ホンダ・シビック タイプR(後編)

2018.01.04 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダ・シビック タイプR」に試乗する。ハンドリングもエンジンも大絶賛の谷口だが、ひとつだけ気になるところがあるという。谷口が指摘する、新型タイプRの弱点とは何か?

ダンパーのセッティングに異議あり!

「そうそう、自動ブリッピングみたいな機能、ついていますよね」
新型ホンダ・シビック タイプRの試乗を終えた谷口信輝に、新装備のレブマッチシステムについて尋ねると、そんな答えが返ってきた。レブマッチシステムとは、シフトダウン時にクルマがエンジン回転数を自動的に上昇させ、ヒール・アンド・トウなどの高度なテクニックを使わなくても素早くスムーズにギアチェンジができる機能のことである。

「最初は気づかなかったんだけれど、『もしかして?』と思って試してみたら、自動的に回転数を合わせてくれた。ヒール・アンド・トウに自信のない人は、これを使えばブレーキングに集中できるようになるから、とってもいい装備だと思いますよ。仕上がりも、何年か前にほかのメーカーに積まれていたものより全然いいし。僕なんかは自然と体が動いてヒール・アンド・トウをやってしまうけれど、そこまでできない人はこの機能に甘えちゃったらいいと思いますよ」

ボディー剛性についても「クルマ全体がすごくガッシリしている感じがします」と語った谷口。ただし、気になる点がなかったわけではないようだ。

「ひとつだけイヤだと思ったところを挙げましょうか? サスペンションダンパーのリバウンド側の減衰力がちょっと高すぎますね。だから、ボディーを押し上げるような入力が入ったとき、タイヤが上に引っ張り上げられるような挙動が出ちゃう。おかげで、速く走るための接地感はよく出ているんですが、ピッチング方向の動きはちょっとイヤ。これは+Rモードにしたときの話ですけどね」

たしかに、ヨーロッパ車の多くはもう少しリバウンド側の減衰力を抑えめにしてあるから、路面が上下にうねっているときでも滑らかに車輪が上下して、たっぷりしたストローク感が伝わってくる。それに比べると、タイプRはちょっとせわしない感じがしなくもない。
「ニュルブルクリンクのジャンピングスポットとか大丈夫かなって、ちょっと心配になっちゃいますよね」

 
ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像拡大
ホンダ・シビック タイプR
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4560×1875×1435mm/ホイールベース:2700mm/車重:1390kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:320ps(235kW)/6500rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2500-4500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 (後)245/30ZR20/価格:450万0360円
ホンダ・シビック タイプR
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4560×1875×1435mm/ホイールベース:2700mm/車重:1390kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:320ps(235kW)/6500rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2500-4500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 (後)245/30ZR20/価格:450万0360円拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像拡大

関連キーワード:
シビック, ホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2020(ホンダ) 2020.1.12 画像・写真 ホンダは東京オートサロン2020の会場で「シビックセダン」と「シビックハッチバック」のマイナーチェンジモデルや「シビック タイプR」の改良型を発表。純正コンプリートカーシリーズ「モデューロX」や無限のカスタマイズパーツ装着車などで賑わったブースを写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020展示車両(その10) 2020.1.12 画像・写真 2020年に設立40周年を迎えるインパル。日産車のカスタマイズカーブランドとして、創設者である星野一義氏とともにその名は世界に轟いている。スポーツモデルからミニバンまで、東京オートサロン2020の会場に展示されたインパルのカスタマイズカーを写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020(メルセデス・ベンツ) 2020.1.12 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は東京オートサロン2020のブースに電気自動車「EQC」や、ハイパフォーマンスモデル「AMG」の最新ラインナップのほか、SUPER GTに参戦するレーシングマシンなどを展示。ブースを彩るさまざまな車両を写真で紹介する。
  • ホンダが「シビック」をマイナーチェンジ 運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備 2020.1.10 自動車ニュース ホンダが「シビックセダン」「シビックハッチバック」をマイナーチェンジ。外装デザインを変更したほか、運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備とした。また2020年夏発売予定の「シビック タイプR」の改良モデルについても、情報の先行公開を開始している。
  • 東京オートサロン2020展示車両(その11) 2020.1.12 画像・写真 日本車ベースのカスタマイズカーが数多く出展される東京オートサロン。しかしその中にあっても、イタリアンスーパーカーは特別な存在として来場者の視線を集めていた。大口径ホイールでカスタマイズされたTWSブースのフェラーリを写真で紹介する。
ホームへ戻る