「R8スパイダー」にも乗れる アウディがレンタカーサービスを開始

2018.06.04 自動車ニュース
東京・芝公園の東京プリンスホテルの駐車場に並べられた、アウディオンデマンドに供される車両。
東京・芝公園の東京プリンスホテルの駐車場に並べられた、アウディオンデマンドに供される車両。拡大

アウディ ジャパンは2018年6月1日、新たなモビリティーサービス「アウディオンデマンド」の導入を発表し、同日、運用を開始した。

「アウディR8スパイダー」の利用料金は、1日あたり12万8000円。
「アウディR8スパイダー」の利用料金は、1日あたり12万8000円。拡大
サービスの概要を説明した、アウディ ジャパンの斎藤 徹代表取締役社長。
サービスの概要を説明した、アウディ ジャパンの斎藤 徹代表取締役社長。拡大

アウディオンデマンドは、アウディがグローバルに展開するレンタカーサービスである。通常ラインナップ以外にも、「R8スパイダー」や「RS 3セダン」といったアウディスポーツが手がけるハイパフォーマンスモデルを選択できるほか、顧客が指定した場所での車両引き渡し・引き取りサービスにも対応(エリアは限定)。日本ではまず、東京・芝公園の東京プリンスホテルを拠点にサービスを展開する。

すでにサンフランシスコ、ミュンヘン、香港、シンガポール、北京、マンチェスターでサービスが開始されており、東京は世界で7番目の都市、東京プリンスホテルは9番目の拠点となる。

実際の利用方法については、スマートフォンなどのデバイスを介して運転免許証やクレジットカードなどの情報を事前に登録しておけば、車両の選択、利用日時と時間の選択、車両の引き渡し・引き取り場所の指定をするだけで予約が完了。指定可能なエリアは、都内13区に加えて、千葉県浦安市の東京ディズニーリゾート周辺となる。利用当日にはアウディオンデマンドのコンシェルジュが、コックピットドリルを実施して引き渡しを行う。

一般的なレンタカーサービスとは異なる手軽さも特徴としており、返却時に燃料を満タンにする必要がないほか、走行距離の制限も設けられていない。また、自転車用ルーフラックやルーフボックス、チャイルドシート、スタッドレスタイヤなども無料で利用できる。

利用料金は車両によって異なるが、コンパクトSUV「Q2 1.0 TFSIスポーツ」の場合、1時間当たり2100円(最小サービス単位は4時間)、1日(24時間)あたり2万1000円となっている。最長利用期間は30日となる。

アウディ ジャパンでは、このサービスを通じてアウディ車を気軽に体験してもらい、アウディファンを増やすことを当面の狙いとしているが、将来的にはサービス単体での収益化も目指すという。

車両のラインナップと利用料金は以下の通り。(4時間あたりの料金/1日あたりの料金)

  • A1スポーツバック1.0 TFSIスポーツ:7200円/1万8000円
  • Q2 1.0 TFSIスポーツ:8400円/2万1000円
  • A3スポーツバック1.4 TFSIスポーツ:8400円/2万1000円
  • S4アバント:1万4300円/3万8000円
  • TTクーペ2.0 TFSIクワトロ:1万3200円/3万3000円
  • RS 3セダン:1万5600円/3万9000円
  • A5スポーツバック2.0 TFSIスポーツ:1万2800円/3万2000円
  • S6セダン:1万6800円/4万2000円
  • Q5 2.0 TFSIクワトロ:1万3200円/3万3000円
  • SQ5:1万6800円/4万2000円
  • A7スポーツバック:2万1200円/5万3000円
  • Q7 3.0 TFSIクワトロ:2万1200円/5万3000円
  • R8スパイダー:5万1200円/12万8000円

(webCG)

関連キーワード:
アウディ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事