「フィアット500」に“熱帯”をモチーフにした赤い限定車が登場

2018.07.14 自動車ニュース
「フィアット500トロピカーレ」
「フィアット500トロピカーレ」拡大

FCAジャパンは2018年7月14日、コンパクトカー「フィアット500」に特別仕様車「Tropicale(トロピカーレ)」を設定し、150台の台数限定で発売した。

 
「フィアット500」に“熱帯”をモチーフにした赤い限定車が登場の画像拡大
 
「フィアット500」に“熱帯”をモチーフにした赤い限定車が登場の画像拡大
 
「フィアット500」に“熱帯”をモチーフにした赤い限定車が登場の画像拡大

フィアット500トロピカーレは、熱帯のサンゴをイメージしたという鮮やかな「コーラルレッド」のボディーカラーを特徴とする特別仕様車である。ベースとなったのは1.2リッターエンジン搭載モデルで、車名のトロピカーレはイタリア語で「熱帯」を意味する。

インテリアについても、「アイボリー」を基調にシートのパイピングやチェック柄の表皮、ダッシュボードなど、各所に「コーラルレッド」を採用。光沢のある14スポークVデザイン15インチアルミホイールや、リアプライバシーガラスも装備している。

価格は235万円。

(webCG)

関連キーワード:
500, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595Cピスタ(FF/5MT)【試乗記】 2020.7.31 試乗記 コンパクトでキュートなボディーとホットなエンジンで人気の「アバルト595」シリーズにブルーのボディーカラーも鮮やかな限定車が登場。果たしてその実力はサーキットを表す「ピスタ」の名に恥じないものなのか。オープントップモデルで検証した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • FCAジャパンが2020年の販売実績を発表 ジープブランドがさらに伸長 2021.1.14 自動車ニュース FCAジャパンは2021年1月14日、オンライン記者発表会を実施し、2020年を振り返るとともに、2021年の見通しについて説明した。2020年は前年とほぼ同水準となる2万4185台を販売し、同社の設立以来最高となる、輸入車市場における通期シェア9.3%を獲得している。
ホームへ戻る