トヨタ入魂の「コネクティッドカー」
何がそんなに“ありがたい”のか?

2018.07.04 デイリーコラム

スマートフォンで事足りる!?

トヨタ自動車は2018年6月26日に、初代「コネクティッドカー」(トヨタはコネクテッドカーをこう表記する)と位置づける「カローラ スポーツ」と新型「クラウン」を発売した。鳴り物入りで登場したコネクティッドカーだが、そもそも“初代”とはどういうことなのか。それにコネクテッドカーの一体何がありがたいのだろうか。

コネクテッドカーの歴史は意外と古い。トヨタ自動車は17年前の2001年にテレマティクスサービス「G-BOOK」を発表、2002年から実際にサービスを開始した。これは、カーナビゲーションシステムに通信機能や音声認識、データ読み上げの機能を備えることで、ニュース、天気、株価、カーナビと連動した交通情報、地図、音楽、電子書籍、映像などの情報を提供するほか、電子メールなどの送受信、ネットワークゲーム、ネットワークカラオケ、会員情報サービス「GAZOO」での商品購入など、多彩な機能を実現することを目指していた。

トヨタの後を追って、日産自動車は「カーウイングス」、ホンダも「インターナビ」と呼ぶ通信カーナビを使った情報提供サービスを開始した。ところがこれらのサービスは、実際にはいずれも鳴かず飛ばずに終わった。通信機能を持つカーナビを持っていても、通信料金を負担してまで通信機能を使わないユーザーが多かったのだ。その最大の理由は、わざわざカーナビを使わなくても、スマートフォンを使えばこれらの機能のほとんどは実現できてしまったことにある。

完成車メーカー各社は通信機能を備えた純正カーナビを装着した場合には通信料金を無料にするなどの対策を講じてきたが、この場合でも最も使われる機能は道路状況などを考慮した「最短のルート案内」で、「Google Map」の「ルート案内」でも代用が利くものだ。「つながるクルマ」で新たな価値を生み出すことは難しいのではないかという、半ば諦めのような空気が、つい最近まで自動車業界にはあった。

トヨタが初代の「コネクティッドカー」として2018年6月26日に発売した、新型「クラウン」。
トヨタが初代の「コネクティッドカー」として2018年6月26日に発売した、新型「クラウン」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事