スバルが「WRX」シリーズを一部改良 安全装備を強化

2018.05.02 自動車ニュース
「スバルWRX S4」
「スバルWRX S4」拡大

スバルは「WRX STI」「WRX S4」に一部改良を実施し、同年6月7日に発売すると発表した。

「WRX STI」
「WRX STI」拡大

今回の改良では、WRX S4の運転支援システム「アイサイト」のプリクラッシュブレーキ制御を改良。認識対象が自車と同じ方向に進行する歩行者や自転車だった場合、減速制御の作動タイミングを早めることで、衝突回避の可能性を向上させた。また低速走行時、前方に障害物がある状態でアクセルが踏み込まれた場合、プリクラッシュブレーキを作動させて衝突回避を支援するようになった。

一方WRX STIには、メーカーオプションとして新たにサンルーフが設定された。

価格はWRX S4が336万9600円から373万6800円、WRX STIが386万6400円から406万0800円。

(webCG)
 

関連キーワード:
WRX S4, WRX STI, スバル, 自動車ニュース

スバル WRX S4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • 今度の7代目は買いなのか?
    新型「スバル・レガシィ」に思うこと
    2019.2.22 デイリーコラム 7代目となったスバルのフラッグシップ「レガシィ」。アメリカ国内でデビューした新型は、ファンの期待に応えられるか? 日本の“スバリスト”が、現在分かっている情報を元に同モデルを評価する。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
ホームへ戻る