クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)

“ととのう”瞬間 2021.01.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。

オープンカーはメルセデスの伝統

メルセデスほどオープンカーに執着しているブランドはないかもしれない。実はメルセデスは、戦前から2シーターと4シーターのカブリオレを脈々とつくり続けている。現行モデルとしては「Cクラス」「Eクラス」「Sクラス」に4シーター、そして「SLC」「SL」に加え、「AMG GT」に2シーターのオープンモデルがある。

1990年代に初めてEクラスを名乗ったW124の時代にも、もちろんカブリオレはあった。2ドアクーペモデルの「320CE」をベースに仕立てられたモデルで、A124の型式で呼ばれていた。初めて乗ったとき、クルマに乗り込んでイグニッションをオンにすると、どうぞといわんばかりにシートベルトが自動で前方に送り出されてきて、驚いたことを覚えている。そしてもちろん最新のEクラスにもその機能は受け継がれている。

ちなみに現在、日本のメーカーが手がけるオープンカーは、ダイハツ(トヨタ)の「コペン」、ホンダの「S660」、マツダの「ロードスター」、レクサス(トヨタ)の「LCコンバーチブル」の4モデルしかない。

LCコンバーチブルは小さなリアシートを備えているが、後席に大人がきちんと乗れるフル4シーターに至っては皆無だ。バカンスや日光浴を大事にする欧米と、高温多湿で雨の多い日本との差が最も顕著にあらわれているカテゴリーといえるかもしれない。

「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」のマイナーチェンジモデルは、「Eクラス クーペ」と同じく2020年10月5日に日本導入が発表された。
「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」のマイナーチェンジモデルは、「Eクラス クーペ」と同じく2020年10月5日に日本導入が発表された。拡大
今回の試乗車はオプションカラーの「ルビーライトレッド」に塗られた「E300カブリオレ スポーツ」。同グレードでは、11色の外装色と4種類のソフトトップカラーから選択できる。
今回の試乗車はオプションカラーの「ルビーライトレッド」に塗られた「E300カブリオレ スポーツ」。同グレードでは、11色の外装色と4種類のソフトトップカラーから選択できる。拡大
試乗車のシートに装着されていた首元を温めるエアスカーフやベンチレーターは、オプションの「エクスクルーシブパッケージ」に含まれるアイテム。
試乗車のシートに装着されていた首元を温めるエアスカーフやベンチレーターは、オプションの「エクスクルーシブパッケージ」に含まれるアイテム。拡大
試乗車では「ディープホワイト/ブラック」色のナッパレザーシートが選択されていた。「Eクラス カブリオレ」の乗車定員は4人。後席は大人2人がしっかり座れる空間を有している。
試乗車では「ディープホワイト/ブラック」色のナッパレザーシートが選択されていた。「Eクラス カブリオレ」の乗車定員は4人。後席は大人2人がしっかり座れる空間を有している。拡大

使いやすく進化した操作系

2020年秋、Eクラスは基礎となる「セダン」のマイナーチェンジにタイミングを合わせ、「ステーションワゴン」をはじめ、「クーペ」とカブリオレにも大きな改良が施された。基本的な変更点はセダンに準じたもので、まずエクステリアはフロントグリルとバンパー、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどのデザインを一新している。

インテリアでは、ツインスポークのスポーティーなデザインの新世代ステアリングホイールを採用。左右のスポークにはタッチパネルが埋設されており、スワイプ&タッチするなどしてナビゲーションやメーター内の各種設定、そして安全運転支援システムの操作など、すべてを手元で完結できる。

また従来はACC(自動再発進機能付きアクティブディスタンスアシスト・ディストロニック)使用時にステアリングホイールにかかるトルクか、タッチコントロールボタンへの接触でドライバーがステアリングホイールを握っているかどうかを判定していたが、新たに静電容量式センサーを備えたリムパッドを採用。これによってステアリングを握っているにもかかわらずアラートが出るといった現象を抑制することができ、使い勝手が向上している。

今回は中級グレードの「E300カブリオレ スポーツ」に試乗した。エンジンは「E200」に搭載される1.5リッター「M264」ユニットを2リッター化した「M264M20」で、ターボチャージャーによって最高出力258PS、最大トルク370N・mを発生。これにとても出来のいい9段AT「9Gトロニック」を組み合わせている。

「E300カブリオレ スポーツ」には、エアスプリングに電子制御ダンパーが組み合わされる「エアボディーコントロールサスペンション」が標準装備される。
「E300カブリオレ スポーツ」には、エアスプリングに電子制御ダンパーが組み合わされる「エアボディーコントロールサスペンション」が標準装備される。拡大
インテリアでは、12.3インチサイズの液晶ディスプレイが2枚並べられたインストゥルメントパネルが目を引く。基本デザインは「クーペ」に準じている。
インテリアでは、12.3インチサイズの液晶ディスプレイが2枚並べられたインストゥルメントパネルが目を引く。基本デザインは「クーペ」に準じている。拡大
スポーク部分が上下に2分割された「AMGスポーツステアリングホイール」を標準装備。感度に優れた静電容量式スイッチは使いやすい形状で、直感的に操作できる配置になっている。
スポーク部分が上下に2分割された「AMGスポーツステアリングホイール」を標準装備。感度に優れた静電容量式スイッチは使いやすい形状で、直感的に操作できる配置になっている。拡大
2リッター直4ターボエンジンは、最高出力258PS/5800-6100rpm、最大トルク370N・m/1800-4000rpmを発生。9段ATと組み合わされている。
2リッター直4ターボエンジンは、最高出力258PS/5800-6100rpm、最大トルク370N・m/1800-4000rpmを発生。9段ATと組み合わされている。拡大

想像以上に優れた快適性

まずソフトトップを閉めたままで走りだした。直前に「E300クーペ スポーツ」に試乗したこともあってコーナリング時にはわずかにボディー剛性が落ちるかなと感じたけれど、よく考えれば屋根のないクルマにとっては当たり前の話だし、すぐに気にならなくなった。それよりも驚いたのは多層構造のソフトトップによる静粛性の高さだ。おそらくそれと言わないで助手席に乗せたならば、オープンカーだとは気づかない人も多いはずだ。

高速道路に乗ってもその印象は変わらない。こと静粛性という点ではタイヤ銘柄の違いもあるだろうが、トップを閉じた状態での風切り音などはクーペよりも優れていた。

高速道路を降り、ソフトトップを開いてみた。開閉操作はセンターコンソールにあるスイッチひとつで、約50km/hまでなら走行中の開閉も可能だ。所要時間は20秒ほどで、渋滞時や信号待ちの間でも操作には十分こと足りる。試乗車のソフトトップのカラーはブラックだったが、これ以外にもブラウン、ダークブルー、ダークレッドがある。E300カブリオレ スポーツで選択できるボディーカラーは11色、インテリアは6種類の設定があるので、その組み合わせを考えるだけでも楽しめる。エメラルドグリーンのボディーカラーにブラウンのトップなどは、とてもシャレていると思う。

足まわりはエアサスと電子制御ダンパーを組み合わせた「エアボディーコントロールサスペンション」を標準装備する。走行モードは「コンフォート」から「スポーツ+」まで用意されており、その振り幅の広さが魅力だけれど、このクルマにはコンフォートがぴったりだと思う。

E300カブリオレ スポーツ」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4845×1860×1430mm、ホイールベースは2875mm。
「E300カブリオレ スポーツ」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4845×1860×1430mm、ホイールベースは2875mm。拡大
電動ソフトトップは約50km/hまでなら走行中の開閉も可能。オープン/クローズのアクションは、それぞれ約20秒で完了する。ほろは多層構造で、静粛性にも優れていた。
電動ソフトトップは約50km/hまでなら走行中の開閉も可能。オープン/クローズのアクションは、それぞれ約20秒で完了する。ほろは多層構造で、静粛性にも優れていた。拡大
インフォテインメントシステムのコントロール部分。同時にマイナーチェンジを受けた「クーペ」は大型のフルタッチバッド式に変更されたが、「カブリオレ」では従来通りダイヤルとタッチパッドの併用式となる。
インフォテインメントシステムのコントロール部分。同時にマイナーチェンジを受けた「クーペ」は大型のフルタッチバッド式に変更されたが、「カブリオレ」では従来通りダイヤルとタッチパッドの併用式となる。拡大
今回の試乗車は、前245/40R19 、後ろ275/35R19サイズの「グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3」ランフラットタイヤを装着していた。
今回の試乗車は、前245/40R19 、後ろ275/35R19サイズの「グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3」ランフラットタイヤを装着していた。拡大

わずか約3%の優越

試乗車にはオプションの、前方からの風を上方に跳ね上げるフロントウィンドウ上部のウインドディフレクターと後席後方からの風の巻き込みを防止するドラフトストップが装備されていた。さらにシートには、ヘッドレスト下部に小型セラミックヒーターを内蔵したエアスカーフが備わっており、これによって首元の暖を取ることができる。

走行モードはコンフォートを選択し、シートヒーターとエアスカーフをオンにして、冬の田舎道を流していたら、なんだか露天風呂につかっているような気分になった。頭寒足熱と言ったりするけれど、オープンカーが本当に気持ちいい季節は春とか秋ではなく、冬だと思う。流行のサウナよろしく“ととのう”瞬間が訪れる。日光浴目当ての欧米とは真逆といえそうだが、これぞ日本流のオープンカーの楽しみ方かもしれない。

国内で販売されるEクラスをボディータイプ別にみると、比率はセダン:ステーションワゴン:クーペ&カブリオレで、6:3:1くらいになるという。そしてクーペ:カブリオレ比ではおおよそ7:3というから、すなわちEクラスにおけるカブリオレの占める割合は約3%しかないというわけだ。

昨2020年まで5年連続で純輸入車として国内販売台数首位を記録してきただけに、いまやメルセデスを街で見かける機会は本当に増えた。裏を返せば物珍しさや新鮮さは失われつつあるといえるかもしれない。しかし、Eクラス カブリオレならW124の時代とも変わらない希少性が約束されている。そして密を避けよと叫ばれるこの時代に、さらっとこのクルマを選ぶセンスのよさに、感服するほかない。

(文=藤野太一/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

ウィンドウフレーム上部がせり上がり、オープン時にキャビンへの風の巻き込みを抑える電動式の「エアキャップ(写真)」は、「エクスクルーシブシートパッケージ」選択時に装着されるオプション。
ウィンドウフレーム上部がせり上がり、オープン時にキャビンへの風の巻き込みを抑える電動式の「エアキャップ(写真)」は、「エクスクルーシブシートパッケージ」選択時に装着されるオプション。拡大
後席背後に組み込まれる電動の「ドラフトストップ」は「エクスクルーシブシートパッケージ」に含まれるオプションアイテム。後席を覆う組み立て式のウインドディフレクター(写真)も、同時に装着できる。
後席背後に組み込まれる電動の「ドラフトストップ」は「エクスクルーシブシートパッケージ」に含まれるオプションアイテム。後席を覆う組み立て式のウインドディフレクター(写真)も、同時に装着できる。拡大
ソフトトップクローズ時の荷室容量は360リッター、同オープン時(写真)は285リッター。後席の背もたれは50:50の分割可倒式で、長尺物の収容も可能になっている。
ソフトトップクローズ時の荷室容量は360リッター、同オープン時(写真)は285リッター。後席の背もたれは50:50の分割可倒式で、長尺物の収容も可能になっている。拡大
「E300カブリオレ スポーツ」の車両本体価格は956万円。WLTCモード燃費値は11.3km/リッターと発表されている。
「E300カブリオレ スポーツ」の車両本体価格は956万円。WLTCモード燃費値は11.3km/リッターと発表されている。拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4845×1860×1430mm
ホイールベース:2875mm
車重:1870kg
駆動方式:FR
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:9段AT
最高出力:258PS(190kW)/5800-6100rpm
最大トルク:370N・m(37.7kgf・m)/1800-4000rpm
タイヤ:(前)245/40R19 98Y/(後)275/35R19 100Y(グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3)※ランフラットタイヤ
燃費:11.3km/リッター(WLTCモード)
価格:956万円/テスト車=1057万1000円
オプション装備:ボディーカラー<ルビーライトレッド>(9万7000円)/エクスクルーシブシートパッケージ<本革シート[ナッパレザー、ステッチ入り]、エアキャップ[ウインドディフレクター、ドラフトストップ]、エアバランスパッケージ[空気清浄機能、パフュームアトマイザー付き]、Burmesterサラウンドサウンドシステム[13スピーカー]、エアスカーフ[前席]、シートベンチレーター[前席]、マルチコントロールシートバック[前席]、サイドボルスター調整機能付きシート[前席]、リラクゼーション機能[前席]、エナジャイジングパッケージ[前席]>(91万4000円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:1602km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ
メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ拡大
 
メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。