第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー

2018.05.08 カーマニア人間国宝への道

国産スポーツカー vs ポルシェ

「86/BRZ」、9260台。「ロードスター」、7005台。
「レクサスLC」、2461台。「レクサスRC」、1061台。
そして、「GT-R」が1033台の、「フェアレディZ」、558台で、「NSX」が159台。

昨年(2017年)、日本で売れたスポーツカーの台数を見てみると、国内でビジネス的に最も成功しているのは、レクサスLCということになるでしょうか?

LCと86/BRZとでは、売上額では同程度になる計算ですが。クルマは高価格になるほど利ザヤ率が大きいと申しますので。それが比較的少量生産のスポーツカーにも当てはまるのかどうか。開発費まで考えると、まるで見当もつきませんが……。

しかし国産勢だけ見ていてはイカン。今やスポーツカー好きは、大挙輸入車に流れているのだから。中でも圧倒的なシェアを占めているのがポルシェだ。

昨年、ポルシェがいったい何台売れたのかというと……。

ポルシェ全モデル合計:6923台

平均価格を考えると、実に恐るべき台数だ。ただしこれはSUVも含まれた台数。ポルシェのスポーツカーはどれくらい売れたのか?

「日産GT-R」と筆者。(写真=池之平昌信)
「日産GT-R」と筆者。(写真=池之平昌信)拡大
「トヨタ86」
「トヨタ86」拡大
「マツダ・ロードスター」
「マツダ・ロードスター」拡大
「レクサスLC」
「レクサスLC」拡大
「ポルシェ・カイエン」
「ポルシェ・カイエン」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る