第90回:「日本」は日本のメーカーにとっての足かせ

2018.05.15 カーマニア人間国宝への道

“葬式に乗っていける”という価値観

「GT-R」についての考察を終えたところで、我々カーマニアのデザイン意識について、もう一度考えてみようじゃないか!

我々カーマニアは、自分の価値観が正しいと思ってる。そして、つまんないミニバンや、わけのわからないヘンなカッコのクルマ(例:「ジューク」)に乗ってる一般ユーザーを「武士は食わねど高楊枝(ようじ)」とばかりに見下している。

我々日本のカーマニアのデザイン意識は、グローバルな視点で見るとどうなのか? そして日本市場ってヤツは、やっぱり特殊なのだろうか? そのあたりを中村史郎氏にぶつけてみた。

清水(以下 清):日本人って、「こんなクルマ、葬式に乗っていけないよ」っていう価値観があったじゃないですか。30年くらい前まで。

中村(以下 中):よく言われてましたね。

清:その頃の“こんなクルマ”は、例えれば真っ赤なスポーツカーだったり、ちょっと斬新なデザインのクルマだったわけですけど、それを聞いて我々カーマニアは、「パンピーはやっぱダサイ」みたいに思ってた。クルマを葬式のために買うのかよ! って。

中:ハハハハハ。

清:それがいま、誰も言わなくなった。そして、ロボットアニメみたいなカッコのSUVや、超オラオラ顔のミニバンや軽ハイトワゴンとか、カーマニアが眉をひそめるハデなデザインのクルマに、一般ユーザーが喜んで乗ってますよね。葬式でひんしゅく買いそうなクルマに。

インタビューが2時間を経過したところで、話題は“日本のカーマニアの特殊性”へと移る。いちカーマニアとして、日ごろ感じている疑問を投げかける清水草一氏。
インタビューが2時間を経過したところで、話題は“日本のカーマニアの特殊性”へと移る。いちカーマニアとして、日ごろ感じている疑問を投げかける清水草一氏。拡大
清水氏の“直球”に対し、時に厳しい表情で、時に笑顔を交えながら、答える中村史郎氏。
清水氏の“直球”に対し、時に厳しい表情で、時に笑顔を交えながら、答える中村史郎氏。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • レクサスRC Fトラックエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.1 試乗記 マイナーチェンジが行われた「レクサスRC F」に、日本での正式発表に先立ち米カリフォルニア州パームスプリングスで試乗。熱い走りを予感させる「トラックエディション」と名付けられた、新たなトップモデルのパフォーマンスに迫る。
ホームへ戻る