第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R

2018.05.01 カーマニア人間国宝への道

GT-Rのデザインは正しかったのか!?

中村史郎氏が「デザインとしては正しいことをしたという確信がある」と語った「GT-R」。私もまったく同感だ。

現行のR35 GT-Rのデザインは、R32からの「スカイラインGT-R」の流れをしっかり継承しつつ、よりマッチョに、よりロボットっぽく、あるいは兵器そのものに近い無敵感を漂わせている。

私が特に好きなのは、リアピラーの折れ曲がりだ。まるで力をためつつ、今にもバキョーンとはじけそうな予感を抱かせるじゃないか!

GT-Rのデザインは、あれしかなかったと考える。もちろんデザインの可能性は無限大なわけで、あれしかないわけはないのですが、なにせ自分じゃ1ミリもデザインできないので、私としては「あれしかない!」と言える。あるいは「完璧に正しかった!」ですかね?

しかし、じゃあそんなGT-Rが欲しいかと言われたら、典型的な日本のカーマニアである私は、躊躇(ちゅうちょ)せずに「NO」と答える。身銭切って買うスポーツカーは、もっと小柄で優美で有機的で、ウットリするようなデザインのものが欲しいので……。

いま乗っている「フェラーリ328」はまさにそれ。その前の愛車だった「458イタリア」も、大柄ながら方向性は同じだった。つまり、古典的ヨーロピアン・エレガンスと申しましょうか!

周囲を見渡すと、似たような意見のカーマニアが多い。まぁ私の場合、周囲はフェラーリファンだらけなので当然ですが……。

果たしてGT-Rのデザインは、本当のところ成功だったのだろうか。いや、もっと身近に言うと、日本のカーマニアにとって福音だったのか?

「日産GT-R NISMO」と筆者。(写真=池之平昌信)
「日産GT-R NISMO」と筆者。(写真=池之平昌信)拡大
「日産GT-R NISMO」のサイドビュー。(写真=池之平昌信)
 
「日産GT-R NISMO」のサイドビュー。(写真=池之平昌信)
	 拡大
「日産GT-R NISMO」のリアビュー。(写真=池之平昌信)
「日産GT-R NISMO」のリアビュー。(写真=池之平昌信)拡大
「GT-R」や「フェアレディZ」などの開発に携わってきた日産のテストドライバー・加藤博義氏と筆者。加藤氏は2003年に厚生労働省管轄の“現代の名工”に選出されている。(写真=池之平昌信)
「GT-R」や「フェアレディZ」などの開発に携わってきた日産のテストドライバー・加藤博義氏と筆者。加藤氏は2003年に厚生労働省管轄の“現代の名工”に選出されている。(写真=池之平昌信)拡大
「フェラーリ458イタリア」(写真=池之平昌信)
「フェラーリ458イタリア」(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • EVでもターボ、ターボ車でもターボなし!? ポルシェにとって“ターボ”の名が特別な理由 2020.3.20 デイリーコラム ポルシェの現行モデルはほとんどがターボ車だが、車名に「ターボ」が記されるのは「911ターボ」などごく一部にすぎない。その一方で電気自動車「タイカン」には「ターボ」の名が与えられている。ポルシェがターボの名を特別視するのはなぜなのだろうか。
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:NISMO/無限編)【試乗記】 2018.8.19 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、”峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。後編ではNISMOがチューンした「GT-R」「ノートe-POWER」と、無限のパーツをフル装備した「シビックハッチバック」「ヴェゼル」「オデッセイ」の走りをリポートする。
ホームへ戻る