第90回:「日本」は日本のメーカーにとっての足かせ

2018.05.15 カーマニア人間国宝への道

“葬式に乗っていける”という価値観

「GT-R」についての考察を終えたところで、我々カーマニアのデザイン意識について、もう一度考えてみようじゃないか!

我々カーマニアは、自分の価値観が正しいと思ってる。そして、つまんないミニバンや、わけのわからないヘンなカッコのクルマ(例:「ジューク」)に乗ってる一般ユーザーを「武士は食わねど高楊枝(ようじ)」とばかりに見下している。

我々日本のカーマニアのデザイン意識は、グローバルな視点で見るとどうなのか? そして日本市場ってヤツは、やっぱり特殊なのだろうか? そのあたりを中村史郎氏にぶつけてみた。

清水(以下 清):日本人って、「こんなクルマ、葬式に乗っていけないよ」っていう価値観があったじゃないですか。30年くらい前まで。

中村(以下 中):よく言われてましたね。

清:その頃の“こんなクルマ”は、例えれば真っ赤なスポーツカーだったり、ちょっと斬新なデザインのクルマだったわけですけど、それを聞いて我々カーマニアは、「パンピーはやっぱダサイ」みたいに思ってた。クルマを葬式のために買うのかよ! って。

中:ハハハハハ。

清:それがいま、誰も言わなくなった。そして、ロボットアニメみたいなカッコのSUVや、超オラオラ顔のミニバンや軽ハイトワゴンとか、カーマニアが眉をひそめるハデなデザインのクルマに、一般ユーザーが喜んで乗ってますよね。葬式でひんしゅく買いそうなクルマに。

インタビューが2時間を経過したところで、話題は“日本のカーマニアの特殊性”へと移る。いちカーマニアとして、日ごろ感じている疑問を投げかける清水草一氏。
インタビューが2時間を経過したところで、話題は“日本のカーマニアの特殊性”へと移る。いちカーマニアとして、日ごろ感じている疑問を投げかける清水草一氏。拡大
清水氏の“直球”に対し、時に厳しい表情で、時に笑顔を交えながら、答える中村史郎氏。
清水氏の“直球”に対し、時に厳しい表情で、時に笑顔を交えながら、答える中村史郎氏。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント 2021.7.28 画像・写真 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」が日本上陸。装備のデジタル化とパワートレインの電動化が進められただけでなく、全長とホイールベースを拡大してステーションワゴンとしての使い勝手も強化されている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • 何がライバルと違うのか? 「ゴルフ」が“基準のクルマ”とされるワケ 2021.7.12 デイリーコラム 1974年の初代誕生以来、FFハッチバック車のお手本とされてきた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。同カテゴリーの元祖でもないのに、かくも高く評価されているのはなぜか? その決定的なポイントについてリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
ホームへ戻る