フォルクスワーゲンが「ティグアン」の装備を強化

2018.08.22 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ティグアンTSI Rライン」
「フォルクスワーゲン・ティグアンTSI Rライン」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年8月22日、コンパクトSUV「ティグアン」の仕様の一部を変更し、販売を開始した。

 
フォルクスワーゲンが「ティグアン」の装備を強化の画像拡大

今回の仕様変更では、エントリーグレード「TSIコンフォートライン」でもパワーテールゲートやハイビームアシストを選べるようにするなど、各種装備の設定を変更。オプション体系の見直しも図っている。

具体的な変更は以下の通り。

  • 「TSIハイライン」「TSI Rライン」にヘッドアップディスプレイ、ダイナミックライトアシスト、パワーテールゲート(挟み込み防止機能+“Easy Open & Easy Close”機能付き)を標準装備。
  • TSIコンフォートラインのセットオプション「アップグレードパッケージ」にパワーテールゲート(挟み込み防止機能+“Easy Open & Easy Close”機能付き)を、「セーフティーパッケージ」にハイビームアシストを追加。
  • 「テクノロジーパッケージ」を廃止し、その一部だったアダプティブシャシーコントロール“DCC”を「DCCパッケージ」としてオプション設定。
  • 「レザー&パノラマルーフパッケージ」を「レザーシートパッケージ」と「パノラマスライディングルーフ」に分割し、それぞれ新たにオプション設定。

価格は363万6000円から479万円。

(webCG)

関連キーワード:
ティグアン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.18 試乗記 今一番ホットなコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンが満を持して投入した「Tクロス」。ファッショナブルなルックスや多彩な内外装色設定、機能的な荷室やキャビンなど数多くの特徴を掲げる最新モデルの仕上がりを、長距離試乗で確かめた。
  • フォルクスワーゲンTクロス 2019.11.27 画像・写真 フォルクスワーゲンの最も小さなSUV「Tクロス」が、いよいよ日本に導入された。ゆとりの車内空間と充実した装備が自慢のニューモデルは、ライバルがしのぎを削るコンパクトSUV市場で成功なるか? 導入記念モデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2019.12.25 試乗記 自動車販売の最激戦区であるコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンは「Tクロス」を送り込んできた。「ゴルフ」や「ポロ」と同様、同社はこのクラスにも“ベンチマーク”を打ち立てることができるのだろうか。導入記念の特別仕様車に試乗した。
  • 「BMW 1シリーズ」に新グレード「118d」が登場 2リッターディーゼルエンジンを搭載 2020.4.3 自動車ニュース 「BMW 1シリーズ」に新グレード「118d」が登場。最高出力150PS、最大トルク350N・mを発生する2リッターディーゼルエンジンを搭載。8段ATとの組み合わせにより、WLTCモード計測で16.7km/リッターという燃費性能を実現している。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
ホームへ戻る