【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場

2018.03.08 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」拡大

伊ランボルギーニは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)において、新型オープンモデル「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」を公開した。

 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大

ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーは、2017年のジュネーブモーターショーでデビューした高性能モデル「ウラカン ペルフォルマンテ」のオープンバージョン。

エアロパーツ内の空気の流れを変化させることで常に最適な空力特性を実現するアクティブエアロダイナミクスシステムや、最新の軽量化技術を採用するとともに、パワートレインやシャシー性能を強化することで、パフォーマンスの向上が図られている。

ルーフは電動式のソフトトップタイプで、50km/hでの走行中でも17秒で開閉可能となっている。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4506×1924×1180mmで、ホイールベースは2620mm。車体の乾燥重量は、クーペのウラカン ペルフォルマンテ(1382kg)比で125kg増しの1507kgと公表される。

5.2リッターV10ユニットのスペックはクーペと変わらず、最高出力640ps、最大トルク600Nmを発生するが、0-100km/h加速は3.1秒とウラカン ペルフォルマンテ(2.9秒)には一歩譲る。最高速度は325km/h。

ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーのデリバリーの開始時期は2018年夏以降。日本における価格は3561万3532円である。

(webCG)
 

関連キーワード:
ウラカン スパイダー, ランボルギーニ, ジュネーブモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン スパイダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーランTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.25 試乗記 デビューから6年を経て、またしても改良を受けた「フォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーラン」。その魅力はいまだ健在か? ライバルに対するアドバンテージは保たれているのか? 新エンジンが搭載された「TSIハイライン」に試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る