「ルノー・トゥインゴGT」の通常販売がスタート

2018.02.01 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴGT」
「ルノー・トゥインゴGT」拡大

ルノー・ジャポンは2018年2月1日、コンパクトカー「トゥインゴ」の上級グレード「GT」をラインナップに追加し、同年2月22日に発売すると発表した。

 
「ルノー・トゥインゴGT」の通常販売がスタートの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴGT」の通常販売がスタートの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴGT」の通常販売がスタートの画像拡大

トゥインゴGTは、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールが手がけたトゥインゴのスポーティーグレードである。最高出力109psを発生するターボエンジンと専用チューニングを施したシャシーを特徴としている。

同車は、2017年10月に200台の台数限定で日本に導入(5段MT仕様、ボディーカラーは「オランジュ ブレイズ」のみ)されており、当時より2018年はじめにカタログモデル化することがアナウンスされていた。

今回は、新たに6段のデュアルクラッチ式AT(EDC)仕様も設定。また、ボディーカラーにも「グリ リュネール」を追加している。なお、限定車が備えていた、NACAダクトをイメージしたという、ボンネットからルーフ後端へと続くデカールは省略された。

価格は5段MT車が229万円、6段AT車が239万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
ホームへ戻る