セルジオ・マルキオンネ氏がFCAのCEO退任

2018.07.23 自動車ニュース
FCAのセルジオ・マルキオンネCEO。
FCAのセルジオ・マルキオンネCEO。拡大

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は2018年7月21日、セルジオ・マルキオンネCEOの退任を発表した。後任には北米市場を統括していたマイケル・マンレイCOOが内定している。

マイケル・マンレイCOO。
マイケル・マンレイCOO。拡大

今回のマルキオンネ氏の退任について、FCAは健康上の問題であると説明。先週発症した合併症が急速に悪化したことから、職務に戻れなくなったと発表している。

マルキオンネ氏の退任に際し、取締役会は過去数カ月にわたって進められてきたCEO交代のプロセスを早め、マイケル・マンレイ氏をCEOに指名。マンレイ氏は今後数日の間に開催される株主総会での承認を経て、FCAのCEOに就任する予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
フィアット, クライスラー, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

フィアット の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事