【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場

2018.03.08 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」拡大

伊ランボルギーニは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)において、新型オープンモデル「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」を公開した。

 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大

ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーは、2017年のジュネーブモーターショーでデビューした高性能モデル「ウラカン ペルフォルマンテ」のオープンバージョン。

エアロパーツ内の空気の流れを変化させることで常に最適な空力特性を実現するアクティブエアロダイナミクスシステムや、最新の軽量化技術を採用するとともに、パワートレインやシャシー性能を強化することで、パフォーマンスの向上が図られている。

ルーフは電動式のソフトトップタイプで、50km/hでの走行中でも17秒で開閉可能となっている。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4506×1924×1180mmで、ホイールベースは2620mm。車体の乾燥重量は、クーペのウラカン ペルフォルマンテ(1382kg)比で125kg増しの1507kgと公表される。

5.2リッターV10ユニットのスペックはクーペと変わらず、最高出力640ps、最大トルク600Nmを発生するが、0-100km/h加速は3.1秒とウラカン ペルフォルマンテ(2.9秒)には一歩譲る。最高速度は325km/h。

ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーのデリバリーの開始時期は2018年夏以降。日本における価格は3561万3532円である。

(webCG)
 

関連キーワード:
ウラカン スパイダー, ランボルギーニ, ジュネーブモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン スパイダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー/アヴェンタドールSVJロードスター 2019.3.6 画像・写真 伊ランボルギーニは2019年3月5日(現地時間)、V10エンジン搭載の「ウラカンEVOスパイダー」とV12エンジン搭載の「アヴェンタドールSVJロードスター」を、ジュネーブモーターショー発表。それぞれを写真で紹介する。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
ホームへ戻る