何でいまさらカムバック?
最新SUVに見るホンダとトヨタの販売戦略

2018.08.17 デイリーコラム

なぜか日本でフェードアウト

「ホンダCR-V」が2018年8月30日に日本で復活するという。今回のCR-Vは通算5代目の新型で、2016年秋にまずは北米、続いて中国で発売……と市場を順次拡大してきた。ちなみに先代CR-Vは日本国内では2016年3月に生産終了。在庫販売は同年8月頃まで続けられたようだが、いずれにせよ、日本市場におけるCR-Vには2年~2年半の空白があった。

そんなCR-V復活のニュースに、同じく日本市場復活を宣言した新型「トヨタRAV4」を重ねあわせるマニア筋は多いと思う。

復活するRAV4も先日グローバル公開されたばかりの新型(5代目)で、日本発売は来年夏を予定。RAV4は日本でも2005年デビューの3代目の途中まで販売されていたが、2007年にそのロング版が「ヴァンガード」という別名で登場。さらにそのヴァンガードも2013年に3代目「ハリアー」と入れ替わる形で姿を消していた。

CR-VとRAV4といえば、1990年代半ばに世界に先駆けて誕生した“ライトクロカン”の草分けである。それまで独立ラダーフレームとパートタイム4WDが定番だった“ヨンク”の世界に、乗用車と同じ骨格構造の車体を持ち込んだのがライトクロカンであり、つまりは今のSUVの元祖ともいえる。

そんな元祖SUVが、ここ数年のSUVの本格大ブレーク期に合わせるかのように日本市場から姿を消していたわけだ。あらためて、奇異な現象にも思える。思い返してみれば、当時のCR-VもRAV4も「惜しまれつつの撤退」ではなく、明らかに日本市場での存在感を失ってのフェードアウト感が濃厚だった。しかし、どちらも世界的に人気が低下したわけではない。むしろ正反対。RAV4もCR-Vも日本での存在感を失っていた(もしくは販売されていなかった)時期に、ともにSUVの世界ベストセラーの座を争うトップブランドに成長した。このように、両車はほぼ同期に生まれた元祖SUVであると同時に、直近では「世界で売りまくるために、日本市場を諦めた」という点でも境遇が酷似するが、その理由はホンダとトヨタで微妙に異なる。

2018年8月30日、2年ぶりに国内市場に復活する「ホンダCR-V」。CR-Vとしては初めてハイブリッド車がラインナップされる。


	2018年8月30日、2年ぶりに国内市場に復活する「ホンダCR-V」。CR-Vとしては初めてハイブリッド車がラインナップされる。
	拡大
ホンダ CR-V の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ホンダCR-V」がマイナーチェンジ ブラックのアクセントが目を引く新グレード登場 2020.6.18 自動車ニュース ホンダがミドルサイズSUV「ホンダCR-V」をマイナーチェンジ。内外装の仕様を変更したほか、黒基調のインテリア・エクステリア装飾を特徴とする新たな最上級グレード「EX・ブラックエディション」を設定した。価格は336万1600円から455万8400円。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.2.18 画像・写真 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が初のフルモデルチェンジ。クーペライクなスタイルをまとう新型が、2021年4月に発売される。それに先立ち世界初公開された、2代目ヴェゼルのディテールを写真で紹介する。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
ホームへ戻る