ボルボ、「S60」「V60」の2012年モデルを発売

2011.07.15 自動車ニュース

ボルボ、「S60」「V60」の2012年モデルを前倒しで発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは、セダン「S60」とワゴン「V60」の2012年モデルを、当初予定の2011年8月末から1カ月半早め、7月15日に発売した。

スタイリッシュなデザインで知られるボルボのニューモデル、「S60」「V60」の2012年モデルが発売された。

ともに、エントリーグレード「DRIVe」に搭載される1.6リッターターボエンジンのエンジンマネージメントが変更され、10・15モードの燃費値は12.6km/リッターから12.8km/リッターへと向上した。

それ以外に装備・仕様の変更はなく、価格も以下のとおり、2011年モデルから据え置きとなっている。

・「S60 DRIVe」:375万円
・「S60 T6 AWD SE」:519万円
・「S60 T6 AWD R-DESIGN」:579万円
・「V60 DRIVe」:395万円
・「V60 T6 AWD SE」:539万円
・「V60 T6 AWD R-DESIGN」:599万円

またボルボは、「S60」「V60」2012年モデルを対象に、歩行者を検知して低速での衝突を回避できる機能(ヒューマンセーフティ)や車線逸脱警告装置、アダプティブクルーズコントロールなどのセットオプション「セーフティパッケージ(通常25万円)」を10万円で提供するキャンペーンもスタートさせる。

(webCG 関)

「ボルボV60 DRIVe」
「ボルボV60 DRIVe」 拡大
「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」
「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」 拡大

関連キーワード:
S60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.3 試乗記 高い動力性能を備えながら、それを過度に主張しない上品かつ控えめなキャラクターによって独特の存在感を放つ「ボルボS60」。プラグインハイブリッドシステムを搭載した「T6 Twin Engine」に試乗し、ライバルとは一線を画すプレミアムセダンの魅力に触れた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
ホームへ戻る