第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー

2018.05.08 カーマニア人間国宝への道

国産スポーツカー vs ポルシェ

「86/BRZ」、9260台。「ロードスター」、7005台。
「レクサスLC」、2461台。「レクサスRC」、1061台。
そして、「GT-R」が1033台の、「フェアレディZ」、558台で、「NSX」が159台。

昨年(2017年)、日本で売れたスポーツカーの台数を見てみると、国内でビジネス的に最も成功しているのは、レクサスLCということになるでしょうか?

LCと86/BRZとでは、売上額では同程度になる計算ですが。クルマは高価格になるほど利ザヤ率が大きいと申しますので。それが比較的少量生産のスポーツカーにも当てはまるのかどうか。開発費まで考えると、まるで見当もつきませんが……。

しかし国産勢だけ見ていてはイカン。今やスポーツカー好きは、大挙輸入車に流れているのだから。中でも圧倒的なシェアを占めているのがポルシェだ。

昨年、ポルシェがいったい何台売れたのかというと……。

ポルシェ全モデル合計:6923台

平均価格を考えると、実に恐るべき台数だ。ただしこれはSUVも含まれた台数。ポルシェのスポーツカーはどれくらい売れたのか?

「日産GT-R」と筆者。(写真=池之平昌信)
「日産GT-R」と筆者。(写真=池之平昌信)拡大
「トヨタ86」
「トヨタ86」拡大
「マツダ・ロードスター」
「マツダ・ロードスター」拡大
「レクサスLC」
「レクサスLC」拡大
「ポルシェ・カイエン」
「ポルシェ・カイエン」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • 日産が「GT-R NISMO」2020年モデルの価格を発表 「トラックエディション」もブラッシュアップされて登場 2019.7.25 自動車ニュース 日産自動車は2019年7月24日、「GT-R NISMO」と「GT-Rトラックエディションengineered by NISMO」の、2020年モデルの価格を発表した。トラックエディションは、標準車の「GT-R」ほぼそのままのフォルムに、GT-R NISMOの足まわりと高剛性ボディーを融合した仕様となる。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • レクサスRC F“パフォーマンスパッケージ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.23 試乗記 「限界走行性能の最大化」や「意のままに操れること」を目標に、徹底的に磨き込まれた「レクサスRC F」。その崇高な求道精神で“理想の走り”は実現できたのか? トップグレードの“パフォーマンスパッケージ”で確かめた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る