ブランド設立から今年で70周年!
ポルシェのエポックメイキングなマシンを振り返る

2018.05.30 デイリーコラム

初のポルシェ車は356 No.1ロードスター

オーストリアはケルンテンという州の中にある小さな町、グミュント。モーツァルト生誕の地、あるいは世界遺産の都市として知られるザルツブルクからアウトバーンで南に1時間半ほど下ったこの地で、州政府から特別な走行許可を与えられた、小さなプロトタイプのオープンカーが初の公道走行を行ったのが、1948年の6月8日であったという。

そう、フォルクスワーゲン製の水平対向4気筒エンジンをミドシップマウントしたこのモデルこそが、実は「ポルシェ」の名が初めて冠された第1号車。すなわち「356 No.1ロードスター」が走り始めて、今年でちょうど70年が経過したことになる。

もちろん、そうした長い歴史の“全編”にはとても及ばないものの、自身が“初ポルシェ”を手に入れてからもすでに30年超という計算(驚!)に。

というわけで、ポルシェにとって記念すべきタイミングで、このブランドが生み出した作品の歴史を振り返ってみた。すると、自身でテストドライブの実体験があるものだけを取り上げても、「特にエポックメイキングな存在」と呼ぶことができるモデルが、いくつかあることにあらためて気付いた。そうしたモデルを懐かしく振り返りつつ、いま一度その記憶を呼び戻してみたい。

ポルシェブランドが設立されたのは、「356 No.1ロードスター」が初めて公道走行した1948年6月8日とされている。(写真は1954年の「356カブリオレ」)
ポルシェブランドが設立されたのは、「356 No.1ロードスター」が初めて公道走行した1948年6月8日とされている。(写真は1954年の「356カブリオレ」)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事