「レンジローバー スポーツ マスターピース」限定発売

2017.12.27 自動車ニュース

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年12月27日、スポーツSUV「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」の限定車「レンジローバー スポーツMASTERPIECE(マスターピース)」を発表し、同日、受注を開始した。

レンジローバー スポーツ マスターピースは、3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「レンジローバー スポーツSE」(2017年モデル)がベース。車外からテールゲートの開閉操作が可能なハンズフリーパワーテールゲートや、シートヒーター(フロントおよびリア)が備わる。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。

  • 20インチ スタイル520アロイホイール(5スプリットスポーク)
  • LEDシグネチャー付きアダプティブキセノンオートヘッドランプ(ヘッドランプパワーウォシャー付き)
  • 電動調整可倒式自動防眩(ぼうげん)ドアミラー(メモリー機能、ヒーター、アプローチランプ付き)
  • シートヒーター(フロントおよびリア)
  • プライバシーガラス
  • ハンズフリーパワーテールゲート
  • アドバンスドパークアシスト(縦列駐車および出庫/並列駐車支援機能付き)360度パークディスタンスコントロール
  • ドライブプロパック(ドライバーコンディションモニター、キューアシスト機能付きアダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、リバーストラフィックディテクション付きブラインドスポットアシスト)
  • InControlプロテクト
  • InControlコネクトプロパック(InControlアプリ、InControlリモートプレミアム、Wi-Fiホットスポット)

価格は899万円。ボディーカラーのラインナップとそれぞれの限定台数は以下の通り。

  • フジホワイト:25台
  • サントリーニブラック:20台
  • コリスグレイ:15台

(webCG)

「ランドローバー・レンジローバー スポーツ マスターピース」
「ランドローバー・レンジローバー スポーツ マスターピース」拡大

関連キーワード:
レンジローバー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークSE D180(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.24 試乗記 2代目となった「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の実力を確かめるべく、ディーゼルモデルの「SE D180」に試乗。より快適志向となったシャシー、文句のつけようのないエンジンなどに感心しつつも、リポーターがどうしても気になったポイントとは?
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • 「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」の3リッター直6ターボモデル登場 2019.12.23 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年12月23日、「レンジローバー」および「レンジローバー スポーツ」の2020年モデルを発表し、注文受け付けを開始した。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ/GLE350de 4MATICクーペ【海外試乗記】 2019.12.27 試乗記 流麗なルーフラインを特徴とするメルセデス・ベンツのSUV「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。先代のデビューからわずか4年というスパンで登場した2代目は、どのような進化を遂げているのだろうか。銀世界が広がるオーストリア・インスブルックで試乗した。
ホームへ戻る