クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

英字入りのナンバープレート
あなたはアリ? それともナシ?

2018.01.26 デイリーコラム

「希望番号制度」を維持するために

あなたは、自動車のナンバープレートに生じる新たな変化をご存じだろうか? これまで漢字、ひらがな、数字で構成されていたナンバープレートに、新たにアルファベット表示が導入されることになったのだ。

平成28年12月28日、国土交通省は、道路運送車両法施行規則等の一部改正を発表した。その中に含まれていたのが、ナンバープレートの分類番号へのアルファベットの導入だ。分類番号とは、ナンバーの上部に表記される、地域名の隣の数字のこと。「301」や「530」といった自動車の種類および用途を示す数字だ。この数字の下1~2桁にアルファベットが用いられる。例えば、「30A」や「5AC」といった調子だ。

このような展開になったのは、ナンバープレートの希望番号制度の普及に伴い、ナンバープレート番号が枯渇したのが理由。つまり、今後も希望者に好きなナンバーを提供し続けることを念頭に考え出されたアイデアなのだ。

施行は、平成29年1月1日であったが、アルファベット入りナンバーの初交付は、同年の12月12日、練馬陸運局でのことだった。現時点ではこのほか、平成29年中に交付された「横浜」に続き、今年は「名古屋」でも初交付される見通しだ。施行から交付までのタイムラグがあるのは、従来の数字のみの分類番号で使い切った数字が出てから、つまり、枯渇した番号から順に、アルファベットを用いたナンバーが交付されるから。新制度導入後の地域でも、枯渇していない番号については、3桁とも数字の分類番号のままで交付される。このため、全国一斉のスタートとはならなかったのだ。

アルファベット表記といっても、写真のようなナンバープレートになるわけではありません。念のため。


	アルファベット表記といっても、写真のようなナンバープレートになるわけではありません。念のため。
	拡大

今後じわじわ増えていく

現時点で判明している枯渇番号は、すべて3ナンバーで、練馬の「・・・8」、横浜の「80-00」、名古屋の「・・・1」の3つとされる。今後、いつどこでアルファベットを用いたナンバーが交付されるかは、地域のニーズ次第。ただ希望ナンバーでは、人気の高い15の数字のみ抽選制を用いている。これらの数字が比較的早くアルファベット入りのナンバーとなる可能性が高い。

分類番号に用いるアルファベットは、現時点で10文字に限定。これは数字と間違えやすい、IやBなどの文字を除外したため。人の視認に加え、駐車場などカメラでナンバーの識別を行うシステムへの影響を考慮しているのだ。ただ国交省によると、除外したアルファベットも、誤認などの影響がないようなら、今後使用していく予定だという。

さて、ただの番号不足なら、ご当地ナンバーを増やす手もあると思う人もいるはずだ。これについて国交省は、「ご当地ナンバーは、あくまで地域振興が目的であり、ナンバーを増やすことを目的としておらず、地域の要望がなければ、新設されることはない」とのこと。もちろん、今後もご当地ナンバーは増えていくと考えられるため、地域によっては、アルファベット入りナンバーの導入は先送りになるだろう。

クルマ好きに限らず、これまでしばしば見た目が洗練されていないなどと指摘されてきた日本のナンバーだが、アルファベットが用いられたことによる変化には、さまざまな意見があると思う。

筆者自身は、「アルファベット入りのナンバーは、あまりカッコいいとは思えない」というのが正直な印象。これまで希望ナンバーを利用したこともないし、既存のナンバーの持つバランスを重視したいと思ってしまった。しかしながら、数字に思い入れがある人にとっては、お気に入りの番号が選べるチャンスが増えたことは、朗報といえそうだ。

(文=大音安弘/写真=webCG/編集=関 顕也)

新制度では、写真の「535」にあたる3桁数字の一部にアルファベットが用いられる。
新制度では、写真の「535」にあたる3桁数字の一部にアルファベットが用いられる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。