フォルクスワーゲンが「ティグアン」の装備を強化

2018.08.22 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ティグアンTSI Rライン」
「フォルクスワーゲン・ティグアンTSI Rライン」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年8月22日、コンパクトSUV「ティグアン」の仕様の一部を変更し、販売を開始した。

 
フォルクスワーゲンが「ティグアン」の装備を強化の画像拡大

今回の仕様変更では、エントリーグレード「TSIコンフォートライン」でもパワーテールゲートやハイビームアシストを選べるようにするなど、各種装備の設定を変更。オプション体系の見直しも図っている。

具体的な変更は以下の通り。

  • 「TSIハイライン」「TSI Rライン」にヘッドアップディスプレイ、ダイナミックライトアシスト、パワーテールゲート(挟み込み防止機能+“Easy Open & Easy Close”機能付き)を標準装備。
  • TSIコンフォートラインのセットオプション「アップグレードパッケージ」にパワーテールゲート(挟み込み防止機能+“Easy Open & Easy Close”機能付き)を、「セーフティーパッケージ」にハイビームアシストを追加。
  • 「テクノロジーパッケージ」を廃止し、その一部だったアダプティブシャシーコントロール“DCC”を「DCCパッケージ」としてオプション設定。
  • 「レザー&パノラマルーフパッケージ」を「レザーシートパッケージ」と「パノラマスライディングルーフ」に分割し、それぞれ新たにオプション設定。

価格は363万6000円から479万円。

(webCG)

関連キーワード:
ティグアン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのSUV「ティグアン」にディーゼル+4WDの「TDI」が仲間入り。ガソリンモデルのティグアンと、先行してディーゼルが導入された「パサート」、いずれもドライブ経験を持つ下野康史が、その出来栄えをチェックした。
  • フォルクスワーゲンが「ティグアン」の装備を強化 2019.1.16 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトSUV「ティグアン」の一部仕様を変更。渋滞時追従支援システムやレーンキープアシストシステムなどの運転支援システムをエントリーグレードでも標準装備としたほか、デジタルメータークラスターの機能を改善した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTDI/パサート オールトラックTDI【試乗記】 2019.2.8 試乗記 フォルクスワーゲンの4WDモデルの雪上性能を探るべく、『webCG』取材班は長野県の斑尾高原へ。「ティグアンTDI 4MOTION」と「パサート オールトラックTDI 4MOTION」に試乗して感じた、フォルクスワーゲンのクルマづくりの神髄とは!?
  • フォルクスワーゲンが「ティグアン」のディーゼルモデルを日本に導入 2018.8.30 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンがコンパクトSUV「ティグアン」にディーゼルモデルを設定。グレードは「コンフォートライン」「ハイライン」「Rライン」の3種類で、駆動方式には、これも日本仕様のティグアンとしては初となる4WDを採用している。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
ホームへ戻る