ダイハツが「ムーヴ キャンバス」の安全装備を強化

2018.08.20 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴ キャンバス G“メイクアップリミテッドSAⅢ”」
「ダイハツ・ムーヴ キャンバス G“メイクアップリミテッドSAⅢ”」拡大

ダイハツ工業は2018年8月20日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」の一部改良を実施。同年9月3日に発売すると発表した。

今回の改良で「スマートアシストIII」が全車標準装備となった。
今回の改良で「スマートアシストIII」が全車標準装備となった。拡大
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」拡大
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のシート。
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のシート。拡大

今回の改良では、衝突回避支援システムの「スマートアシストIII」を全グレードで標準装備化。「G“メイクアップSA III”」「X“リミテッド メイクアップSAIII」にパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックを標準装備し、グレード名を「G“メイクアップ リミテッドSA III”」「X“メイクアップ リミテッドSA III”」に変更した。

さらに、G“メイクアップ リミテッドSA III”、X“メイクアップ リミテッドSA III”をベースに、ボタンひとつでパワープラントの制御を切り替えられるD assist切り替えステアリングスイッチや、ブラックインテリアパックを標準装備した新グレード「G“ブラックインテリア リミテッドSA III”」「X“ブラックインテリア リミテッドSA III”」を設定。「X“SA III”」には両側パワースライドドア(ワンタッチオープン/予約ロック機能付き)とスライドドアイージークローザー(左右)を採用した。

また、既存のJC08モードに加え、国際的な走行モードであるWLTCモードにおける燃費値を取得。同走行モードにおける燃費値はFF車が20.6km/リッター、4WD車が19.6km/リッターとなっている。

価格は125万2800円から167万9400円。

(webCG)

関連キーワード:
ムーヴ キャンバス, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • 「トヨタ・スープラ」が17年ぶりに復活 2019.5.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年5月17日、FRスポーツカー「スープラ」の新型を発表。同日、国内での販売を開始した。3リッター直6ターボと2リッター直4ターボを搭載する、全3グレードがラインナップされる。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
ホームへ戻る