トヨタ86 GR(後編)

2018.05.10 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が「86 GR」に試乗。TOYOTA GAZOO Racingがノウハウを注ぎ込んだ、コンプリートカーの仕上がりは? 86に詳しいプロフェッショナルの視点からリポートする。

500万円の価格はむしろ割安

86 GRをじっくり観察し終えた谷口信輝は、おもむろに運転席に腰掛けるとダッシュボード上のスタートボタンを押し込んでエンジンを始動。続いてローギアを選択すると、静かに走り始めた。

写真撮影のために、私たちの目の前を86 GRで何度も往復する谷口。そのペースは、なかなか速いように思えた。

「よくバランスがとれていて、カーブがとっても楽しいクルマですよ。限界はそれなりに高いから、これでも全然、許容範囲内におさまっている。別に攻めているつもりはありませんが、ポテンシャルはまだまだ余っている状態です」 運転席から降り立った谷口はそう語った。

「ステアリングフィールは、僕がよく言う『数字がきれいに並んでいる』タイプ。つまり、操舵量に比例して正確に曲がっていく特性に仕上げられています。ブレーキは踏めば踏むだけしっかりと利いてくる。僕は、ブレーキ踏力で制動力をコントロールしたいので、パッドが勝手にかみ込んでいくタイプは好きじゃないんですが、その意味でもこのブレーキはいいですね。キャリパーががっしりとしている印象です」

乗り心地はどうか?
「ちょっとダンパーが硬めな気もしますが、その分、コーナリングの楽しさが引き出されているので、いいんじゃないですか? つまり、クルマの性格がはっきりと走り方向に振られていて、ノーマルとは別のキャラクターに仕立てられている。おかげで、やや間口は狭くなるかもしれませんが、ノーマルとのすみ分けはうまくできていると思いますよ」

86 GRのように自動車メーカー自身が開発・販売するチューニングカーにはどんな魅力があるのか? 谷口に語ってもらった。

 
トヨタ86 GR(後編)の画像拡大
 
トヨタ86 GR(後編)の画像拡大
 
トヨタ86 GR(後編)の画像拡大
 
トヨタ86 GR(後編)の画像拡大
トヨタ86 GR
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4290×1790×1320mm/ホイールベース:2570mm/車重:1240kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:207ps(152kW)/7000rpm/最大トルク:212Nm(21.6kgm)/6400-6800rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y/(後)235/45ZR17 97Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/価格:496万8000円
トヨタ86 GR
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4290×1790×1320mm/ホイールベース:2570mm/車重:1240kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:207ps(152kW)/7000rpm/最大トルク:212Nm(21.6kgm)/6400-6800rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y/(後)235/45ZR17 97Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/価格:496万8000円拡大

関連キーワード:
86, トヨタ,

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • 「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場 2018.7.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年7月2日、「86」に「GRスポーツ」を設定し、販売を開始した。2017年秋に発表したスポーツカーシリーズ、GRのエントリーモデルとなるもので、“気軽にスポーツを楽しめる”モデルとなっている。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る