「ホンダS660」をクラシカルに変身させるキット発売

2018.08.30 自動車ニュース
「ホンダS660ネオクラシック」
「ホンダS660ネオクラシック」拡大

ホンダアクセスは2018年8月30日、軽スポーツカー「ホンダS660」をクラシカルなスタイリングにカスタマイズできる「S660 Neo Classic KIT(ネオクラシックキット)」を発表した。同年9月21日に販売を開始する。

 
「ホンダS660」をクラシカルに変身させるキット発売の画像拡大
外装パーツや灯火類の取り付けイメージ。フロントボンネットや前後バンパーをはじめ、多くの部品が付け替えられる。
外装パーツや灯火類の取り付けイメージ。フロントボンネットや前後バンパーをはじめ、多くの部品が付け替えられる。拡大

S660ネオクラシックキットは、未塗装のFRP製外装パーツと灯火類などで構成されており、装着する際は、取り付ける車両に合った塗装を外装パーツに施すことになる。

フロントまわりのパネル類やリアバンパー、ヘッドランプなどを含むキットの価格は、129万6000円(工賃および塗装代は別途)。

同時に、S660の中古車をベースにこのキットを用いてカスタマイズしたホンダの認定中古車「S660ネオクラシック」も販売される。キットの販売や組み付け、カスタマイズカーの販売はすべて、ホンダの中古車を扱うホンダユーテックのオートテラス店(城北、鈴鹿東、筑紫野の3店舗のみ)が行う。

今回のS660ネオクラシックは、2016年1月の東京オートサロンに出展された「S660ネオクラシックコンセプト」をもとに誕生したもの。その後寄せられた多くのファンの声に応える形で、中古車装着を想定したパーツキットとして商品化が実現したという。

◆「ホンダS660ネオクラシック」のフォトギャラリーはこちら

(webCG)

関連キーワード:
S660, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ S660 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • EVでもターボ、ターボ車でもターボなし!? ポルシェにとって“ターボ”の名が特別な理由 2020.3.20 デイリーコラム ポルシェの現行モデルはほとんどがターボ車だが、車名に「ターボ」が記されるのは「911ターボ」などごく一部にすぎない。その一方で電気自動車「タイカン」には「ターボ」の名が与えられている。ポルシェがターボの名を特別視するのはなぜなのだろうか。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
ホームへ戻る