【デトロイトショー2018】新型「アキュラRDX」プロトタイプが登場

2018.01.16 自動車ニュース

「アキュラRDX」(プロトタイプ)


	「アキュラRDX」(プロトタイプ)
	拡大

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2018年1月15日、米国・デトロイトで開催されている2018年北米国際自動車ショー(開催期間:2018年1月14日~28日)において、新型「アキュラRDX」のプロトタイプモデルを世界初公開した。

 
【デトロイトショー2018】新型「アキュラRDX」プロトタイプが登場の画像拡大
 
【デトロイトショー2018】新型「アキュラRDX」プロトタイプが登場の画像拡大
 
【デトロイトショー2018】新型「アキュラRDX」プロトタイプが登場の画像拡大
 
【デトロイトショー2018】新型「アキュラRDX」プロトタイプが登場の画像拡大

今回、プロトタイプモデルが公開されたRDXは、米国で2006年に発売された初代から数えて3代目にあたる、アキュラブランドのエントリーSUVである。

その新型は、アキュラの最新のデザインコンセプトである「Acura Precision Concept(アキュラプレシジョンコンセプト)」、「Acura Precision Cockpit(アキュラプレシジョンコックピット)」を全面的に採用した最初のモデルであり、アキュラブランドの新たな時代の始まりを示すモデルとなるとうたわれている。

パワートレインには2リッター直噴VTECターボエンジンと、クラス初となる10段オートマチックトランスミッションを採用。四輪駆動力自在制御システム「SH-AWD」や、新開発の専用プラットフォーム、軽量・高剛性ボディーなどとの組み合わせにより、力強い加速とリニアなハンドリングを実現しているとのこと。

新型RDXは、ホンダの米国の研究開発拠点Honda R&D Americas, Inc.で初めて開発され、生産は米国オハイオ州のイーストリバティ工場で行われる。発売は2018年後半となる予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
モーターショー, デトロイトモーターショー2018, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事