ダイハツが「ムーヴ キャンバス」の安全装備を強化

2018.08.20 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴ キャンバス G“メイクアップリミテッドSAⅢ”」
「ダイハツ・ムーヴ キャンバス G“メイクアップリミテッドSAⅢ”」拡大

ダイハツ工業は2018年8月20日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」の一部改良を実施。同年9月3日に発売すると発表した。

今回の改良で「スマートアシストIII」が全車標準装備となった。
今回の改良で「スマートアシストIII」が全車標準装備となった。拡大
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」拡大
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のシート。
「ムーヴ キャンバスX“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」のシート。拡大

今回の改良では、衝突回避支援システムの「スマートアシストIII」を全グレードで標準装備化。「G“メイクアップSA III”」「X“リミテッド メイクアップSAIII」にパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックを標準装備し、グレード名を「G“メイクアップ リミテッドSA III”」「X“メイクアップ リミテッドSA III”」に変更した。

さらに、G“メイクアップ リミテッドSA III”、X“メイクアップ リミテッドSA III”をベースに、ボタンひとつでパワープラントの制御を切り替えられるD assist切り替えステアリングスイッチや、ブラックインテリアパックを標準装備した新グレード「G“ブラックインテリア リミテッドSA III”」「X“ブラックインテリア リミテッドSA III”」を設定。「X“SA III”」には両側パワースライドドア(ワンタッチオープン/予約ロック機能付き)とスライドドアイージークローザー(左右)を採用した。

また、既存のJC08モードに加え、国際的な走行モードであるWLTCモードにおける燃費値を取得。同走行モードにおける燃費値はFF車が20.6km/リッター、4WD車が19.6km/リッターとなっている。

価格は125万2800円から167万9400円。

(webCG)

関連キーワード:
ムーヴ キャンバス, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+【海外試乗記】 2019.8.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 基本性能を飛躍的に高めた「DNGA」モデル第1弾
    新型「ダイハツ・タント」発売
    2019.7.9 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年7月9日、軽乗用車「タント」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。ダイハツの新世代のクルマづくりの方針「DNGA」を採用することで、従来モデルからクルマとしての基本性能を大幅に高めている。
ホームへ戻る