新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」が日本上陸

2018.01.19 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツE400 4MATICカブリオレ スポーツ」
「メルセデス・ベンツE400 4MATICカブリオレ スポーツ」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年1月19日、新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」を発表し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年3月ごろを予定している。

ルーフを開いたときには、ボディーの伸びやかなプロポーションが強調される。
ルーフを開いたときには、ボディーの伸びやかなプロポーションが強調される。拡大
インテリアには、タービン型のエアアウトレットや、12.3インチの液晶を2つ並べた「コックピットディスプレイ」などが備わる。
インテリアには、タービン型のエアアウトレットや、12.3インチの液晶を2つ並べた「コックピットディスプレイ」などが備わる。拡大
シートには、オープンドライブ時に首元を暖める「エアスカーフ」が備わるほか、直射日光を受けても表皮が極度に熱くならないよう加工が施されている。
シートには、オープンドライブ時に首元を暖める「エアスカーフ」が備わるほか、直射日光を受けても表皮が極度に熱くならないよう加工が施されている。拡大
リアシートは2人掛け。従来型よりもレッグルームが44mm、ショルダールームが14mm拡大している。
リアシートは2人掛け。従来型よりもレッグルームが44mm、ショルダールームが14mm拡大している。拡大
「E400 4MATICカブリオレ スポーツ」に搭載される3リッターV6ツインターボエンジン。最高出力333ps、最大トルク480Nmを発生する。
 
「E400 4MATICカブリオレ スポーツ」に搭載される3リッターV6ツインターボエンジン。最高出力333ps、最大トルク480Nmを発生する。
	 拡大
メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長(写真左)と、新人プロゴルファーの三浦桃香選手。メルセデス・ベンツ日本は日本女子プロゴルフ協会のオフィシャルパートナーを務めており、2018年から三浦選手もサポートを受ける。
メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長(写真左)と、新人プロゴルファーの三浦桃香選手。メルセデス・ベンツ日本は日本女子プロゴルフ協会のオフィシャルパートナーを務めており、2018年から三浦選手もサポートを受ける。拡大
発表会場に参考展示された「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」。2017年に世界限定99台で発売され、すでに完売しているが、オーナーのご厚意で展示できることになったそうだ。
発表会場に参考展示された「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」。2017年に世界限定99台で発売され、すでに完売しているが、オーナーのご厚意で展示できることになったそうだ。拡大
全長は5345mm、タイヤサイズは325/55R22と、とにかく巨大。電動ソフトトップの後ろにはフルサイズのスペアタイヤを背負っている。
全長は5345mm、タイヤサイズは325/55R22と、とにかく巨大。電動ソフトトップの後ろにはフルサイズのスペアタイヤを背負っている。拡大

2017年3月のジュネーブ国際モーターショーでデビューした、メルセデスの4シーターオープン「Eクラス カブリオレ」の新型が、日本に導入された。「セダン/ステーションワゴン/クーペ」といった、他の「Eクラス」ファミリーと同様に、スタイリッシュなデザインと先進のテクノロジーを備えているのが特徴だ。

エクステリアについては、ソフトトップを閉じたときのクーペのようなスタイリングと、開いたときの伸びやかなプロポーションの美しさがセリングポイント。そのソフトトップは、3層構造のアウターそれぞれに遮音性や耐候性に優れた素材を採用するなどして、室内の高い静粛性を実現。開閉に要する時間はそれぞれ約20秒で、約50km/hまでの速度であれば、走行中でも操作することができる。フロントウィンドウ上部のウインドディフレクターとドラフトストップからなる「エアキャップ」も備わっており、オープンドライブ時に空気の流れを上方に跳ね上げるとともに、後方から室内への風の巻き込みを低減。さらに、フロントシートには温風で首元を暖める「エアスカーフ」も装備する。

従来型よりもボディーサイズを拡大したことで室内の快適性が向上しており、後席のレッグルームが44mm、後席のショルダールームが14mm、それぞれ広くなっている。このほか、2つの12.3インチディスプレイを並べた「コックピットディスプレイ」やタービン型のエアアウトレット、タッチコントロール機能を備えたステアリングスイッチなど、他のEクラスファミリーに準じた装備となっている。

運転支援装備も充実しており、アダプティブクルーズコントロールの「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」やステアリング操作を支援する「アクティブステアリングアシスト」、高速道路を走行中にウインカー操作だけで自動で車線変更を行う「アクティブレーンチェンジングアシスト」など、こちらも他のEクラスファミリーと同等のものを備えている。

パワーユニットについては、「E200カブリオレ」と「E200カブリオレ スポーツ」には最高出力184ps、最大トルク300Nmの2リッター直4ターボエンジンを、「E400 4MATICカブリオレ スポーツ」には同333ps、同480Nmの3リッターV6ツインターボエンジンを搭載。トランスミッションは全車が9段AT、駆動方式はE200カブリオレとE200カブリオレ スポーツがFR、E400 4MATICカブリオレ スポーツが4WDとなる。

価格は以下の通り。

  • E200カブリオレ:735万円
  • E200カブリオレ スポーツ:804万円
  • E400 4MATICカブリオレ スポーツ:1113万円

発表会に合わせて、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表取締役社長兼CEOが、2017年の販売状況と2018年の目標を説明。日本における2017年の販売台数は、メルセデス・ベンツが6万8215台、スマートが4638台で、それぞれ前年比で1.2%、2.9%の伸びを見せ、5年連続で過去最高の販売台数を記録するとともに、3年連続で輸入車ブランド販売台数でトップの座についたと胸を張った。

一方、2018年の目標は「販売台数の前年超え」と「お客さま満足度の向上」を掲げた。前者については、1月11日に導入した「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」の新グレードやこの日に発表したEクラス カブリオレに加えて、2月に導入予定の「Vクラス」のニューモデル、現在開催中の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で公開された新型「Gクラス」や「CLS」など、10車種以上を年内に導入し、新車効果で達成を狙うと語った。

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス カブリオレ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る