変更部品点数は実に6500点!
「メルセデス・ベンツCクラス」はどんな進化を遂げた?

2018.07.30 デイリーコラム
「メルセデス・ベンツC200アバンギャルド」
「メルセデス・ベンツC200アバンギャルド」拡大

変更部品点数が約6500にものぼるという大規模な商品改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。ブランドの屋台骨を支える最量販車種は、いかなる進化を遂げたのか。同車のチーフエンジニアを務めたクリスティアン・フリュー氏に話を伺った。

独メルセデス・ベンツ・カーズで「Cクラス」のチーフエンジニアを務めるクリスティアン・フリュー氏。
独メルセデス・ベンツ・カーズで「Cクラス」のチーフエンジニアを務めるクリスティアン・フリュー氏。拡大

48Vマイルドハイブリッドシステムを導入

――よろしくお願いします。まずは全体的なことをお聞きしたいのですが、変更箇所が6500点にものぼったのはどうしてですか。

フリュー:大きなポイントは2つある。まずは、4つのパワートレインを刷新したこと。日本では販売されないものもあるようだけどね。もうひとつは、電動パワートレインを導入したことで、ESC(エレクトリック・スタビリティー・コントロール)やテレマティクスシステムなど、車両全体の電気系をすべて見直す必要があったということ。コントロールユニットのほとんどを改良しているんだ。

――ユーザーから、ここを改良してほしいといった要求などはあったのでしょうか?

フリュー:そういうのはなかったね。なかったと思う(笑)。あとは、ドライバーアシストを最新型にアップデートしたのと、マーケティングチームとデザイナーからの要望を取り入れて、全部で6500カ所の改良になった。「Sクラス」にも、これを超える技術は入っていないんだ。スゴイだろ!?

――それはそれは(笑)。ところで、今回導入された1.5リッターエンジンと組み合わされた48Vのマイルドハイブリッドシステムは、この3月に日本で発売された「S450」と同じシステムなんですか?

フリュー:まるで違うものだよ。Cクラスに搭載したのは、スターター兼ジェネレーターであるモーターを、ベルトを介してクランクシャフトに接続したもので、われわれはBSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)と呼んでいる。一方、S450に積まれているのは、モーターをエンジンとトランスミッションの間に組み込んだもので、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)と呼んでいる。

――不勉強で申し訳ないのですが、もう少し詳しく教えてください。

フリュー:48Vバッテリーを使うところは同じだけど、BSGが最高出力14ps、最大トルク160Nmなのに対し、ISGは同22ps、同250Nmとよりハイパフォーマンスだ。と同時にハイコストでもある。Sクラスだからね(笑)。でも、BSGにも大きなメリットがあるんだ。それは、既存のエンジンに大きな変更を加えることなく組み込めるというところ。今後もさまざまなエンジンに展開できる。ISGの場合は機構が複雑なので、パワートレイン全体をつくり変える必要がある。

――エンジンも新しくなったようですが。

フリュー:それでは、自慢のディーゼルの話をさせていただこう。「Eクラス」にも積まれている2リッターディーゼルエンジンだけど、実は革新的な技術がたくさん投入されているんだ。アルミのハウジングにスチールのピストンを組み合わせるというのは、どのメーカーにでもできる技術ではない。ディーゼルについては、効率の追求はすでに十分だと思っている。トルクも燃費も満足しているでしょう? だから、今後は排ガス処理に重点を置いて開発を進める。もちろん、燃費を確保したままでね。この3月のジュネーブで発表したように、ディーゼルのプラグインハイブリッド車(PHEV)も開発している。こうした技術を使っていかないと、今後のCO2規制に対応していくのは難しい。

――今後もディーゼルはつくり続けるんですね。

フリュー:あ、ガソリンのPHEVもやっているよ。日本への導入は確か……

メルセデス・ベンツ日本 広報担当者:あ、その話を今していただくと、いろいろと問題が……。

フリュー:​そうなの? ではまたの機会に。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(メルセデス・ベンツ) 2018.4.12 画像・写真 メルセデス・ベンツはニューヨークショー2018の会場にて、改良された新型「Cクラスカブリオレ」を発表。同時に「Sクラスクーペ」やメルセデスAMGの「C63」「G63」そして「GT」の4ドアクーペなどを展示した。各車両を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG C63 Sセダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.8.20 試乗記 Dセグメントのボディーに500psオーバーのエンジンを搭載した「メルセデスAMG C63 S」。今回の改良で新たに9段ATが搭載されたが、実際に試乗すると、それ以上に注目すべきポイントがいくつも見受けられた。長足の進化の程をドイツよりリポートする。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
ホームへ戻る