最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売

2018.02.20 自動車ニュース
「BMW M3 CS」
「BMW M3 CS」拡大

BMWジャパンは2018年2月20日、高性能セダン「BMW M3 CS」の導入を発表。同日、30台限定で発売した。

 
最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売の画像拡大

今回のM3 CSは、4ドアのハイパフォーマンスモデル「BMW M3コンペティション」をベースに、サーキット走行を視野に一段と性能を高めたモデルだ。

3リッター直列6気筒ターボエンジンは、M3コンペティションよりも10ps増しの最高出力460psを発生。最大トルクは50Nmアップし、600Nmとなっている。0-100km/hの加速タイムは、欧州測定値で3.9秒である。

エクステリアについては、CFRP製の前後スポイラーやリアディフューザー、オービットグレーの軽量化鍛造アロイホイール、4本出しのテールパイプなどが特徴。一方インテリアは、シルバーのアクセントが添えられたメリノレザーシートが装着される。

CSモデル専用に調整されたアダプティブMサスペンションや、アクティブMディファレンシャルは、各システムが介入する程度を細かく調整できるため、ドライバーの要求に応じてサーキット走行から街中での日常的な走行まで楽しめるという。

M3 CSの主な装備は以下の通り。

  • 専用CFRP製フロントスプリッター
  • 専用MアロイホイールVスポークスタイリング763M(オービットグレー塗装。サイズは、フロント:255/35R19、リア:285/30R20)
  • 専用CFRP製リアスポイラー/リアディフューザー
  • 専用ダークカラーLEDテールランプ
  • 専用バケットシート(レザーメリノ:ブラック&シルバーストーン)
  • 専用アルカンターラMスポーツステアリングホイール(センターマーク付き)
  • 専用エンジンスタートボタン(レッド)
  • 専用アルカンターラアンソラジットトリム(CSレタリング付き)/センターコンソール/ハンドブレーキ
  • Mドライバーズパッケージ

価格は1578万円。

今回のM3 CS発売にあわせて、M4 CSの2018年生産モデルは、一部の装備を追加するとともに価格が1598万円から1630万円へと変更されている。

(webCG)
 

関連キーワード:
M4クーペ, M3セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW M4クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィーPHEV(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.18 試乗記 ランドローバー伝統の最上級SUV「レンジローバー」に設定されたプラグインハイブリッドモデル「オートバイオグラフィーPHEV」に試乗。EUの厳しい排ガス規制に対応すべくパワーユニットの電動化を推し進める同ブランドの戦略と、その走りをリポートする。
ホームへ戻る