「ルノー・トゥインゴGT」の通常販売がスタート

2018.02.01 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴGT」
「ルノー・トゥインゴGT」拡大

ルノー・ジャポンは2018年2月1日、コンパクトカー「トゥインゴ」の上級グレード「GT」をラインナップに追加し、同年2月22日に発売すると発表した。

 
「ルノー・トゥインゴGT」の通常販売がスタートの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴGT」の通常販売がスタートの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴGT」の通常販売がスタートの画像拡大

トゥインゴGTは、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールが手がけたトゥインゴのスポーティーグレードである。最高出力109psを発生するターボエンジンと専用チューニングを施したシャシーを特徴としている。

同車は、2017年10月に200台の台数限定で日本に導入(5段MT仕様、ボディーカラーは「オランジュ ブレイズ」のみ)されており、当時より2018年はじめにカタログモデル化することがアナウンスされていた。

今回は、新たに6段のデュアルクラッチ式AT(EDC)仕様も設定。また、ボディーカラーにも「グリ リュネール」を追加している。なお、限定車が備えていた、NACAダクトをイメージしたという、ボンネットからルーフ後端へと続くデカールは省略された。

価格は5段MT車が229万円、6段AT車が239万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール【動画試乗記】 2013.3.1 試乗記 ルノー・メガーヌ ルノースポール(注文生産オプション 19インチホイール)(FF/6MT)
    ……422万円

    最高峰レースの舞台として知られる鈴鹿サーキットを、ルノーのハイパフォーマンスクーペ「メガーヌR.S.」でタイムアタック。果たして、その結果は……? 動画で報告する。

    『CG』2013年4月号には、今回のタイムアタックの様子を荒 聖治氏が自ら記したインプレッションが掲載されています。併せてご覧ください。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
ホームへ戻る