性能を引き出す手法はレースカーそのもの
マクラーレン“ロングテール”の系譜を振り返る

2018.08.13 デイリーコラム

出自は90年代のサーキット

この(2018年)7月12日に「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」で“ワールドプレミア”に供されたのち、18日後の7月30日には早くも日本でアジアデビューを果たした「マクラーレン600LT」。今やマクラーレンにおいて、軽量、ハイパワーでよりスパルタンなハードコアモデルを示す称号となった「LT」の名を冠する、最新のモデルである。

ご存じの向きも多いだろうが、LT、すなわち「Long Tail(ロングテール)」には、マクラーレンが紡いできた栄光のヒストリーが込められている。その源流となったのは、伝説のロードゴーイングスーパーカー「マクラーレンF1」から発展した「F1-GTR」のエボリューションモデルとして、1996年から数年にわたりサーキットで戦ったロングテール仕様車である。

1995年シーズンから「BPR-GTグローバル選手権」に参戦を果たした初期のF1-GTRは、外観はロードバージョンのF1に対して大型のフロントスポイラーとリアウイングを追加した程度の違いしかなかった。しかし、もともとF1は当時の常識を超えた超高性能車である。実戦デビューから程なく頭角を現し、「フェラーリF40 GT」や「ポルシェ993 GT2」などのライバルを圧倒。同年6月のルマン24時間レースにて、関谷正徳選手に日本人ドライバー初の総合優勝をもたらすなど、素晴らしい戦果を挙げた。

ところが翌96年シーズンになると、ポルシェがミドシップの専用フレームに996時代の「911」風カウルをかぶせた、おきて破りのモンスター「911 GT1」を投入。マクラーレンF1-GTRは苦戦を強いられる。さらに、いよいよ欧州中心のBPR-GT選手権から世界戦たるFIA-GT選手権へと昇格する97年シーズンに向け、メルセデス・ベンツ/AMGも「CLK-GTR」の開発を進めていた。こうしたライバルの台頭に対応すべく開発・製作されたのが、F1-GTRのエボリューションモデルなのだ。

「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」における「マクラーレン600LT」の“ワールドプレミア”の様子。
「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」における「マクラーレン600LT」の“ワールドプレミア”の様子。拡大
カーボンモノコックのボディーに6.1リッターV12エンジンを搭載した「マクラーレンF1」。20世紀最高のスーパーカーと評された。
カーボンモノコックのボディーに6.1リッターV12エンジンを搭載した「マクラーレンF1」。20世紀最高のスーパーカーと評された。拡大
「マクラーレンF1」はモータースポーツの世界でも活躍。1995年には関谷正徳選手らのドライブにより、ルマン24時間レースで総合優勝を果たしている。
「マクラーレンF1」はモータースポーツの世界でも活躍。1995年には関谷正徳選手らのドライブにより、ルマン24時間レースで総合優勝を果たしている。拡大
「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」の会場にて、マクラーレンのテントに飾られた「F1-GTR 1997」。“ロングテール”シリーズの起源となったモデルである。
「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」の会場にて、マクラーレンのテントに飾られた「F1-GTR 1997」。“ロングテール”シリーズの起源となったモデルである。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事