クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

CESで示された空気に逆行!?
北米自動車ショーに見る保護主義の気配

2018.01.22 デイリーコラム

AutoMobili-Dは今年も期待外れ

冷たい雨に見舞われた後、半袖でも十分なポカポカ陽気となった2018年1月12日のラスベガス。CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)も残りわずかとなった頃、北東部のミシガン州デトロイトへと飛んだ。

NAIAS(北米国際自動車ショー)は、日本では「デトロイトショー」という名前で知られる、1907年初開催という歴史を誇る名門自動車イベントである。この時期のデトロイトは日中でもマイナス10度前後になることは珍しくない。特に今年は大寒波の影響で、NAIAS開催の10日ほど前は、マイナス25度という極寒だったそうだ。

さて、今年もNAIASは併催イベントのAutoMobili-Dから始まった。これはラスベガスのCESを強く意識したもので、次世代自動車産業について産学官が連携して考えていこうという試みだ。自動車産業には今、電動化、自動運転化、通信によるコネクテッド化、さらにライドシェアリングなどの新しいサービスの創出という、時代変革の大波が押し寄せている。そんな中、“モータウン”としてアメリカ経済を支えるこの地で、オートモービルからモビリティーへの大転換を提唱しようというのだ。

2年目となる今回も、昨年と同じく基調講演やパネルディスカッション、またベンチャーや大学、自動車部品メーカーなどによる特別展示などが行われた。だが客足はというと、昨年の第1回同様、基調講演の一部が満席となったが、多くのセッションでは空席が目立った。特別展示会場もどこもガラ~ンとして活気がない。やはり、トラディショナルなモータウンにITなどの新技術は不似合いなのだろうか? 「来年はここでの出展はないと思う」と漏らす自動車部品メーカー関係者もいたが、来年はAutoMobili-D自体の開催が危ぶまれるだろう。

デトロイトの象徴、ゼネラルモーターズの本社が入るルネッサンスセンター。
デトロイトの象徴、ゼネラルモーターズの本社が入るルネッサンスセンター。拡大
未来のモビリティーを提案する併催イベント、AutoMobili-Dの様子。初日のイーレン・チャオ運輸長官の講演以外はまさに“人気なし”だった。
未来のモビリティーを提案する併催イベント、AutoMobili-Dの様子。初日のイーレン・チャオ運輸長官の講演以外はまさに“人気なし”だった。拡大
展示会場は今年も閑古鳥。来年は、AutoMobili-Dの開催はないかもしれない。
展示会場は今年も閑古鳥。来年は、AutoMobili-Dの開催はないかもしれない。拡大

本会場の主役は、デトロイトスリー

一方、1月15日にプレスデー初日を迎えたNAIASの本会場では、例年通りネクタイ姿のビジネスマンたちの姿が目立った。彼らはメディアではなく、自動車メーカー、自動車部品メーカー、そして全米各地の自動車ディーラーの関係者だ。NAIASはアメリカ自動車産業界にとって業界新年会のような位置付けだ。アメリカの自動車ディーラーは基本的に独立資本のため、メーカーはディーラーに対してNAIASの場を利用して、昨年の業績報告と今年の投入する新製品に対する抱負を述べるのだ。

出展車を見ると、当然ながら主役は地元デトロイトスリーだ。以前はビックスリーと呼ばれていたが、いわゆるリーマンショックの後、ゼネラルモーターズ(GM)と当時のクライスラーが経営破たんしたことを受けて、デトロイトの地場メーカーという意味合いとしてデトロイトスリー(GM、フォード、FCA)という表現がメディアで使われるようになった。

今回は、GMとFCAがフルサイズピックアップトラックをモデルチェンジ。すなわち「シボレー・シルバラード」と「ラムトラック」が外装、内装、パワートレイン、そしてコネクテッド関連の装備を刷新して登場したのだ。ピックアップトラック王者である「フォードF-150」への強い対抗心の表れである。

一方フォードは、「マスタング ブリット」の“再生”で注目を集めた。ブリットは1960年代に名優スティーブ・マックイーンによるカーチェイスで話題となった人気映画を基に企画された、マスタングのスペシャルバージョンである。今回、“オリジナル”とともに出展された現行型「マスタング ブリット」の発表式では、マックイーンの孫にあたる女優がプレゼンターを務めた。

新型「フォード・マスタング ブリット」とともに展示された、1968年型「マスタングGT390」。スティーブ・マックイーン主演の映画『ブリット』に登場したモデルで、ファンの間では映画と同じ「ブリット」の愛称で親しまれている。
新型「フォード・マスタング ブリット」とともに展示された、1968年型「マスタングGT390」。スティーブ・マックイーン主演の映画『ブリット』に登場したモデルで、ファンの間では映画と同じ「ブリット」の愛称で親しまれている。拡大

会場にただよう保護主義の空気

フォードとFCAはCESにも出展しており、NAIASでも自動運転実験車両などの展示を行っていた。それでも、主役は間違いなくトラディショナルな“アメ車”だ。おととしからCESを欠席しているGMも、今回のイチ押しはシルバラード。完全自動運転車の導入は発表したが、それは本会場での展示ではなかった。ドメスティックで保守的な展示が幅を利かせる流れの裏には、どことなくトランプ政権がゴリ押しする「メイド・イン・アメリカ」「バイ・アメリカン」といった保護主義の気配が感じられる。

こうした状況下でも、日系メーカーを見るとトヨタがレクサスの次世代フラッグシップSUVの姿を示唆する「LF-1リミットレス」を、ホンダが新型「インサイト」を、日産が次世代SUVの「クロスモーション」を出展。だが、スバルから新型車の発表はなく、マツダは欠席、そして三菱は本会場外の通路に歴代車を3台並べるにとどまった。

ジャーマンスリーも、「メルセデス・ベンツGクラス」「BMW X2」「フォルクスワーゲン・ジェッタ」などを発表するも、発表の内容からは「トランプ政権の顔色を見ながら」といった慎重な事業戦略を進めているように思えた。

このように、注目される展示の傾向や、ショーに対する出展者の姿勢を見るにつけ、今年もデトロイトのNAIASは、ラスベガスのCES(の自動車関連展示)とは対照的な印象だった。

(文=桃田健史/編集=堀田剛資)
 

レクサスからは「LS」「LC」と共にフラッグシップを担う「LF-1リミットレス」が登場した。
レクサスからは「LS」「LC」と共にフラッグシップを担う「LF-1リミットレス」が登場した。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。