コーヒー好きのあなたに 「シトロエンC3」の特別仕様車発売

2018.06.07 自動車ニュース
「シトロエンC3カフェエディション」
「シトロエンC3カフェエディション」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年6月7日、「シトロエンC3」に特別仕様車「CAFE EDITION(カフェエディション)」を設定し、販売を開始した。

フロントドアに貼られた「cafe edition」のステッカー。
フロントドアに貼られた「cafe edition」のステッカー。拡大
ベース車から1インチアップの17インチホイールを装備する。
ベース車から1インチアップの17インチホイールを装備する。拡大
インテリアでは、ライトブラウンのアクセントが特別感を高めている。ザラッとした風合いを持った、ファブリックのシートは肌触りが心地いい。
インテリアでは、ライトブラウンのアクセントが特別感を高めている。ザラッとした風合いを持った、ファブリックのシートは肌触りが心地いい。拡大
プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ代表取締役社長は、現行型「シトロエンC3」が2017年7月の国内発売からすでに2000台以上販売されたことや、2017年のグローバルにおけるシトロエンの販売台数が、22年ぶりに過去最高を更新したことなどを説明した。
プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ代表取締役社長は、現行型「シトロエンC3」が2017年7月の国内発売からすでに2000台以上販売されたことや、2017年のグローバルにおけるシトロエンの販売台数が、22年ぶりに過去最高を更新したことなどを説明した。拡大
発表会場では、プジョー・シトロエン・ジャポンのスタッフが、カフェの従業員風のエプロンを着用して報道陣を出迎えた。エプロンには「cafe edition」とプリントされていた。
発表会場では、プジョー・シトロエン・ジャポンのスタッフが、カフェの従業員風のエプロンを着用して報道陣を出迎えた。エプロンには「cafe edition」とプリントされていた。拡大
会場を音楽で盛り上げた、DJのAMIGAさん。
会場を音楽で盛り上げた、DJのAMIGAさん。拡大

今回のC3カフェエディションは、“サードウエーブコーヒー”と呼ばれる、近年話題となっている新しいコーヒー文化をイメージした、日本独自企画の特別仕様車である。ベースモデルは上級グレードの「シャイン」で、フロントドアの専用ステッカーやコーヒーを想起させる外装のカラーコーディネート、特別な内装などを特徴としている。

外装のコーディネートは、ルーフとボディー、ホイール(17インチ)の組み合わせが3種類用意される。その組み合わせは以下の通り。(ルーフ/ボディー/ホイール)

  • ブランオパール/サーブル/ツートーン
  • ノアールオニキス/ブランバンキーズ/ブラック
  • ブランオパール/ノアールペルラネラ/ブラック

インテリアでは、ライトブラウンの人工皮革をアクセントとしたツイード柄のファブリックシートを採用。運転席にはセンターアームレストも装備する。このほか、レザーステアリングホイールやダッシュボードにもライトブラウンがあしらわれる。通常モデルには設定のないこのコーディネートは、現行型が日本に導入された際に設定された特別仕様車「ファーストエディション」と同じものとなっている。

価格は252万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ! フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
ホームへ戻る