「レンジローバー スポーツ マスターピース」限定発売

2017.12.27 自動車ニュース

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年12月27日、スポーツSUV「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」の限定車「レンジローバー スポーツMASTERPIECE(マスターピース)」を発表し、同日、受注を開始した。

レンジローバー スポーツ マスターピースは、3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「レンジローバー スポーツSE」(2017年モデル)がベース。車外からテールゲートの開閉操作が可能なハンズフリーパワーテールゲートや、シートヒーター(フロントおよびリア)が備わる。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。

  • 20インチ スタイル520アロイホイール(5スプリットスポーク)
  • LEDシグネチャー付きアダプティブキセノンオートヘッドランプ(ヘッドランプパワーウォシャー付き)
  • 電動調整可倒式自動防眩(ぼうげん)ドアミラー(メモリー機能、ヒーター、アプローチランプ付き)
  • シートヒーター(フロントおよびリア)
  • プライバシーガラス
  • ハンズフリーパワーテールゲート
  • アドバンスドパークアシスト(縦列駐車および出庫/並列駐車支援機能付き)360度パークディスタンスコントロール
  • ドライブプロパック(ドライバーコンディションモニター、キューアシスト機能付きアダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、リバーストラフィックディテクション付きブラインドスポットアシスト)
  • InControlプロテクト
  • InControlコネクトプロパック(InControlアプリ、InControlリモートプレミアム、Wi-Fiホットスポット)

価格は899万円。ボディーカラーのラインナップとそれぞれの限定台数は以下の通り。

  • フジホワイト:25台
  • サントリーニブラック:20台
  • コリスグレイ:15台

(webCG)

「ランドローバー・レンジローバー スポーツ マスターピース」
「ランドローバー・レンジローバー スポーツ マスターピース」拡大

関連キーワード:
レンジローバー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー スポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミックD300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.13 試乗記 ランドローバーの新しい3リッター直6ディーゼルを搭載した「レンジローバー スポーツ」に試乗。ブラッシュアップされた内外装の仕上がりや、同じ48Vマイルドハイブリッド機構を組み込んだ直6ガソリンエンジン車との違いを確かめた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.3 試乗記 「ランドローバー・ディフェンダー110」の最上級ディーゼルモデル「X D300」に試乗。悪路をものともしないタフなパフォーマンスと、ラグジュアリーモデルもかくやという内外装の組み合わせは、果たしてドライバーをどんな世界にいざなってくれるのか。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • ランドローバーのSUV「ディスカバリー」がマイナーチェンジ 新型の直6エンジンを搭載 2021.7.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンが大型SUV「ランドローバー・ディスカバリー」の2022年モデルを発表。現行モデルのデビュー以来、初のマイナーチェンジを施しており、新型の3リッター直6ガソリンエンジンと同ディーゼルエンジンを採用。装備も強化している。
ホームへ戻る