メルセデス・ベンツSLにスポーティな特別仕様車

2011.08.09 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSL」に上質&スポーティな特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2011年8月5日、ロードスター「SLクラス」に特別仕様車「Grand Edition(グランドエディション)」を設定。カタログモデルとして、同日販売を開始した。

内外装の上質感とスポーティさを一層引き立てたという特別仕様車「グランドエディション」は、3.5リッターV6エンジン搭載の「SL350」と、5.5リッターV8エンジン搭載の「SL550」に設定される。

エクステリアには、チタニウムグレーにペイントされた19インチAMG5スポークアルミホイールやスクエアデザインのツインクロームエグゾーストエンド、クロームショルダーライントリム、ハイグロスドアハンドルなどを装備。ボディカラーは通常の11色に加えて、グランドエディション専用色「designoクリスタルシルバー」(35万円)も選択が可能だ。
インテリアでは、スーパースポーツカー「SLRマクラーレンロードスター」と同じデザインのシフトノブを装着し、トリムにもグランドエディション専用のものが採用される。

またオプションとして、フロントスポイラー、サイド/リアスカートと、チタニウムグレーペイント19インチAMG5ツインスポークアルミホイールなどがセットになった「AMGスポーツパッケージ」も用意。さらにミリ波レーダーによる車間維持機能が付いたクルーズコントロールシステム「ディストロニック」も新価格(25万円)で装着することができる。

価格は「SL350グランドエディション」が1220万円、「SL550グランドエディション」が1565万円。なお両モデルは、従来の「SL350」「SL550」と置き換えられ、カタログモデルとして販売される。

(webCG 本諏訪)

「メルセデス・ベンツSL350グランドエディション」
「メルセデス・ベンツSL350グランドエディション」 拡大

関連キーワード:
SL, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SL の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
ホームへ戻る