フォルクスワーゲンが「ティグアン」の装備を強化

2018.08.22 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ティグアンTSI Rライン」
「フォルクスワーゲン・ティグアンTSI Rライン」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年8月22日、コンパクトSUV「ティグアン」の仕様の一部を変更し、販売を開始した。

 
フォルクスワーゲンが「ティグアン」の装備を強化の画像拡大

今回の仕様変更では、エントリーグレード「TSIコンフォートライン」でもパワーテールゲートやハイビームアシストを選べるようにするなど、各種装備の設定を変更。オプション体系の見直しも図っている。

具体的な変更は以下の通り。

  • 「TSIハイライン」「TSI Rライン」にヘッドアップディスプレイ、ダイナミックライトアシスト、パワーテールゲート(挟み込み防止機能+“Easy Open & Easy Close”機能付き)を標準装備。
  • TSIコンフォートラインのセットオプション「アップグレードパッケージ」にパワーテールゲート(挟み込み防止機能+“Easy Open & Easy Close”機能付き)を、「セーフティーパッケージ」にハイビームアシストを追加。
  • 「テクノロジーパッケージ」を廃止し、その一部だったアダプティブシャシーコントロール“DCC”を「DCCパッケージ」としてオプション設定。
  • 「レザー&パノラマルーフパッケージ」を「レザーシートパッケージ」と「パノラマスライディングルーフ」に分割し、それぞれ新たにオプション設定。

価格は363万6000円から479万円。

(webCG)

関連キーワード:
ティグアン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲンTクロス 2019.11.27 画像・写真 フォルクスワーゲンの最も小さなSUV「Tクロス」が、いよいよ日本に導入された。ゆとりの車内空間と充実した装備が自慢のニューモデルは、ライバルがしのぎを削るコンパクトSUV市場で成功なるか? 導入記念モデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミックD300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.13 試乗記 ランドローバーの新しい3リッター直6ディーゼルを搭載した「レンジローバー スポーツ」に試乗。ブラッシュアップされた内外装の仕上がりや、同じ48Vマイルドハイブリッド機構を組み込んだ直6ガソリンエンジン車との違いを確かめた。
  • ホンダCB1300スーパーボルドールSP(6MT)【レビュー】 2021.9.8 試乗記 1.3リッターもの排気量を持つ大型4気筒エンジンを搭載した「ホンダCB1300」。排ガス規制による危機を乗り越え、“CB”のフラッグシップはどのようなバイクに進化を遂げたのか? ハーフカウルの「スーパーボルドール」で確かめた。
ホームへ戻る