「ホンダS660」をクラシカルに変身させるキット発売

2018.08.30 自動車ニュース
「ホンダS660ネオクラシック」
「ホンダS660ネオクラシック」拡大

ホンダアクセスは2018年8月30日、軽スポーツカー「ホンダS660」をクラシカルなスタイリングにカスタマイズできる「S660 Neo Classic KIT(ネオクラシックキット)」を発表した。同年9月21日に販売を開始する。

 
「ホンダS660」をクラシカルに変身させるキット発売の画像拡大
外装パーツや灯火類の取り付けイメージ。フロントボンネットや前後バンパーをはじめ、多くの部品が付け替えられる。
外装パーツや灯火類の取り付けイメージ。フロントボンネットや前後バンパーをはじめ、多くの部品が付け替えられる。拡大

S660ネオクラシックキットは、未塗装のFRP製外装パーツと灯火類などで構成されており、装着する際は、取り付ける車両に合った塗装を外装パーツに施すことになる。

フロントまわりのパネル類やリアバンパー、ヘッドランプなどを含むキットの価格は、129万6000円(工賃および塗装代は別途)。

同時に、S660の中古車をベースにこのキットを用いてカスタマイズしたホンダの認定中古車「S660ネオクラシック」も販売される。キットの販売や組み付け、カスタマイズカーの販売はすべて、ホンダの中古車を扱うホンダユーテックのオートテラス店(城北、鈴鹿東、筑紫野の3店舗のみ)が行う。

今回のS660ネオクラシックは、2016年1月の東京オートサロンに出展された「S660ネオクラシックコンセプト」をもとに誕生したもの。その後寄せられた多くのファンの声に応える形で、中古車装着を想定したパーツキットとして商品化が実現したという。

◆「ホンダS660ネオクラシック」のフォトギャラリーはこちら

(webCG)

関連キーワード:
S660, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ S660 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660モデューロX バージョンZ(MR/6MT)【試乗記】 2021.3.27 試乗記 ファンに惜しまれながらも、モデルライフの終了が決定した「ホンダS660」。最後のコンプリートカーとなる「モデューロX バージョンZ」の仕上がりは? ベース車両とサーキットで乗り比べ、その走りをチェックした。
  • ホンダS660モデューロX(前編) 2018.9.6 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝が今回試乗したのは、「ホンダS660モデューロX」。専用パーツを多数組み込んだ“軽スポーツ”への、プロフェッショナルの評価やいかに? ワインディングロードにおける走りの印象を報告する。
  • 販売終了まで待ったなし! 今こそホンダの軽スポーツ「S660」を買うべきか? 2021.3.24 デイリーコラム クルマ好きには寝耳に水だった、「ホンダS660」生産終了のニュース。その期限となる2022年3月末までは、あと1年ほどしかない……。われわれクルマ好きは、この軽スポーツカーを今こそ買うべきなのだろうか!?
  • ホンダS660モデューロX バージョンZ 2021.3.12 画像・写真 ホンダの軽スポーツカー「S660」の生産が2022年3月で終了。これに関連して、最後のスペシャルバージョンとなるコンプリートカー「S660モデューロX バージョンZ」が発売された。そのディテールを写真で紹介する。
  • プジョー3008 GT BlueHDi(FF/8AT)/リフターGT(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.27 試乗記 国内外で販売好調が伝えられているプジョーだが、その秘密は一体どこにあるのだろうか。ミドルサイズSUV「3008」とマルチパーパスビークル「リフター」の最新モデルに試乗し、快進撃の理由を考えてみた。
ホームへ戻る