第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー

2018.05.08 カーマニア人間国宝への道

国産スポーツカー vs ポルシェ

「86/BRZ」、9260台。「ロードスター」、7005台。
「レクサスLC」、2461台。「レクサスRC」、1061台。
そして、「GT-R」が1033台の、「フェアレディZ」、558台で、「NSX」が159台。

昨年(2017年)、日本で売れたスポーツカーの台数を見てみると、国内でビジネス的に最も成功しているのは、レクサスLCということになるでしょうか?

LCと86/BRZとでは、売上額では同程度になる計算ですが。クルマは高価格になるほど利ザヤ率が大きいと申しますので。それが比較的少量生産のスポーツカーにも当てはまるのかどうか。開発費まで考えると、まるで見当もつきませんが……。

しかし国産勢だけ見ていてはイカン。今やスポーツカー好きは、大挙輸入車に流れているのだから。中でも圧倒的なシェアを占めているのがポルシェだ。

昨年、ポルシェがいったい何台売れたのかというと……。

ポルシェ全モデル合計:6923台

平均価格を考えると、実に恐るべき台数だ。ただしこれはSUVも含まれた台数。ポルシェのスポーツカーはどれくらい売れたのか?

「日産GT-R」と筆者。(写真=池之平昌信)
「日産GT-R」と筆者。(写真=池之平昌信)拡大
「トヨタ86」
「トヨタ86」拡大
「マツダ・ロードスター」
「マツダ・ロードスター」拡大
「レクサスLC」
「レクサスLC」拡大
「ポルシェ・カイエン」
「ポルシェ・カイエン」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車 2019.4.17 自動車ニュース 日産自動車は2019年4月17日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2020年モデルを発表するとともに、GT-Rと「フェアレディZ」に生誕50周年を記念した特別仕様車「50th Anniversary」をそれぞれ設定し、報道陣にお披露目した。
  • メルセデス・ベンツS560eロング(FR/9AT)【試乗記】 2019.4.25 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」のプラグインハイブリッド車が大幅改良を受け、名前も新たに「S560eロング」となって登場。EV性能を大幅に向上させた“電気でも走れるSクラス”の姿に、時代を経ても変わらない最上級メルセデスの姿を見た。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
ホームへ戻る