最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売

2018.02.20 自動車ニュース
「BMW M3 CS」
「BMW M3 CS」拡大

BMWジャパンは2018年2月20日、高性能セダン「BMW M3 CS」の導入を発表。同日、30台限定で発売した。

 
最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売の画像拡大

今回のM3 CSは、4ドアのハイパフォーマンスモデル「BMW M3コンペティション」をベースに、サーキット走行を視野に一段と性能を高めたモデルだ。

3リッター直列6気筒ターボエンジンは、M3コンペティションよりも10ps増しの最高出力460psを発生。最大トルクは50Nmアップし、600Nmとなっている。0-100km/hの加速タイムは、欧州測定値で3.9秒である。

エクステリアについては、CFRP製の前後スポイラーやリアディフューザー、オービットグレーの軽量化鍛造アロイホイール、4本出しのテールパイプなどが特徴。一方インテリアは、シルバーのアクセントが添えられたメリノレザーシートが装着される。

CSモデル専用に調整されたアダプティブMサスペンションや、アクティブMディファレンシャルは、各システムが介入する程度を細かく調整できるため、ドライバーの要求に応じてサーキット走行から街中での日常的な走行まで楽しめるという。

M3 CSの主な装備は以下の通り。

  • 専用CFRP製フロントスプリッター
  • 専用MアロイホイールVスポークスタイリング763M(オービットグレー塗装。サイズは、フロント:255/35R19、リア:285/30R20)
  • 専用CFRP製リアスポイラー/リアディフューザー
  • 専用ダークカラーLEDテールランプ
  • 専用バケットシート(レザーメリノ:ブラック&シルバーストーン)
  • 専用アルカンターラMスポーツステアリングホイール(センターマーク付き)
  • 専用エンジンスタートボタン(レッド)
  • 専用アルカンターラアンソラジットトリム(CSレタリング付き)/センターコンソール/ハンドブレーキ
  • Mドライバーズパッケージ

価格は1578万円。

今回のM3 CS発売にあわせて、M4 CSの2018年生産モデルは、一部の装備を追加するとともに価格が1598万円から1630万円へと変更されている。

(webCG)
 

関連キーワード:
M4クーペ, M3セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW M4クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
ホームへ戻る