これが世界最高峰ラリーの“今”
WRCの最新動向と日本ラウンド開催への課題

2018.08.27 デイリーコラム

4チームがしのぎを削るトップカテゴリー

深夜とはいえ地上波での放送があったり、日本での開催話が持ち上がったりと、最近なにやら騒がしくなってきた世界ラリー選手権(WRC)のかいわい。それでも、F1やSUPER GTのようにちまたに情報があふれているわけではなく、モータースポーツ全般にはそこそこ詳しいものの、「ラリーだけは……イマイチよくわからん」という方も多いのではないでしょうか? ルールの説明から始めると3年ぐらいかかってしまいそうなので、そこんとこはまたの機会に譲るとして、今回はきたるべき日本ラウンド開催(?)へ向け、WRCの現状と、ちょっと気になる課題をおさらいしたいと思います。

現在、WRCのトップカテゴリーに参戦しているのは、2013年から5連覇を果たしているセバスチャン・オジェを擁するMスポーツ・フォードと、シトロエン、ヒュンダイ、トヨタの全4チーム。ひと昔前なら、ここにスバルや三菱も名を連ねていたわけで、当時を知るファンの中には「なんで出てこないんや……」と嘆いている方もおられるかもしれません。車両のレギュレーションだとか会社の状況だとか……まあ、いろいろあると思うので、そっとしておいてあげてください。

偉大なるプライベーターであるMスポーツ・フォード。今年はフォード本体の協力も得て、純粋なワークスチームとは言えないものの、充実した体制でWRCに臨んでいる。
偉大なるプライベーターであるMスポーツ・フォード。今年はフォード本体の協力も得て、純粋なワークスチームとは言えないものの、充実した体制でWRCに臨んでいる。拡大
Mスポーツ・フォードのエースであり、去就が騒がれるセバスチャン・オジェ。6度目のタイトル獲得が危うい状況で、引退の可能性や古巣シトロエンへの移籍など、その動向に注目が集まっている。
Mスポーツ・フォードのエースであり、去就が騒がれるセバスチャン・オジェ。6度目のタイトル獲得が危うい状況で、引退の可能性や古巣シトロエンへの移籍など、その動向に注目が集まっている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事