ダイハツが「ムーヴ キャンバス」の安全装備を強化

2018.08.20 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴ キャンバス G“メイクアップリミテッドSAⅢ”」
「ダイハツ・ムーヴ キャンバス G“メイクアップリミテッドSAⅢ”」拡大

ダイハツ工業は2018年8月20日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」の一部改良を実施。同年9月3日に発売すると発表した。

今回の改良で「スマートアシストIII」が全車標準装備となった。
今回の改良で「スマートアシストIII」が全車標準装備となった。拡大
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」拡大
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のシート。
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のシート。拡大

今回の改良では、衝突回避支援システムの「スマートアシストIII」を全グレードで標準装備化。「G“メイクアップSA III”」「X“リミテッド メイクアップSAIII」にパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックを標準装備し、グレード名を「G“メイクアップ リミテッドSA III”」「X“メイクアップ リミテッドSA III”」に変更した。

さらに、G“メイクアップ リミテッドSA III”、X“メイクアップ リミテッドSA III”をベースに、ボタンひとつでパワープラントの制御を切り替えられるD assist切り替えステアリングスイッチや、ブラックインテリアパックを標準装備した新グレード「G“ブラックインテリア リミテッドSA III”」「X“ブラックインテリア リミテッドSA III”」を設定。「X“SA III”」には両側パワースライドドア(ワンタッチオープン/予約ロック機能付き)とスライドドアイージークローザー(左右)を採用した。

また、既存のJC08モードに加え、国際的な走行モードであるWLTCモードにおける燃費値を取得。同走行モードにおける燃費値はFF車が20.6km/リッター、4WD車が19.6km/リッターとなっている。

価格は125万2800円から167万9400円。

(webCG)

関連キーワード:
ムーヴ キャンバス, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ムーヴ キャンバス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2021.6.25 試乗記 さまざまなクロカンやSUVを取りそろえるジープのなかで、最も都会派とされる「コンパス」。マイナーチェンジされた最新型を走らせてみると、多くのブランドと交わるなかで培われた商品力の高さを感じ取ることができた。
  • 「ダイハツ・タント」の装備充実の新グレード“セレクション”シリーズ登場 2019.12.23 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年12月23日、軽乗用車「タント」に新グレード“セレクション”シリーズを設定し、販売を開始した。既存のパックオプションである「コンフォータブルパック」「スマートクルーズパック」「スタイルパック」の3種をグレードに応じて標準装備としている。
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
ホームへ戻る