【ジュネーブショー2018】発売は2018年末、アウディが市販EV「e-tron」のプロトタイプを発表

2018.03.07 自動車ニュース
「アウディe-tron」のプロトタイプ。
「アウディe-tron」のプロトタイプ。拡大

独アウディは2018年3月6日、第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)において、同社初の電気自動車(EV)「e-tron」のプロトタイプを世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2018】発売は2018年末、アウディが市販EV「e-tron」のプロトタイプを発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】発売は2018年末、アウディが市販EV「e-tron」のプロトタイプを発表の画像拡大

アウディe-tronは、ヨーロッパで2018年末の発売が予定されている、SUVタイプのEVである。生産については、カーボンニュートラルを実現したベルギーのブリュッセル工場で行われる。

5人が乗車可能な車内空間と、ゆとりのある荷室スペース、長距離ドライブも可能な航続距離、そして電動の「クワトロ」4WDシステムがかなえる高いパフォーマンスが特徴として挙げられており、また市販バージョンには、30分以下で充電を済ませられる150kW対応の急速充電システムも用意されるという。

同車について、アウディは量産を開始するまでに約250台の試作車を製作し、距離にして500万km以上、時間にして8万5000時間に相当するテストを世界各地で実施。耐候試験などに加えて充電技術のテストも行う予定で、さまざまな充電方法を検証するため、個別の充電基準に対するテストを試験場や公共エリアで実施するという。

アウディは、今回のe-tronをベースとしたSUVに、コンセプトカー「e-tronスポーツバックコンセプト」の市販バージョンとコンパクトセグメントのニューモデルを加えた3種類のEVを2020年までに市場に投入。さらに2025年までに、20モデル以上のEVとプラグインハイブリッド車を発売するとしている。

(webCG)
 

関連キーワード:
アウディ, ジュネーブモーターショー2018, モーターショー, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事