トヨタ86 GR(後編)

2018.05.10 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が「86 GR」に試乗。TOYOTA GAZOO Racingがノウハウを注ぎ込んだ、コンプリートカーの仕上がりは? 86に詳しいプロフェッショナルの視点からリポートする。

500万円の価格はむしろ割安

86 GRをじっくり観察し終えた谷口信輝は、おもむろに運転席に腰掛けるとダッシュボード上のスタートボタンを押し込んでエンジンを始動。続いてローギアを選択すると、静かに走り始めた。

写真撮影のために、私たちの目の前を86 GRで何度も往復する谷口。そのペースは、なかなか速いように思えた。

「よくバランスがとれていて、カーブがとっても楽しいクルマですよ。限界はそれなりに高いから、これでも全然、許容範囲内におさまっている。別に攻めているつもりはありませんが、ポテンシャルはまだまだ余っている状態です」 運転席から降り立った谷口はそう語った。

「ステアリングフィールは、僕がよく言う『数字がきれいに並んでいる』タイプ。つまり、操舵量に比例して正確に曲がっていく特性に仕上げられています。ブレーキは踏めば踏むだけしっかりと利いてくる。僕は、ブレーキ踏力で制動力をコントロールしたいので、パッドが勝手にかみ込んでいくタイプは好きじゃないんですが、その意味でもこのブレーキはいいですね。キャリパーががっしりとしている印象です」

乗り心地はどうか?
「ちょっとダンパーが硬めな気もしますが、その分、コーナリングの楽しさが引き出されているので、いいんじゃないですか? つまり、クルマの性格がはっきりと走り方向に振られていて、ノーマルとは別のキャラクターに仕立てられている。おかげで、やや間口は狭くなるかもしれませんが、ノーマルとのすみ分けはうまくできていると思いますよ」

86 GRのように自動車メーカー自身が開発・販売するチューニングカーにはどんな魅力があるのか? 谷口に語ってもらった。

 
トヨタ86 GR(後編)の画像拡大
 
トヨタ86 GR(後編)の画像拡大
 
トヨタ86 GR(後編)の画像拡大
 
トヨタ86 GR(後編)の画像拡大
トヨタ86 GR
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4290×1790×1320mm/ホイールベース:2570mm/車重:1240kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:207ps(152kW)/7000rpm/最大トルク:212Nm(21.6kgm)/6400-6800rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y/(後)235/45ZR17 97Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/価格:496万8000円
トヨタ86 GR
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4290×1790×1320mm/ホイールベース:2570mm/車重:1240kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:207ps(152kW)/7000rpm/最大トルク:212Nm(21.6kgm)/6400-6800rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y/(後)235/45ZR17 97Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/価格:496万8000円拡大

関連キーワード:
86, トヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • 「トヨタGRスープラ」の生産を手がける
    マグナ・シュタイヤーってどんな会社?
    2019.4.17 デイリーコラム 「トヨタGRスープラ」と「BMW Z4」の姉妹に加えて、「メルセデス・ベンツGクラス」などの生産を手がけているマグナ・シュタイヤー。ニッチなクルマの存在を支える、自社ブランドを持たない完成車メーカーについて紹介する。
  • 【オートモビル カウンシル2019】トヨタが新旧「スープラ」を展示 2019.4.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年4月5日、千葉・幕張メッセで開催中の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)において、「Neo Classic 80's」をテーマとするトヨタ博物館のブースを出展した。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
ホームへ戻る