最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売

2018.02.20 自動車ニュース
「BMW M3 CS」
「BMW M3 CS」拡大

BMWジャパンは2018年2月20日、高性能セダン「BMW M3 CS」の導入を発表。同日、30台限定で発売した。

 
最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売の画像拡大

今回のM3 CSは、4ドアのハイパフォーマンスモデル「BMW M3コンペティション」をベースに、サーキット走行を視野に一段と性能を高めたモデルだ。

3リッター直列6気筒ターボエンジンは、M3コンペティションよりも10ps増しの最高出力460psを発生。最大トルクは50Nmアップし、600Nmとなっている。0-100km/hの加速タイムは、欧州測定値で3.9秒である。

エクステリアについては、CFRP製の前後スポイラーやリアディフューザー、オービットグレーの軽量化鍛造アロイホイール、4本出しのテールパイプなどが特徴。一方インテリアは、シルバーのアクセントが添えられたメリノレザーシートが装着される。

CSモデル専用に調整されたアダプティブMサスペンションや、アクティブMディファレンシャルは、各システムが介入する程度を細かく調整できるため、ドライバーの要求に応じてサーキット走行から街中での日常的な走行まで楽しめるという。

M3 CSの主な装備は以下の通り。

  • 専用CFRP製フロントスプリッター
  • 専用MアロイホイールVスポークスタイリング763M(オービットグレー塗装。サイズは、フロント:255/35R19、リア:285/30R20)
  • 専用CFRP製リアスポイラー/リアディフューザー
  • 専用ダークカラーLEDテールランプ
  • 専用バケットシート(レザーメリノ:ブラック&シルバーストーン)
  • 専用アルカンターラMスポーツステアリングホイール(センターマーク付き)
  • 専用エンジンスタートボタン(レッド)
  • 専用アルカンターラアンソラジットトリム(CSレタリング付き)/センターコンソール/ハンドブレーキ
  • Mドライバーズパッケージ

価格は1578万円。

今回のM3 CS発売にあわせて、M4 CSの2018年生産モデルは、一部の装備を追加するとともに価格が1598万円から1630万円へと変更されている。

(webCG)
 

関連キーワード:
M4クーペ, M3セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW M4クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【試乗記】 2019.11.27 試乗記 次世代エンジンとして注目を集めてきた「スカイアクティブX」を搭載した「マツダ3」が、いよいよ日本の道を走りだす。既存の2リッターエンジン比でおよそ70万円アップ、夢のエンジンに投じるお金でどんな世界が見られるのだろうか。
ホームへ戻る