ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(前編)

2018.07.26 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝が今回試乗したのは、ジャガーのSUV第2弾となる「Eペース」。同ブランドならではの刺激的な走りが体感できるという“ベビージャガー”を、プロのレーシングドライバーは、どのように評価する?

クルマのつくりが古い?

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは販売好調な「ジャガーFペース」の弟分にあたるEペースである。

「え? Eペースってジャガー初のEVじゃないの?」と思われたアナタ、その気持ちもよくわかるが、それは「Iペース」の勘違いである。じゃあ、なんでEペースじゃなくてIペースが電気自動車なんだと問われるとこっちが困るが、ジャガーのサルーンが上から順に「XJ」「XF」「XE」となるのと同じように、SUV系は(「Jペース」はまだないものの)Fペース、Eペースと順に名付けられていると考えていただければいいだろう。

ただし、エンジンを縦置きするFペースがXEやXFと基本が同じ最新プラットフォームを用いるのに対し、横置き式のEペースは同じグループ内の「レンジローバー イヴォーク」のプラットフォームを拝借する。もっとも、リアサスペンションはイヴォークのストラット式からEペースではインテグラルアーム式へとはるかに凝った形式に改められているので、「プラットフォームはイヴォークと共通」とひとことで片付けてしまうのは語弊がある。

ところが、谷口はこの点を鋭く指摘したのである。
「なんか、船に乗っているみたいに、ブワンブワンとしちゃいますね、このクルマ」

そうコメントした谷口とともにEペースに乗り込んでいつものワインディングロードを走ってみると、確かに路面のアンジュレーションをきっかけにしてボディーの上下動が始まり、これが収まりにくい傾向が確認できた。

「ゆっくりしたペースで走っていると、それなりにソリッドな足まわりに感じられるから意外なんですけど、ひょっとしてこのクルマは設計が古いんじゃないですか? 以前乗ったFペースでは、全然そんなことを感じなかったんですが」

 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(前編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(前編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(前編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(前編)の画像拡大
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1900×1650mm/ホイールベース:2680mm/車重:1910kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:249ps(183kW)/5500rpm/最大トルク:365Nm(37.2kgm)/1300-4500rpm/タイヤ:(前)235/55R19 105W/(後)235/55R19 105W(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/価格:650万円
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1900×1650mm/ホイールベース:2680mm/車重:1910kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:249ps(183kW)/5500rpm/最大トルク:365Nm(37.2kgm)/1300-4500rpm/タイヤ:(前)235/55R19 105W/(後)235/55R19 105W(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/価格:650万円拡大

関連キーワード:
Eペース, ジャガー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • 「ランクル」になれなかった本格オフローダー
    「三菱パジェロ」の日本市場撤退に思うこと
    2019.5.8 デイリーコラム 三菱自動車が国内販売向け「パジェロ」の生産を2019年8月に終了することを発表した。とどまるところを知らないSUVブームの真っただ中に、“本物”が去り行くのはなぜなのだろうか。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
ホームへ戻る