「アウディA4」の限定車「タキシードスタイル」発売

2018.08.20 自動車ニュース
「アウディA4タキシードスタイル」
「アウディA4タキシードスタイル」拡大

アウディ ジャパンは2018年8月20日、「A4」および「A4アバント」に特別仕様車「tuxedo style(タキシードスタイル)」を設定し、計500台の台数限定で発売した。

 
「アウディA4」の限定車「タキシードスタイル」発売の画像拡大
 
「アウディA4」の限定車「タキシードスタイル」発売の画像拡大
 
「アウディA4」の限定車「タキシードスタイル」発売の画像拡大
 
「アウディA4」の限定車「タキシードスタイル」発売の画像拡大

今回のA4タキシードスタイルは、セダンとアバントの「1.4 TFSI」および「2.0 TFSIクワトロ」をベースとした特別仕様車である。

外装では、Sラインエクステリアに、マットチタンのカラーリングとV型5スポークのポリッシュ加工が目を引くアウディスポーツ19インチホイールをコーディネート。ヘッドランプとリアコンビランプにはLEDを採用した(2.0 TFSIクワトロベース車のヘッドランプはマトリクスLED)。

内装には、通常はパッケージオプションの一部であるパーシャルレザーを採用。ブラックを基調としたカラーリングとすることで、車名にふさわしい華やかさとフォーマル感を演出している。また、運転席にはシートメモリー機能も備わる。

このほか12.3インチのフル液晶メーターパネル「バーチャルコックピット」や「アシスタンスパッケージ(アウディプレセンスリア、アウディサイドアシスト、パークアシスト、サラウンドビューカメラ)」を標準装備としている。

ボディーカラーは専用色となる「マンハッタングレー」のほか、「グレイシアホワイト」「ミトスブラック」「タンゴレッド」の全4色を用意する。

1.4 TFSIベース車には約130万円相当の、2.0 TFSIクワトロベース車には約140万円相当の装備を加えながら、価格は前者が74万円アップ、後者が87万円アップと、お買い得な価格設定もセリングポイントとなっている。

ラインナップと価格は以下の通り。(各125台限定)

  • A4 1.4 TFSIタキシードスタイル:589万円
  • A4アバント1.4 TFSIタキシードスタイル:618万円
  • A4 2.0 TFSIクワトロ タキシードスタイル:711万円
  • A4アバント2.0 TFSIクワトロ タキシードスタイル:740万円

(webCG)

関連キーワード:
A4, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.30 試乗記 アウディのミドルクラスSUV「Q5」がマイナーチェンジ。広範にわたる改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? エンジンが刷新されたディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.5.8 試乗記 マイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲンのクロスオーバー「パサート オールトラック」に試乗。パワートレインの改良や最新世代の運転支援システムの採用で、地味で実直なそのキャラクターはいかなる進化を果たしたのか?
ホームへ戻る