何でいまさらカムバック?
最新SUVに見るホンダとトヨタの販売戦略

2018.08.17 デイリーコラム

なぜか日本でフェードアウト

「ホンダCR-V」が2018年8月30日に日本で復活するという。今回のCR-Vは通算5代目の新型で、2016年秋にまずは北米、続いて中国で発売……と市場を順次拡大してきた。ちなみに先代CR-Vは日本国内では2016年3月に生産終了。在庫販売は同年8月頃まで続けられたようだが、いずれにせよ、日本市場におけるCR-Vには2年~2年半の空白があった。

そんなCR-V復活のニュースに、同じく日本市場復活を宣言した新型「トヨタRAV4」を重ねあわせるマニア筋は多いと思う。

復活するRAV4も先日グローバル公開されたばかりの新型(5代目)で、日本発売は来年夏を予定。RAV4は日本でも2005年デビューの3代目の途中まで販売されていたが、2007年にそのロング版が「ヴァンガード」という別名で登場。さらにそのヴァンガードも2013年に3代目「ハリアー」と入れ替わる形で姿を消していた。

CR-VとRAV4といえば、1990年代半ばに世界に先駆けて誕生した“ライトクロカン”の草分けである。それまで独立ラダーフレームとパートタイム4WDが定番だった“ヨンク”の世界に、乗用車と同じ骨格構造の車体を持ち込んだのがライトクロカンであり、つまりは今のSUVの元祖ともいえる。

そんな元祖SUVが、ここ数年のSUVの本格大ブレーク期に合わせるかのように日本市場から姿を消していたわけだ。あらためて、奇異な現象にも思える。思い返してみれば、当時のCR-VもRAV4も「惜しまれつつの撤退」ではなく、明らかに日本市場での存在感を失ってのフェードアウト感が濃厚だった。しかし、どちらも世界的に人気が低下したわけではない。むしろ正反対。RAV4もCR-Vも日本での存在感を失っていた(もしくは販売されていなかった)時期に、ともにSUVの世界ベストセラーの座を争うトップブランドに成長した。このように、両車はほぼ同期に生まれた元祖SUVであると同時に、直近では「世界で売りまくるために、日本市場を諦めた」という点でも境遇が酷似するが、その理由はホンダとトヨタで微妙に異なる。

2018年8月30日、2年ぶりに国内市場に復活する「ホンダCR-V」。CR-Vとしては初めてハイブリッド車がラインナップされる。


	2018年8月30日、2年ぶりに国内市場に復活する「ホンダCR-V」。CR-Vとしては初めてハイブリッド車がラインナップされる。
	拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
ホームへ戻る