僕なんかは自然と体が動いてヒール・アンド・トウをやってしまうけれど、そこまでできない人はこの機能に甘えちゃったらいいと思いますよ」

ボディー剛性についても「クルマ全体がすごくガッシリしている感じがします」と語った谷口。ただし、気になる点がなかったわけではないようだ。

「ひとつだけイヤだと思ったところを挙げましょうか? サスペンションダンパーのリバウンド側の減衰力がちょっと高すぎますね。だから、ボディーを押し上げるような入力が入ったとき、タイヤが上に引っ張り上げられるような挙動が出ちゃう。おかげで、速く走るための接地感はよく出ているんですが、ピッチング方向の動きはちょっとイヤ。これは+Rモードにしたときの話ですけどね」

たしかに、ヨーロッパ車の多くはもう少しリバウンド側の減衰力を抑えめにしてあるから、路面が上下にうねっているときでも滑らかに車輪が上下して、たっぷりしたストローク感が伝わってくる。それに比べると、タイプRはちょっとせわしない感じがしなくもない。
「ニュルブルクリンクのジャンピングスポットとか大丈夫かなって、ちょっと心配になっちゃいますよね」

 
ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像拡大
ホンダ・シビック タイプR
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4560×1875×1435mm/ホイールベース:2700mm/車重:1390kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:320ps(235kW)/6500rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2500-4500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 (後)245/30ZR20/価格:450万0360円
ホンダ・シビック タイプR
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4560×1875×1435mm/ホイールベース:2700mm/車重:1390kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:320ps(235kW)/6500rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2500-4500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 (後)245/30ZR20/価格:450万0360円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る