「アウディA4」の限定車「タキシードスタイル」発売

2018.08.20 自動車ニュース
「アウディA4タキシードスタイル」
「アウディA4タキシードスタイル」拡大

アウディ ジャパンは2018年8月20日、「A4」および「A4アバント」に特別仕様車「tuxedo style(タキシードスタイル)」を設定し、計500台の台数限定で発売した。

 
「アウディA4」の限定車「タキシードスタイル」発売の画像拡大
 
「アウディA4」の限定車「タキシードスタイル」発売の画像拡大
 
「アウディA4」の限定車「タキシードスタイル」発売の画像拡大
 
「アウディA4」の限定車「タキシードスタイル」発売の画像拡大

今回のA4タキシードスタイルは、セダンとアバントの「1.4 TFSI」および「2.0 TFSIクワトロ」をベースとした特別仕様車である。

外装では、Sラインエクステリアに、マットチタンのカラーリングとV型5スポークのポリッシュ加工が目を引くアウディスポーツ19インチホイールをコーディネート。ヘッドランプとリアコンビランプにはLEDを採用した(2.0 TFSIクワトロベース車のヘッドランプはマトリクスLED)。

内装には、通常はパッケージオプションの一部であるパーシャルレザーを採用。ブラックを基調としたカラーリングとすることで、車名にふさわしい華やかさとフォーマル感を演出している。また、運転席にはシートメモリー機能も備わる。

このほか12.3インチのフル液晶メーターパネル「バーチャルコックピット」や「アシスタンスパッケージ(アウディプレセンスリア、アウディサイドアシスト、パークアシスト、サラウンドビューカメラ)」を標準装備としている。

ボディーカラーは専用色となる「マンハッタングレー」のほか、「グレイシアホワイト」「ミトスブラック」「タンゴレッド」の全4色を用意する。

1.4 TFSIベース車には約130万円相当の、2.0 TFSIクワトロベース車には約140万円相当の装備を加えながら、価格は前者が74万円アップ、後者が87万円アップと、お買い得な価格設定もセリングポイントとなっている。

ラインナップと価格は以下の通り。(各125台限定)

  • A4 1.4 TFSIタキシードスタイル:589万円
  • A4アバント1.4 TFSIタキシードスタイル:618万円
  • A4 2.0 TFSIクワトロ タキシードスタイル:711万円
  • A4アバント2.0 TFSIクワトロ タキシードスタイル:740万円

(webCG)

関連キーワード:
A4, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATIC/GLB200d 4MATIC【海外試乗記】 2019.12.10 試乗記 メルセデス・ベンツの新型SUV「GLB」は、「GLA」と「GLC」の間に位置づけられるモデル。都会派といわれるGLAやGLCに対してこちらはオフロード志向を強めたエクステリアが目を引くが、その出来栄えは? 日本導入が見込まれるガソリン/ディーゼル車に試乗し、実力を確かめた。
  • アウディA6アバント40 TDI Sトロニック(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.11 試乗記 アウディのアッパーミドルセダン/ワゴンである「A6」シリーズ。そのディーゼルモデル「40 TDI」に本国ドイツで試乗。日本にも導入される予定の2リッターディーゼルターボ搭載車は、現行A6の本命と呼ぶにふさわしいモデルに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.28 試乗記 最高出力330PSの2.9リッター(2924cc)直6ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ」に試乗。3列シートを備えた全長およそ5m×全幅2m超えの大柄なボディーとディーゼルの組み合わせは、どんな仕上がりだったのか?
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
ホームへ戻る