プレミアムスポーティーを志向する「ノートAUTECH」発売

2018.07.06 自動車ニュース
「日産ノートe-POWER AUTECH」
「日産ノートe-POWER AUTECH」拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2018年7月5日、「日産ノート」のカスタムカー「ノートAUTECH」を発売した。

 
プレミアムスポーティーを志向する「ノートAUTECH」発売の画像拡大
 
プレミアムスポーティーを志向する「ノートAUTECH」発売の画像拡大
 
プレミアムスポーティーを志向する「ノートAUTECH」発売の画像拡大
 
プレミアムスポーティーを志向する「ノートAUTECH」発売の画像拡大
 
プレミアムスポーティーを志向する「ノートAUTECH」発売の画像拡大

プレミアムスポーティーを志向するブランドであるAUTECH。今回のノートAUTECHはミニバン「セレナ」に続く、その第2弾となるモデルだ。

上質さと先進性を表現したというエクステリアでは、細部までつくり込んだディテールとメタル調フィニッシュの専用パーツが特徴。ボディーカラーはAUTECH専用色の「オーロラフレアブルーパール」など全7色をラインナップする。

インテリアには、AUTECHのアイコニックカラーであるブルーを随所に採用。上質な素材とディテールにこだわった、個性的かつエレガントな空間を演出したという。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 専用フロントグリル(メタル調フィニッシュ)
  • 専用エンブレム(フロント・リア)
  • 専用フロントバンパー(メタル調フィニッシュ)
  • フォグランプ
  • 専用サイドターンランプ付き電動格納式リモコンカラードドアミラー(メタル調フィニッシュ)
  • サイドシルプロテクター
  • 専用リアバンパーフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)
  • 専用15インチアルミホイール(切削光輝)&185/65R15 88Sタイヤ
  • 専用本革巻きステアリング(本革・ブラック/ブルーコンビ&ブルーステッチ)
  • スエード調トリコットシート「AUTECH」刺しゅう(ブルーステッチ)
  • 運転席アームレスト
  • ドアトリムクロス
  • 専用ブラックトリム(ルーフトリム、サンバイザー、フロント・センターピラー、ラゲッジサイドアッパー)
  • オートエアコン(プッシュ式、デジタル表示)+外気温度計(メーター内ディスプレイ)
  • 専用エンブレム(センタークラスター)
  • 専用エアコン吹き出し口ブルーフィニッシャー
  • ピアノ調センタークラスターフィニッシャー
  • 専用シルバーフィニッシャー(センタークラスターサイド・パワーウィンドウスイッチ)

また、e-POWERのFF車には、ハンドリングや加速感にもチューニングを加えた「e-POWER AUTECHスポーツスペック」を設定した。16インチの専用アルミホイールを採用したほか、サスペンションチューニングとボディー補強を実施。さらに、専用チューニングのコンピューター(VCM)を採用している。

スポーツスペックの特別装備の内容は以下の通り。

  • 専用16インチアルミホイール(切削光輝)&195/55R16 87Vタイヤ
  • 専用チューニングサスペンション
  • 専用チューニング電動パワーステアリング
  • ボディー補強(フロントクロスバー、フロント&リアサスペンションメンバーステー、トンネルステー、リアクロスバー)
  • ファインレスポンスVCM
  • LEDヘッドランプ
  • 日産オリジナルナビ取り付けパッケージ

価格は以下の通り。

  • ノートAUTECH:174万5280円
  • ノートAUTECH FOUR:196万1280円
  • ノートe-POWER AUTECH:226万4760円
  • ノートe-POWER AUTECHスポーツスペック:245万3760円
  • ノートe-POWER AUTECH FOUR:248万0760円

(webCG)

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る