「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場

2018.07.19 自動車ニュース
「スバルWRX STIタイプRA-R」
「スバルWRX STIタイプRA-R」拡大

スバルは2018年7月19日、同社のモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同開発した「WRX STI」のコンプリートカー「タイプRA-R」を発表。同日、販売を開始した。

 
「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場の画像拡大
 
「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場の画像拡大
 
「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場の画像拡大
 
「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場の画像拡大
 
「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場の画像拡大
 
「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場の画像拡大
 
「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場の画像拡大
 
「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場の画像拡大
 
「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場の画像拡大
 
「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場の画像拡大
 
「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場の画像拡大

より動力性能・運動性能を突き詰めた500台の限定モデル

WRX STIタイプRA-Rは、「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに“走る・曲がる・止まる”というクルマの本質を追求した、STIの創立30周年を記念するコンプリートカーである。WRX STIをベースとしたコンプリートカーとしては、2017年秋に「S208」が発売されているが、同車が車両運動性能とプレミアム感の両方を追求したモデルとなっていたのに対し、今回のタイプRA-Rは、より運動性能の向上に特化したキャラクターのモデルとなっている。

特徴となっているのが、S208や「S207」より約30kg、ベースとなったWRX STIと比べても約10kg軽い1480kgの車両重量。この重量は各部に軽量パーツを採用したり、ウィンドウウオッシャータンクを小型化したり(4リッター→2.5リッター)といった“グラム単位”の軽量化によって実現したもので、このためにポップアップ式ヘッドランプウオッシャーなど一部の装備も省略。フロントフードインシュレーターやフロア下のアンダーカバーなども廃されているという。

一方、パワープラントには最高出力329ps、最大トルク432Nmを発生するS208ゆずりの改良型EJ20エンジンを採用。パワーウェイトレシオは4.498kg/ps、0-100km/hは4.8秒を実現している。

シャシーについても、ギアレシオ11:1のクイックステアリングギアボックスや、フロント倒立式の専用KYBサスペンション(モノチューブ式)、18インチ鍛造アルミホイールなどで専用にチューニング。ブレーキもブレンボ製キャリパーやSTIパフォーマンスパッドなどで強化している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

【足まわり/メカニズム】

  • 倒立式ストラット&コイルスプリング(ローダウン)
  • リアダンパー&コイルスプリング(ローダウン)
  • STI製BBS 18インチ×8 1/2JJアルミホイール(マットブラック)
  • 245/40ZR18 97Yタイヤ(ミシュラン・パイロットスポーツ4S)
  • ブレンボ製フロント18インチベンチレーテッドディスクブレーキ(ドリルドディスクローター&モノブロック対向6ポッドキャリパー<シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド>)
  • ブレンボ製リア18インチベンチレーテッドディスクブレーキ(ドリルドディスクローター&モノブロック対向2ポッドキャリパー<シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド>)
  • 高出力バランスドエンジン(RA-Rロゴ入り、STI Performanceオーナメント付き)
  • 専用ECU
  • バランスドクラッチカバー&フライホイール
  • ボールベアリング・ツインスクロールターボ
  • 低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)&エキゾーストパイプリア
  • STI製強化シリコンゴム製インテークダクト
  • パフォーマンスシュラウド
  • クイックステアリングギアボックス(11:1)
  • VDC(ビークルダイナミクスコントロール)
  • アクティブトルクベクタリング(トラクションモード時前後輪ブレーキ制御)
  • STI製低圧損エアクリーナーエレメント
  • STI Performanceオイル(5W-40、モチュール)

【インテリア】

  • STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
  • STI製ジュラコンMTシフトノブ(STIロゴ入り、ブラック)
  • フロントスポーツシート&リアシート(ファブリック&トリコット<レッドステッチ>)
  • インパネ加飾パネル(ハイグロスブラック、RA-Rロゴ入り)
  • ドアトリム/ドアアームレスト/コンソールリッド(レザー調素材巻き+レッドステッチ)
  • サブトランク(タイヤパンク修理キット付き)

【エクステリア】

  • ブラックカラードルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)
  • メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、STIエンブレム付き)
  • STIエンブレム付きサイドガーニッシュ(ブラックカラード)
  • ドライカーボン製エアロドアミラーカバー
  • リアバンパー(チェリーレッドストライプ)
  • RA-Rリアオーナメント
  • STI 30th ANNIVERSARYエンブレム(リア)

ボディーカラーは「WRブルーパール」「クリスタルブラックシリカ」「ピュアレッド」「クリスタルホワイトパール」(3万2400円の有償色)の4色から選択可能。販売台数は500台で、2018年7月19日から同年12月17日までの期間限定で注文を受け付ける。

価格は499万8240円。

(webCG)

「スバルWRX STIタイプRA-R」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
WRX STI, スバル, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STIタイプRA-R 2018.7.19 画像・写真 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念して登場したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに掲げ、スポーティネスに特化した500台の限定モデルを、写真で紹介する。
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • 「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場 2018.7.19 自動車ニュース 「スバルWRX STI」をベースとしたコンプリートカー「タイプRA-R」が500台限定で登場。STIの創立30周年を祝う記念モデルで、最高出力を329psに高めたEJ20型エンジンの採用や、装備を簡素化してまでの軽量化などを通して車両運動性能が高められている。
ホームへ戻る