クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フェラーリの快進撃にレッドブルの苦悩
白熱のF1 2018はここが見どころ

2018.07.27 デイリーコラム

打倒メルセデスのためにフェラーリが取った「秘策」

史上最多タイの21戦で争われる2018年のF1も、先のドイツGPで折り返しの11戦を終えた。今季前半戦は、5連覇を目指す王者メルセデスの4勝に対し、2008年以来のタイトル獲得に燃える挑戦者フェラーリも4勝と実力伯仲。コンストラクターズランキングでも、メルセデス310点対フェラーリ302点と僅差で首位の座を争っている。これに、3勝を記録しているレッドブルを加えた3強による白熱のシーズンが展開中である。
 
今季目覚ましい飛躍を遂げたのがフェラーリ。2017年の全20戦で5勝、5回のポールポジションという戦績を残したスクーデリアは、今年前半11戦だけで4勝とポール5回を記録した。その躍進の原動力となっているのが、進化したパワーユニットだ。

カナダGP、イギリスGPなど、これまでメルセデスが強さを発揮していたパワーサーキットでのレースでも、シルバーアローを上回るパフォーマンスを披露。特に超高速シルバーストーンでのイギリスGPでは、予選でフェラーリを駆るセバスチャン・ベッテルが、メルセデスの雄、ルイス・ハミルトンのポールタイムに0.044秒差まで迫り、レースでは赤いマシンが1-3フィニッシュを決め、見事に“銀の牙城”を崩した。さらにカスタマーチームであるハース、ザウバーも、いまや予選Q3進出、さらにはポイントスコアラーの常連となりつつあり、パワーユニット戦争で形勢逆転が起きつつある。

このパワーユニットには、打倒メルセデスのためにフェラーリが取った「秘策」が隠されているという。内燃機関やターボ、回生システム「ERS」やバッテリーなど、さまざまな要素が複雑に絡み合うF1のパワーユニットにあって、フェラーリが着目したとされるのが、ERSの一部として運動エネルギーを回生する「MGU-K」と、畜電・放電を担うバッテリーの仕組みだった。ルール上、MGU-Kには回生・放出できるエネルギー量が決められており、センサーがそれをチェックしているのだが、フェラーリはバッテリーを二重化することで、レギュレーションの制限以上のアドバンテージを得ている……との嫌疑がシーズン序盤に持ち上がったのだ。調査に乗り出したFIA(国際自動車連盟)は、この「ツインバッテリー」を違法とはしなかったのだが、ライバルチームが「してやられた」と舌打ちしている様は容易に想像できる。

レッドブルのボス、クリスチャン・ホーナーも「今年のベンチマークだ」と認める強力なパワーユニットをもってすれば、夏休み明けに行われるベルギーGPのスパ・フランコルシャン、続く地元イタリアGPのモンツァなど、フェラーリが名うてのハイスピードコースで連勝する可能性もある。そうなれば、スクーデリアが久々のタイトルを手にすることができるかもしれない。

第11戦ドイツGPまでの、ドライバーズランキング上位6人のポイントの軌跡。ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルがポイントリーダーの座を奪い合い、それぞれのチームメイトであるキミ・ライコネン、バルテリ・ボッタス、そしてレッドブルのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンが第2集団を形成しているのが分かる。
第11戦ドイツGPまでの、ドライバーズランキング上位6人のポイントの軌跡。ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルがポイントリーダーの座を奪い合い、それぞれのチームメイトであるキミ・ライコネン、バルテリ・ボッタス、そしてレッドブルのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンが第2集団を形成しているのが分かる。拡大
今季のフェラーリのマシン「SF71H」(写真)はロングホイールベース化に振ることで高速コースにおけるパフォーマンス向上を狙ったとされるが、それにもましてパワーユニットの強化が効果を上げているようだ。今季11戦でベッテルが4勝を記録。チームはコンストラクターズ2位、首位メルセデスとの差はたったの8点だ。(Photo=Ferrari)
今季のフェラーリのマシン「SF71H」(写真)はロングホイールベース化に振ることで高速コースにおけるパフォーマンス向上を狙ったとされるが、それにもましてパワーユニットの強化が効果を上げているようだ。今季11戦でベッテルが4勝を記録。チームはコンストラクターズ2位、首位メルセデスとの差はたったの8点だ。(Photo=Ferrari)拡大

追われるメルセデスの「焦り」

今季、ともに5度目のタイトルを目指しているメルセデスとハミルトンにとっては、強敵フェラーリの台頭に焦りを露呈した前半戦となった。

開幕戦オーストラリアGPでは、レースをリードしていながらバーチャルセーフティーカーをきっかけにベッテルにトップを奪われ敗北。続くバーレーンGPでも、ベッテルの巧みなタイヤマネジメントにしてやられフェラーリに連勝を許した。

ようやく今季初優勝できたのが4戦目のアゼルバイジャンGP。その後、スペインGP、フランスGP、ドイツGPと勝ちを拾ってきたが、今季最大級のマシンアップデートを実施して臨んだオーストリアGPでは、速さを示しながら作戦ミスで順位を下げ、さらにはメカニカルトラブルで2台そろってリタイアという不名誉な結果を残してしまうなど、王者らしからぬ失態が続いた。

「メルセデスの敵は、もう1台のメルセデス」という時代はすでに終わり、隙あらばフェラーリやレッドブルにポディウムの頂点を奪われてしまうという激闘のシーズンにあって、チャンピオンとしての真価が問われているのは間違いないだろう。

強敵フェラーリの台頭に焦り、慌てることも多かったメルセデスの前半戦。「W09」(写真)は、スペインGPやフランスGPなどで勝利するも、往時の圧倒的な強さは薄れてきており、フェラーリの後塵(こうじん)を拝することもしばしば。ドイツGPでベッテルがリタイア、無得点だったことで、再びコンストラクターズランキング首位の座についた。(Photo=Mercedes)
強敵フェラーリの台頭に焦り、慌てることも多かったメルセデスの前半戦。「W09」(写真)は、スペインGPやフランスGPなどで勝利するも、往時の圧倒的な強さは薄れてきており、フェラーリの後塵(こうじん)を拝することもしばしば。ドイツGPでベッテルがリタイア、無得点だったことで、再びコンストラクターズランキング首位の座についた。(Photo=Mercedes)拡大

レッドブルの「苦悩」と、ホンダにかける「望み」

2014年に始まった“V6ターボ ハイブリッド規定”の最初の4年間の覇者がメルセデスなら、2013年までの“自然吸気V8時代”最後の4年間のチャンピオンはレッドブルだった。非力なルノーのエンジンでも、空力に優れたマシンパッケージを武器にすれば、ダブルタイトルを連取できたのも今は昔となった。現行レギュレーション下で勝ち続けるために必要なのは「強力なパワーユニット」であることを誰よりも痛感しているのは、いまや3強の3番手に落ちたレッドブルをおいてほかにないだろう。

トップ3チーム中、唯一自前のパワーユニットを持たないレッドブルは、ワークス級の扱いを受けられるパートナーを欲していた。しかしルノーがワークスチームを持つ以上は、仮にルノーと同程度の性能だとしても、ホンダという新しい可能性に賭けるしかない──2019年からホンダとタッグを組むことを決めたレッドブルには、そんな苦悩が見え隠れする。

今シーズンは中国GP、モナコGPとダニエル・リカルドが勝利し、またチームのお膝元オーストリアではマックス・フェルスタッペンが悲願のホームウィンを遂げたものの、スピードではフェラーリ、メルセデスにかなわない戦いが続いている。レッドブルの望みは、これからのホンダの飛躍に託されているのだ。

そのレッドブルの“Bチーム”であるトロロッソとホンダのパートナーシップ初年度は、第2戦バーレーンGPでの4位入賞という劇的な結果以外は見るべきところが少ない。これまで20点を獲得しコンストラクターズランキングは8位。ひとつ上のマクラーレンとは28点も差があり、1つ下のザウバーとは2点のギャップしかない。イギリスGPでは、ピエール・ガスリーが「直線スピードの遅さが半端ない」とコメントしていたが、マシンの競争力のなさがパワーユニットに起因するのか、マシンの素性の問題からか、明確な切り分けができていないようである。

まずは課題を探り当て、解決に向けて一歩一歩進んでいくこと。地道なトライ&エラーの繰り返しから、トロロッソ・ホンダの後半戦への道が開けていくはず、なのだが、第12戦ハンガリーGPを前にして、トロロッソのテクニカルディレクターを務めてきたジェームス・キーが、マクラーレンに引き抜かれるとの報道が。技術部門の要を失うとなると、トロロッソの前途はなかなか厳しくなりそうである。

(文=柄谷悠人/写真=Ferrari、Mercedes、Red Bull Racing/編集=関 顕也)

第9戦オーストリアGPから、ルノーのパワーユニットには待望の「予選モード」が追加されたものの、肝心のパフォーマンスはほとんど変わらなかったと不評で、レッドブル「RB14」(写真)の背中を強く押すまでにはなっていない。アグレッシブな作戦で中国GPを制し、またモナコではポール・トゥ・ウィン、地元オーストリアでの初優勝と3勝を記録しているが、フェラーリ、メルセデスとの力の差は歴然としている。コンストラクターズランキングは3位。2位フェラーリとは91点もの開きがある。(Photo=Red Bull Racing)
第9戦オーストリアGPから、ルノーのパワーユニットには待望の「予選モード」が追加されたものの、肝心のパフォーマンスはほとんど変わらなかったと不評で、レッドブル「RB14」(写真)の背中を強く押すまでにはなっていない。アグレッシブな作戦で中国GPを制し、またモナコではポール・トゥ・ウィン、地元オーストリアでの初優勝と3勝を記録しているが、フェラーリ、メルセデスとの力の差は歴然としている。コンストラクターズランキングは3位。2位フェラーリとは91点もの開きがある。(Photo=Red Bull Racing)拡大
トロロッソ・ホンダの前半戦のピークは、何といってもピエール・ガスリーが5番グリッドから4位入賞を果たした第2戦バーレーンGPだが、その勢いは続かなかった。11戦して入賞4回で20点、ランキングは10チーム中8位。中盤にきて地道にポイントを稼いでいるザウバーが2点差で迫ってきている。後半戦は、今季型マシン「STR13」(写真)とホンダのパワーユニット、それぞれの課題を整理していくことから始まる。(Photo=Toro Rosso)
トロロッソ・ホンダの前半戦のピークは、何といってもピエール・ガスリーが5番グリッドから4位入賞を果たした第2戦バーレーンGPだが、その勢いは続かなかった。11戦して入賞4回で20点、ランキングは10チーム中8位。中盤にきて地道にポイントを稼いでいるザウバーが2点差で迫ってきている。後半戦は、今季型マシン「STR13」(写真)とホンダのパワーユニット、それぞれの課題を整理していくことから始まる。(Photo=Toro Rosso)拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。